hatena-diary_20060818

[告発事件]証拠番号5(1)(平成3年から平成4年1月21日頃までの状況)

 この「証拠番号5」の名前の由来及び、本文の作成時期、作成経過については後日説明させて頂きます。


証拠番号5

平成三年五月下旬
主要事項
① 一日一万五千円の日当の話がきっかけで、急配に入社。

②この頃いつの間にか池田も転社。

③市内配送の仕事をする。



平成三年六月中
特になし



平成三年七月中
主要事項
①東度の包丁事件と安田某スイカ積み替え

②七月十八日、妻家出する。

③一度二階事務所に、私と、池田と、彼女と、松平といたところ、松平の提案で、彼女が松平のおごりでアイスクリームを、希望を私に訊いて買いに行った。彼女は、私の頼んだレモンのアイスを買って来てくれた。



平成三年八月中
主要事項
①妻子、一度神戸より戻ったが、すぐに戻った。

②中頃に、私が妻の実家にいって離婚届を渡した。

③東力町内の焼き肉屋で、松平主催の飲み会があった。(25日頃)

言葉
「大丈夫」(彼女)

福井刑務所における再審請求時の追加記載
二階事務所で、池田が文さんに、彼氏のことを話しかけ、彼女は、高校のとき以来いないと答えたことを、八月中のこととして付け加えておきます。11/9



平成三年九月中
主要事項
①8/31)日通白菊倉庫にて、神奈川県厚木市行きの荷物を安田と一緒に積んだ。(積み置き)

②(9/1)安田と一緒に2313号で出発(大糸線経由)

③(9/2)厚木で降ろし、東京晴海でバナナを積んだ。

④(9/6か7)事務所前で、彼女の乗用車6601号、大倉さんの4トン車に後部をぶっけられた。あるいは、13日か14日かもしれない。

⑤(9/11か18)前日に晴海から積んできた(2313号で)バナナを早朝6時より石川丸果バナナセンターで降ろす。A.M9時頃出社松平に、午後4時から館山農協に梨を積みに行くように指示を受けた。そして、会社面前で、自分の乗用車アルトワークスにフィルムを貼り始めた。
初めに4トン車で大阪に向かう山下つよしと多田が集まり、それにマルモ整備のパンチパーマの男が加わっていたところ、突如、彼女が加わって、手伝ってくれた。
午後になって、一時半だったかに、私が一人で作業をしていたところ、彼女が来て、手伝いをはじめてくれた。                              途中、松平、竹沢、松平の友人のカベヤがそれを見て驚いていた。
カベヤは、「お前ら、夫婦やったんか?、と驚きの声をあげた。」
彼女は、「そんなん、見えるけ」と答えた。

⑥館山に行くちょっと前、浜上さんに福島の白河市の日本工機の地図を渡してくれるよう、彼女に頼んだ。

⑦(9/14か、あるいは21)私は、午後四時頃、石川経済連に、山下つよしが持ってゆく馬鈴薯を2313号に積んだ。その時、トラックの中に赤い小物入れ袋を忘れた。
その日は、大網周一さんの結婚祝いに出席するため、早めに退社して、午後五時頃自宅に戻った。そしてすぐに、忘れ物を思い出し、会社に電話を掛けた。
加田君の自宅に寄って、一緒に私の軽四に乗って、午後七時頃、大場町東213の4の、大網健二君宅に到着した。すでに、浜口さん、中町さん、麻田さんなど集まっていた。
夜中に、加田君の運転で自宅に帰った。
翌日の朝か昼、会社に行って、トラック2313号の中より忘れ物を持ってきた。その時会社は無人であった。
言葉
彼女は、「私、取ってきてあげるか」と言ったくれた。

⑧(9/14か21)私は午後から片山青果か柿良青果の仕事で、中央市場の地野菜売場より青果物を積んで、マルエー松任店、小松市の若宮店(マルエー)、マルエー根上店に行った。
そして、五時頃、会社に戻ったところで、山梨の桃の回収容器を4トンウイング車に積む作業と私の乗用車が障害となって、立ち往生しているような見えた6601号に乗る彼女に、私はかけつけて、自分の軽四を移動してあげた。
でも、近くに行って見ると、私の軽四はそれほど障害になっていなかった。
これは初めて記述するが、午前中に松平に頼まれて、松任に誤配の荷物を取り替えに行ったのも、この当日であったかもしれない。また、その時、私が、松任のなんとかママと言うサラダなどを作る食品工場から会社に電話を掛けたとき、彼女は黙ってあまり返事をせず、なにかを訴えかけるように感じられたことがあった。
言葉
彼女は初め、私の顔を見て満面の笑みを見せたが、移動後は、私の会釈を無視して走り去っていった。

⑨(下旬の某日)二階事務所にて、私が池田に金沢信用金庫中央市場支店にて作成したキャッシュカードの郵送において不在であったため、泉野郵便局に取りにくるよう通知があったことを話しかけたところ、彼女がうれしそうな声をあげ、池田が「印鑑とかいるし、本人じゃないといけんよ」などと冷静にやさしそうに彼女をなだめた。
言葉
「それ私の家の近く、私行って来てあげる」と彼女
また、この数日前であったと思います。昼頃二階で、彼女と二人切りになり、彼女は私に、「今度、後ろの方にもフィルム貼りたくないけ?......なんか後ろの車(人)から丸見えって、嫌やぞいね」などと話しかけてくれたことがあった。
そのあと彼女は、電話を取っていずこかに電話を掛け、「山下さんいますか?、アンョウです」などと言ってすぐにそれを切った。
また、この頃、二度ほどこの当日もそうであったのですが、私と二階で二人切りになると彼女は席を立って台所にゆき、そこで化粧を直しておりました。
また、フィルム貼りを実際に手伝ってくれた日の数日後(二、三日後)、彼女は台所付近で話しかけてくれ、私が自分の車に貼ったフィルムの色が薄かったことより、濃い方が良かったと言ったところ、彼女は明るい声で、「私、薄い方がいい」と言ってくれたのです。ちなみに彼女の車のフィルムは濃い色であります。

⑩九月下旬の某日
私は、安田の自宅に掛けた電話で、彼女が好きで交際を求めようか迷っていると告白した。すると安田は、明るくなだめるように、「やめとけや、ダメやったら大変なことになるぞ、同じ会社でこれからどうやって顔合わせてゆくんや」などと説諭するようなことを言った。これは20日頃ではなかったかと思います。

⑪九月下旬の某日
私が午前十一時頃、事務所階段の出入り口にとめてあった、動かなくなった朝野のソフトバイク(たしか、ホンダロードバル)にまたがってエンジンをかけようとやっていたところ、その前に停めてあった6601号に乗り込もうとした彼女から突如声がかかった。と思ったら、二階の窓から叫ぶような池田の声がとどろいた。
言葉
「どっか行くが、送っていってあげるか?」=彼女
「ダメよ広野さん、乗ったらダメよ、どっか行きたいんやったら私の車使いなさい。」=池田

⑫九月下旬の某日
これは二十日頃だったように、あるいは月末だったように思います。初めて記述することであります。
その日私は午前九地頃に出社して、それから一階控え室で、一人で日報を書いておりました。そこに彼女が二階から降りてきて、なにか仕事のことを尋ねたのです。少しはにかんだような明るい感じですごく好感を覚えました。
この当日であったか、それともかなり後日であったか、午前十時頃に、私が二階に上がろうとしたとき、上から降りてきた彼女は、私の顔を見て、泣きそう顔をして走り去っていったのです。これは彼女の話しかけに私がひどく遠慮してあまり応じなかったためと思われ、それと、今思うと、池田がよからぬことを彼女に吹聴していたためであったのかもしれません。
そしてこのことが、10月5日の私の交際申し込みのときに、彼女がそれを断って見せた直接の原因としてつながっていたように思われるのです。とにかく彼女はかなり傷付いていた様子でした。私に直接の身に覚えがないことから考えても、池田がよからぬことを言ったことはまず間違いないように思います。そしてこの事が、私に、彼女に自分から交際を申し出ることを決意させたのです。誤解とは言え、傷つけてしまったから、その償いのような気持ちもあって、私は自分から直接彼女に告白をしたのです。また、絶対の気持ちがあったからこそ、駆け引きなどせず、ズバリ申し奉ったものであります。
また、なぜ、私がこれまでこの事を記述しなかったのか、それは余りにも時期がはっきりしないからであります。
また、その階段で彼女とすれ違った時、そこに偶然朝野がいたように思うのです。これは後述する10月12日の夕方の時と同じような状況でした。

⑬九月下旬から十月上旬にかけての某日
その日正午頃、多田の友人であり、市内配達の運転手である中村りょう太が、堂野さんの愛人の息子である大野君を同乗させて、西金沢方面に向けて配達中、金沢市玉鉾五丁目と米丸町の境あたりで、一時停止を無視して信号機のない優先道路に進入し、乗っていた二トン車を横転させ、優先道路を通行していた乗用車を民家の玄関先に突入させるという事故を起こしたのであります。
私は安田と一緒に、散乱させた青果物を収拾するなどの事後処理に向かいました。その時、偶然近くに仕事に来ていた大網健二君と現場で出会ったことを覚えております。
また、その後私は、松任石川製作所に荷物を積みに行きました。
事故現場に駆けつけたときも、同じ2313号だったと思います。また、石川製作所で、安田と一緒に荷物を積んで午後四時頃会社に戻ったところ、ちょうど一階の控え室の前で、池田と彼女と、他二人ほどの市内配達の社員が、回収してきた青果物を整理していた光景を私はよく覚えているのですが、その時私は、彼女との関係は錯覚であったとほとんどあきらめたような気持ちになっていたと思います。なぜだがよく覚えていないのですが、その場面における私の心境だったように思います。しかし、絶望や落胆と言ったものではなく、ただ、思い違いであったと思ったようであります。
それと、なにか満足そうであった安田の顔を覚えております。自分の反対意見が私に絶妙の効果を与えていることに内心ほくそ笑んでいたのかもしれません。もしくは、本当に彼女が私など相手にするわけがないと思っていたのかもしれません。

⑭九月の終わり頃か十月の初め頃の某日
これも、午後四時頃であったとは思います。先の 中村りょう太の事故の当日と似たようなうららかな天気の日でした。
私が一階控え室にいたところ、山下つよしだったか、誰かが、発泡スチロールの魚箱を、二階の階段の出入り口の所において、数人の人がそこに集まってきたのです。なにかと思い私も見にゆきました。すると松平が、誰かに、二階に行って池田さんらを呼んでくるように言ったのです。この件で、私は初めて彼女の名前が「安藤」であることを知ったのでありますが、これは今考えてみると、どうも松平が意図して私に名前を教えたように思えてなりません。なぜなら、それまで松平は、ずっと、池田と同じように「文ちゃん」と呼んでいたのです。
言葉
「上に行って、池田さんと安藤さんにサンマ欲しかったらナイロン袋持って取りにくるように呼んでくれ」=松平

平成三年十月

1 十月の初め頃(あるいは、9/28土曜日の夜かも)
主要事項
その日、私は初めて(急配に入社して)岐阜の市場に馬鈴薯を持って行ったのです。そして、夜十時頃だったかに(あるいは八時頃だったかも)、私は岐阜の市場で荷卸しをして、すぐに、そのまま金沢に戻る途中、岐阜羽島インターの近くの一般国道より安田敏の自宅に電話を掛け、彼女に交際を申し込む相談をしたのです。その時私は、自販機でおみくじソーダなる缶ジュースを購入したところ、それに恋愛運絶好調などと記してあったことから、私は気を良くしてさらに決意を固めたことを覚えております。そしてこの時の安田は、かなり親身で友好的であったと印象に残っております。
あるいは、10月5日の前日だったのかもしれません。




2 10月5日土曜日
主要事項
その日私は、正午頃、出社と同時に、安田、東度、浜上、竹沢、松平、朝野、池田(河野さんはもしかするといなかったかも)などと、そのまま会社内に入らないままレストラン十字に行ったのです。
そして、そこでミーティングが行われ、ステーキセットを食べました。食事が終わると、私はすぐに、その会議の途中より考えていた、留守番中である彼女に電話を掛けようと思いついたことを実行しようと思ったのですが、すぐに慌てて出てきたため自分の軽四の中に財布を忘れ一円も持っていないことに気づいたのです。10円さえあれば0120で通話できると思い、安田に少しでも金を貸してくれ、と頼んだのですが、安田は私の考えを察したのか、全く持っていないとはねつけました。そこで私は頭をひねり回し、乗用車だったかのスペアーキーをジャスコの中の以前利用したことのある鍵屋に行って作ることを口実に思いつき、そして池田に言って、初め千円だったかを貸してくれるように頼んだのですが、一万円しかないと言われ、それを借りて私は会議の途中に出てジャスコの鍵屋に鍵を渡し頼んでから、その近くのエスカレータの横の公衆電話に行って、そこから会社に電話を掛けたのです。
すぐに思ったとおり彼女が出ました。私は、思いあまって声が出ず、それを切ってしまいました。そして暫くして勇気をふるってもう一度掛けたのです。
言葉
「もし、もし、広野やけど」(私)
「はい」(彼女)
「あの、頼みあるんやけど」(私)
「..........」(彼女)
「今晩、おれの自宅、電話掛けてきてもらえんけ?」(私)
「はい」(彼女)
「あの、電話番号.......書くものあるけ?、92の1563」
「はい」
「はい」

それで、夜八時頃に彼女に電話を掛けてくれるように頼んだのです。彼女は、事務的にたんたんと「はい」と答え、私の自宅の電話番号さえ訊こうとはしませんでした。あらかじめ予想していた当然の成り行きと言ったような感じさえありました。全く動揺がなかったのも、今思えば、彼女の配慮だったと思います。そしてそのことごとくの足を引っ張ったのが地獄の安です。
それから十字に戻ると、ちょうどみんなは店から出てきたところでした。私は来たときと同じように、誰かの車に同乗して会社に戻りました。
それから、私は、裏駐車場で朝野さんに一万円を渡し、池田に返してくれるように頼んだのです。その日私は、一度も二階事務所には顔を出さず、よって、彼女の姿も見ることはありませんでした。
《補足》
会社を出るときだったと思うが、二階の窓から顔を出している彼女の姿を見たように思う。誰かに用事があって探しているような感じだった、と印象にある。

それからすぐに、私は安田と東度のトラックに同乗して、羽咋あたりの海に近い所にある肥料工場のような所に行って、東度の積んできた一つ60㎏のズタ袋を汗にまみれて卸したのです。そして、その途中に東度の目を盗んで、私は安田に、彼女に電話を掛けたことなど、それまでのいきさつを話したのです。安田は、明るく「まあ、半々やなぁ」とか、言ってくれました。そして、冗談ぽく励ますような、まあ、がんばってやってくれ、と言った感じでありました。
それから、私たちは会社に戻り、私と安田は、そのまま石川丸果の倉庫に行って、2313号に名北行きの馬鈴薯を積み込んだのです。
なぜこの時松平は、私を休ませ安田に一人で名北に行くように指示をしたのか、あるいは、これも、計算ずくしだったのかもしれません。本来ならば、安田に運転指導として私を一緒に行かせるのが妥当ではないかと疑問を感じたことを覚えております。あるいは、すでに、当夜彼女に私から申し込みがあったなら断るように、池田を通じて手を回したあったのかもしれません。
それが終わってから、私は、安田を誘って諸江町のオートバックスに行って、それから、軽油グループのガソリンスタンドで給油をして会社に戻ったのです。安田は結果を教えに電話を掛けてくれと言い、ダメやったら明日一緒に名北に付き合ってくれと冗談ぽく言っておりました。それと、電話が掛かってこないような脅かしのような、不安を煽り立てるようなことも言っていたと覚えております。


3  10月5日夜の電話
主要事項
8時を7,8分ほどまわって電話が掛かりました。「もしもし安藤です」、彼女の声はすこぶる明るいものでした。それがかえって、安田の言う、彼女の余裕のあしらいと同僚としての気遣いとして感じられたのです。私は本当に金がなかったので、冗談にも一緒に連れていってくれとはいえませんでした。飲みにはあまり行かない、好きではないようなことをはっきりと言ったように思います。私は、ゆっくり話したかったのに、なぜ彼女は時間を短く限定して宣告したのか、配慮に乏しいのではないかと正直言って不快に思いました。それでなおさら腹をくくってズバリ言ったのです。「友達って、女の人け?」、「文ちゃん、彼氏おるが?」。
私は安田が言うように、やはり彼女は彼氏がおりながら会社での対面を考えてごまかしてきたのか、やはり、それが今時の女の子の常識なのか、残念、無念に思ったのです。その諦めがかえって大胆となり、私は思い切っていったのです。「あの、もし良かったら、できたらおれと付き合ってもらえんけ?」。彼女はすかさず、「ごめんなさい」と言いました。そしてまるで追い打ちを掛けるように「私、好きな人おるし」と言ったのです。
言葉
「もしもし安藤です」
「今日どこも走らんかったん」
「給料もらった?月曜日になったやろ、私一万円頼んで前借りしてん。それで今から友達と片町飲みに行くげん。広野さん飲みに行ったりせんが.......八時半に友達迎えにくるげん」
「う....ん(もったいぶって)残念ながら女の子なんです」
「う....ん」(もっと時間をかけて、いかにも答えにくそうに)
「いないんです。ハハ.」(軽い笑い声)
「ごめんなさい」
「私、好きな人おるし」

私は、ただただ打ちひしがれ、もう立ってもおられないようにへたり込むように「あきらめる」と言って、「気にせんといてくれ」などと言って電話を一方的に近い状態で切ったのです。
それから、私は安田の自宅に電話を掛け、ダメだったと伝え、酒をあおって眠りました。夜中に目が覚めました。テレビがついたままになって、恋愛物の洋画をやっておりました。それを見ると私はますます落ち、落ち、落ち込んでしまう内容だったのです。今思えば、この夜が本当に悪夢の始まりでした。

4  10月6日日曜日
主要事項
それから私は眠れない夜を過ごし、朝になって安田の自宅に電話を掛け、一緒に名北に行くことにしたのです。AM10時30分頃に金沢(会社を)出発して戻ったのはPM8:00時頃だったと思います。


5  10月7日月曜日
主要事項
その日、私が朝会社に出社すると、昨夜裏駐車場に停めてあった2313号の前の方が若干ではありますがぶつけられておりました。松平は完全に安田を疑ってかかったのでありますが、それを私が証人として無実を説得したのです。今思えばこれも松平か東度の工作だったのかもしれません。彼女はすまなそうに反省しているような様子でした。なるべく顔を合わせないようにしたことを覚えております。
また、その日、裏駐車場に本が来て、私にトラックを移動せよと命令したことを覚えております。私は断りそれを一蹴しました。


6  10月9日か11日頃
主要事項
これは初めて記述することです。その朝、午後一時過ぎ頃、私は一人で二階事務所で池田が来るのを社長の机に座って待っておりました。この事は外に出ていた池田も彼女も知っていたはずなのです(詳しい事情は覚えていない)。まもなく池田と一緒に外に出ていた彼女が一人で二階事務所に入ってきました。つまり、私と彼女は二人切りになったのです。彼女は私の顔を見ると、自分の机の方には向かわず台所の方に行きました。そこで暫く沈黙が続き、私は本当になにか池田に用事があったので座ったまま台所には行って姿の見えない彼女に「池田さんは?」と声をかけたところ彼女は「下におる」と答えたのです。そのあと私は下に降りて池田の所に行ったのですが、今思えば、これも池田と彼女が相談して決めて実行した機会であったに違いありません。その時の彼女は冷たい感じでした。私に対し、いらだちのようなものを含んでいたように感じられました。
言葉
「池田さんは?」
「下におる」


7  10月11日(?)
主要事項
その日正午前頃、私は出社と同時にか、出社後暫くして、一階控え室において佐藤と安田某と会い会話したように思います。その時が安田某が片町で暴行を受け怪我をしていたときであったかもしれません。その時私は、二階で給料をもらってきたところでした。そこで私は銀行に行くのに佐藤を付き合わせ、それから、市場輸送の旧事務所(西念町リの1)の建物の中のうどん屋の隣の小さな食堂で、食事をおごって一緒に食べたことを覚えております。
その時佐藤は、会社の裏駐車場に、60万円だったかで最近購入したという、かなり旧型(57,58年型)のトヨタマークⅡを停めておりました。そして、津幡町あたりで前から付き合っていた女子大生と同棲し、近くのとび職の会社に勤めているようなことも言っておりました。
私は以前上申書の中でもこの事柄を、十一月の中頃か12月の中頃ではなかったか、と記述したように思うのですが、それは私の勘違いでこちらの方が確かだと思います。また、上申書の中でもそのように訂正したように思います。
なぜなら、十一月の給料はすべて文さんが北国銀行に持っていってくれたからで、12月の給料は、12月20日をかなりすぎてから年末近くになってもらったからです。なのになぜ私が勘違いをしたのか、と言いますと、それは佐藤と一緒に銀行に行ったとき、私は北国銀行の面前に軽四を停めたからであったと思います。つまり十月のその時点では、私が入ったのは金沢信用金庫だったはずなのです。しかし、その記憶は今も私にはありません。


8 10月12日土曜日
主要事項
その私は、朝から松平の指示で、入江と玉鉾あたりに(多分ウェルマート)配達に行ったことを覚えております。そして、会社に戻る途中に、私は大豆田大橋の近くの入江の交差点を玉鉾方面から来て信号待ち中に、右交差点を西金沢方向から金沢駅西口方面に走行する天皇陛下のパレードを目撃したのです。
それから私は、会社に戻って二階に上がったところ、彼女と二人いつものように机に座っていた池田が、私に「広野さんお払い行くの、私たち二人一緒に連れていって....私大きいトラックって、まだ乗ったことないげん。一回乗ってみたいと思とってん。ねえ、文ちゃん」、のように声をかけたのです。私は、彼女の「ほんなん、池田さん乗ったことないが、私運転してみたいぞいね」、のような明るい社交的な言葉に、彼女は誰か他の運転手にトラックに乗せてもらったり、親しくしていたことがあるとばかり思い、そして、彼女はそのような水商売の女のような軽い性格があると思って、これもかなりの失望を受けたのです。そして、私は、返事もせずに仕事のことだったかに話題を変えたように思います。
それから午後四時頃になって、予定よりかなり遅れて日野自動車が新車である3068号を持ってきました。そして、平成三年三月中頃の浜上さんの三菱の新車の仮見試乗の時と同じように、会社面前に真横に駐車させられたのです。その時、私たちは皆二階事務所におり、松平も池田も、そしてカベヤも居りました。カベヤは彼女に声をかけ、冗談ぽくワシが運転して乗せてやろうか、などと言いましたが白けたようでした。
それから私はすぐに新車に乗って、石川護国神社にお払いに行ったのです。時間が早ければ池田の勧めた、以前7559号の新車乗務時にも行った鶴来の白山神社に行こうかとも思っていたのですが、午後四時頃にもなっていたので、又、あらかじめ遅くなることが予想されたので、私は近くの護国神社に電話で確認を前もってしており、それですぐに向かったのです。
福井刑務所における再審請求時の追加記載
☆ この納車が遅れた件(本当は昼過ぎに来る話だった)について羽、松平の根回しだったかもしれず、日野自動車に確認できればよいと思います。11/9
☆ トラックが来るちょうど10から20分ぐらい前に、松平はカベヤと他二人くらいと会社に戻ってきたのです。
お払いをしてもらい会社に戻ったのは、夕方五時二十分頃だったと思います。本来ならば、すでに彼女は退社している時間だったのです。しかしなぜか、その日彼女は、六時近くまで会社におりました。これは全く初めてのことであったと思います。そこで、その退社に直前に次のようなことがあったのです。私と安田が会社前で、新車を見ていたところ、彼女が二階から駆け降りてきて、私に「広野さん、今日どっか走るが?」、のように言ったのです。
 その直後に、私は池田に用を思い出して、彼女の後を追うようにして二階に向かったのです。そのところ、階段の途中で、二階から来た朝野が、二階に戻る彼女を呼び止めて、彼女に、自宅に帰るついでに市川タイヤまで乗せていって欲しいと頼んでいたのです。彼女は本当に嫌そうな顔をして、返事をためらっておりました。このように朝野は、入社当時ちょくちょく彼女にちょっかいのようなことを仕掛けていたようですが、それも彼女の態度を悟り、まもなくすっかりやめたようです。
《補足》
訂正浜上の新車のことを平成三年の三月と書いてありますが、これは明らかな間違いで平成四年の三月のことです。


9 10月12日土曜日夜
主要事項
その日の夜の様子を要点だけを取り上げ次に記します。
★午後七時から八時半頃に、私の自宅に二、三回無言電話が掛かった。
★午後十時四十分頃、私は104番号案内にて、初めて彼女の電話番号を知り、自宅から彼女の自宅に電話を掛けた。彼女の母が出て彼女にかわってくれた。私は無言電話の件で、今日会社に自分に宛てそれらしい所在を尋ねる電話はなかったか、訊ねた。彼女は、私は受けていないと答えてくれた。私は礼を述べて電話を切った。
言葉
「ちょっと待って.....(階段をかけのぼる音が聞こえた)....はい」
★私は、10分ほど迷いに迷ってもう一度彼女に電話を掛けた。彼女はすぐに出てくれた。私はすぐに「この前の話やけど、もう一度考えてみてもらえんけ?」、のように申し向けた。彼女は「.....(暫く考えて)..ごめんなさい」、のように答えたが、そのあとやさしく話しかけてきてくれた。それで会話は十二時に十分ほど前まで続いた。途中私は遅いから切ろうかと言うと、彼女は「大丈夫や」、のように言ってくれた。
 その電話を切った直後、離婚後初めて、八月の初め頃以来、前妻より電話が掛かった。前妻は、それ以前の私の長電話をいぶかしむ様子は全くなく、無言電話のことも全く知らないといっていた。(それまでの時間帯、前妻は仕事中であった可能性が強い。)
話の内容は覚えておりませんが、あたりさわりなく三十分ほどで終えたように思います。

10 10月中頃
主要事項
10月の中頃の様子は、次のようなものであったと思います。
★神戸L4より高崎に向けて走行中、北陸道徳光PAより午後五時頃会社に電話を入れたところ、彼女が対応に出た。
大阪府堺市、通称泉北より石川丸果 に向け、青果物(キウィなど)を積むにつけ会社に午前九時頃より十一時半頃まで電話を掛けたのであるが、いずれも彼女が出て、社長は不在だと言い、三十分づつあとにかけ直すように私に言った。
★水曜日の休市日すなわち17日か24日あるいは30日のことであるが、当日私は、前日に石川丸果 倉庫で積んだ大阪府高槻市全農に向けの馬鈴薯を出発するところ、早めに午前中に出社してトラック(3068号)にフイルムを貼ろうとしたところ、途中二階に上がって誰にともなくマジックを貸してくれるよう申し向けたところ、彼女は真っ先に「はい」と言って、マジックを差し出したが、それは水性のようであったので私は受け付けなかった。その時彼女は、泣きそうな顔をしていた。ちなみにそのマジックとは、十月の初め頃(これは初記述)、私が彼女にマジックを借りたところ色が出なくなってしまったため、私が新品を購入して彼女に渡した。十色入り700円ぐらいのものであった。また、二階で私がそれを彼女に渡そうとしたとき、彼女は、私が壊したマジックは会社の物でであって私物ではないと言って受け取りをためらっていたのであるが、それを見た池田が、明るく諭すように、「広野さんの文ちゃんにあげるプレゼントや、もらっておきなさい文ちゃん」と、助言したもので、彼女が受け取ってくれたマジックである。また、私は、それが水性であるか否かは知らなかった。ただ、彼女の交際を断りながら気を引く姿に反感を覚えたからそれに応じなかったものである。
 そして、午後二時頃になって彼女は退社していきました。そのあと私が大阪に向け出発するところ、東度が池田の乗用車に同乗していずこかに走り去るのを私は目撃したものであります。その翌日、私は神戸L4より高崎行きを積んだように思います。(高槻から神戸に向かったことははっきりしている。)


11 10月下旬頃
主要事項
右当時の主な事柄は次のとおりです。
①19日か26日の土曜日
その日、私は会社にて、安田と一緒に午後より暇を持て余しておりました。まず安田が二階に上がって、彼女にコーヒーの作り方を教えてもらい。それから安田は、片町のことなど話題にして話しかけておりました。
 そして、夕方五時をまわって私が退社して東力に丁目の自宅に向かって軽四を走行していたところ、長田地内あたりより追跡するような彼女の車(6601号)に気づき、新神田あたりで、それをはっきり確認したのです。
その夜、私は自宅より、二度目の彼女の自宅への電話をしました。午後七時半から八時頃だったと思います。それから二時間ほど会話をしたように思います。会話の内容は現在覚えておりません。
福井刑務所における再審請求時の追加記載
☆私が今日は飲みにいかんかったんと切り出したところ、彼女は、友達みんな用あるって.....だやいしやめてん、と話したことは実によく印象に残っております。また、すこぶる穏やかでありました。11/9

②26日か11月2日の土曜日
その日、私は、神戸市の中央市場の近くのバナナセンターより高岡・富山行きのバナナを積み、当日の夜に高岡の市場に着き、夜中に富山の市場に移動し、朝より富山で卸し、高岡で卸し、昼頃には金沢に戻ってトラックステーションにトラックを駐車させて、迎えに来てもらった大網君の自宅に遊びに行きました。
また、その神戸にゆく前日か前々日に、前妻より自宅に電話があり、その時私は、文さんとの事はダメになったとばかり思いこんでいたこともあり、暫く前妻と会話を交わしたもので、その時前妻は、神戸の湊川公園の近くに住んで、その近くの市場で働いているようなことを話しておりました。
 また、私が神戸のバナナセンターから戻った二日後か三、四日後にも前妻から電話がありました。私はその時前妻に、数日前に神戸に仕事で行った旨を話したのです。







十一月上旬
右当時の様相と主要事項は次のようなものです。

①十一月の初め頃の休日(3日、4日、10日のいずれか)、私は安田の自宅に行って、彼を誘って、片町にキャッシュカードで金をおろして洋服を買うつもりで出かけました。しかしカードはどこも使用できず、私と安田は結局近江町まで歩いて行き、そこでくるくる寿司を食べて、車を停めた竪町の有料駐車場まで戻って帰って来たのです。

②その日夜の八時頃、突如前妻より電話が掛かりました。当日その時点で、私は文さんに電話を掛けるか、かかってくるのを待っていたこともあり、前妻の態度が復縁を求めるようになってきていたこともあり、私は前妻に対し冷たく対応したのです、そしてそのあとの文さんの電話でも、私は彼女に、交際はあきらめているから気にしないで、構わないで欲しい旨を伝えたように思います。
 また、この電話(文さん)の前の、数日前の電話では、二時間以上に及び私は彼女と会話していたような覚えがあり、一方、前妻からの電話も、最終的には十一月十日頃にかかってきた時、私が腹を立てて(先方が喧嘩腰であったので)それを一方的に切ってしまったのですが、それが年内最後の前妻からの電話だったように思い、また、その当日にも私は文さんと電話で話をし、この時は短い話で、ほとんど一方的にあきらめるからもうこれで電話は掛けないと申し向けて、彼女の返事を得ないまま切っているのです。そしてこの次に、私が彼女に電話を掛けたのが、およそ半月後の十一月二十五日なのです。
 だいぶ右の通り話がややこしくなってしまったのですが、それは今の私の記憶の通り実に混然としているのです。事件直後の記述ほど正確だと思います。今では、会話の内容も当時の状況も断片的にしか覚えておりません。
《補足》
最後に前妻から電話があった時、彼女はうれしそうな感じだった。久しぶりにみた態度だったが以前にはちょくちょくあった機嫌のいいときの話しぶりだった。私はすぐそれを一蹴して二度と電話を掛けないように宣告したのである。以前の彼女の性格からしてすぐにまた掛けてくると思っていたが意外にもそれっきりだった。したがって、これ以降に前妻から電話が掛かったことも、それ以前に電話で口論のようになったことも考えにくいかもしれない。しかし、それが絶対だとは言い切れない。記憶が鮮明に近かったことを考えると一度私が不愛想な対応をした数日後に電話があったこともあり得るかもしれない。
 また、前妻に絶縁を宣告した直後の電話で文さんにもはっきり断りを告げたがこの時だけは真剣な気持ちでその旨を話した。それ以前の電話でもほとんどの場合最後の方であきらめると告げていた。



十一月中頃の状況

①私は給料をもらってその運行前に池田に給料を渡し、北国銀行中央市場支店で通帳を作ってくれるように頼みました。

②東度は古河の青果市場で夕方荷積み作業中、山三青果のベルトコンベヤーに指を挟んだと騒いでおりました。山三青果の人達はいずれも東度のことを最も良く知るものでありますが、完全に白けきっておりました。

③東度の代わりに山下つよしがベニヤを積んで東京都東大和市に行き、翌日私と古河の市場で一緒になりました。

④安田は、会社より東度のトラックに乗って七尾のパチンコ屋にいた東度にそれを届けたそうです。

⑤東度は多田を連れて古河の市場に来ておりました。その時、私は初めて個人的に親しく多田と話したのです。また、この時点でも私は彼女との関係はすっかりダメになったものと思い込んでおりました。

⑥その日昼頃、私は昼前に池田に通帳のことを聞かされ「彼女に行ってもらった」、「30万円と3万円を別々にしてしまった」、「彼女は、今、出かけている」それから私は、多田を誘って昼食に行ったのです(これは、古河で親しくなった直後のように思われます)。 そして私は昼食を多田におごってからジャスコ若宮店に行き、そこで2000円のチーズケーキと250円ぐらいのショートケーキを4個買って会社に戻ったのです。
 そして車から降りるときに多田にそのケーキを二階に持っていって池田さんに渡してくれるよう、お前も一個もらって食べろと言って頼み、そして一階控え室に入ったのです。 そのところ間もなく私に、山下つよしが子供のことで話しかけ、私が返答をごまかして話題を変えようとしていると、そこに東度が、まるで斬り込むようにここぞとばかり「もうそんな必要ないもんな、ひでき」のように申し向けたのです。つまり私は離婚したので子供におもちゃを買ってやる必要もなくなったなどと勝手に山下に説明を始めたのです。 私はいたたまれなくなって控え室より出ました。その出たところで、二階から私の新しい通帳を持って降りてきた彼女にばったり会ったのです。彼女は控え室に入る直前だったのです。私はそれを受け取ったのですが、東度の言葉に憤慨していたためまともに彼女にお礼すら言えなかったのです。
言葉
「ありがとう(彼女)」

⑦11月16日だと思います。私は一人松平に誘われて、中央市場前の食堂に連れて行かれたのです。その時、松平は初めて私の離婚のことに触れました。そして会社に戻る途中の中央市場内高瀬商店の横の公衆トイレの前あたりで、松平はベンツを運転しながら二度目の悪魔の嗤いを見せたのです。ちなみに一度目は、九月の中頃私と彼女が会社の前でフィルム貼りをしていたのを見た二、三日後二階事務所においてです。
言葉
「時々子供に会っとるんか」(松平)



十一月下旬当時の状況は次の通り

①その日、午後二時半か三時頃、私は会社前でトラック(3068号)を洗車していたところ、市内配達の55歳くらいの名前の知らない時々市場輸送に麻雀に来ていたおじさんに声を掛けられ、二階に来るよう伝言を受けたのです。
 そして二階に上がったところで松平と誰か二三人、私と入れ違いのように外出して行きました。そこで私は二階内で池田と二人切りになり、池田に勧められるままにケーキと缶コーヒー(ジョージァ)をいただいたのです。そして暫く雑談をしていたところに、いつもその時間帯市場輸送に行っていていないはずの彼女が戻ってきて、それを見るや池田は「このケーキ、広野さんが文ちゃんのために買ってきてくれてんよ」(池田)、のように彼女に申し向けたのです。
言葉
「おれ、買ってきたんじゃないよ」(私)

②社内で、松平主催のジャスコ若宮店内芝寿司から買ってきた「鳥弁当」と「シャケ弁当」支給の上のミーティングがあったのも、この頃だったと思います。その時安田が来なかったため、私は東度と浜上さんから冷たい非難を受けたのです。そして当日の夕方に、安田のトラック(2313号)に同乗して市場輸送に給油に行ったことを覚えております。なぜなら、その時、車内に昼支給された鳥弁当が置いてあったことを私ははっきりと覚えているのです。
 また、この日は土曜日だったように思え、そうすると9日かもしれません。また、この頃より安田の「線抜き」が始まり、松平や浜上さんから安田はスピードを出しすぎるそうであるから注意するよう真剣な面持ちで言われるようになったのです。(三度くらい暴走だとか言われ、大丈夫なのか、と自分のことのように言われ真綿で責められた)

③安田の工事現場突入ですが、これは十一月の上旬だったかもしれません。そのポイントとなるのは、ただ一つ、東度の娘を当日の事件直前に見たことです。それは東度が、多田を連れて古河に来たちょうど一週間ほど前に、私はその娘を見たように思うのです。ゆえに、多田が東度の自宅で食事に呼ばれたと聞いたとき、私はすぐに娘のことを頭に浮かべることができたように思うのです。(私はその食事の翌日に、古河で多田に聞かされた)

④入江派出所にて駐車違反に問われた当日です。私はその日を11月23日の祝日ではなかったかと最近になって記述したのですが、その可能性は高いのですが、ただし、当日に水戸に向けて走った(運行に出発した意)というのは間違いのようです。それはまず、よく当時の日付を見ると、24日が日曜日であって23日とは連休になっているからです。私は25日にあがっているのでありますから、当初私は、23日に出発して25日に帰着したものと考えたのでありますが、24日が休日になると行き荷は卸せず、さらに23日の祝日に日本たばこ産業が営業していたとはまず考えられないことであります。しかしながら、この入江派出所の当日がもっとも25日に近い出来事であり、そしてこの時の彼女の態度がより一層私に再度彼女に電話を掛けさせることを決意とさせたことは確実であります。

⑤十一月二十五日
 私はこの日、初めてある種の自信を持って気後れなく彼女の自宅に電話を掛けました。午後七時四十五分頃だったように思います。この時も彼女は、それまでと全く同じように「今日どこも走らんかったん?」と始めに声を掛けてくれました。会話は午後十時二十分か三十分頃まで続きました。彼女の家族の方が電話を使いたいという申し出により会話を終えたのです。
 私が「好きな人どうなったん」と訊ねると、彼女は、「ダメになったぁ...みたい...私、悪いげん。冷たかったかもしれん..よお言われるぞいね。冷たい感じするって....これからは直そうって思っとるげん」などと言っておりました。
この時の会話は初めて終始穏やかでありました。福井刑務所における再審請求時の追加記載(聞く私の心境として11/9)
 私が「このまま明日の朝まで話しておりたいな」と冗談ぽく言うと彼女は笑っておりました。
 そして私は意を決して、彼女に「本当はすごく好きで諦め切れんげんけど、迷惑じゃないけ?」と訊くと、彼女は「大丈夫やぁ」と明るく答えてくれ、そして私が初めて「また電話してもいいけ」と訊くと、彼女は「いいよ」と答えてくれたのです。

⑥十一月二六日
その日私は、午後から大阪行きの馬鈴薯を石川丸果 倉庫にて積み込みました。会社に戻ってから、私と多田は浜上さんのおごりで使いを兼ねて高瀬商店(中央市場内、通称ババァの店)に行き、そこでカップラーメンなどを買ってきたのです。そして私は二階に上がって台所にてお湯を沸かそうとしました。ところが使い方がよく分からなかったので、私は誰にともなく声を掛けたのです。すると、すぐに彼女が駆けつけてくれたのですが、ちょうどガスが付いたのですぐにそれを断ってしまったのです。
 そのあと、夕方になって私たちは、浜上さん、多田、西口などと出発の待ち合わせを一階控え室においてしておりました。そのところ、彼女はなぜか退社時間が過ぎても二階で一人電話を掛けたりしておりました。
そして六時半頃になって、白いファミリァかパルサーまたはミラージュのような車が会社の面前に来て、彼女は自分の軽四を会社前に停めたままその迎えに来た白い車に乗ってどこかに行ってしまったのです。私は、それが彼女の以前からの親しい女友達であると西口の言葉から知ることができたのです。
 そのあと私たちは、南条SAで集まって食事をして、私は大阪で馬鈴薯を卸して、二度目にかつらぎ農協に入ったのです。

⑦十一月二十九日
 その日私は、かつらぎ農協よりミカンを積んで小松に向かう途中、名神高速道伊吹SAより午後七時四十分頃か半頃、彼女の自宅に電話を掛けました。五分間ほどの短い会話でした。
言葉
「私、今から出掛けんなんし」(彼女)

①十一月三十日
 この日、私が出社すると、なぜか彼女と池田の車が裏駐車場の一番奥の方に駐車してあり、それに中村りょう太(ベージュ色のソアラ旧型)、長山(赤色のRX−7)、田川(赤色の新型シルビア)の車も、それまで中央市場裏側の側道に駐車していたものが一緒に裏駐車場に停められておりました。

②彼女の市川タイヤお迎え(十一月中頃)



12月中における主な事柄は次の通り

①一階控え室において早朝より、東度、浜上さんなどと雑談をしていたところ、午前九時頃浜上さんより現金を預かって頼まれてコーヒーパンなどを買いに出掛けようとしたところ、会社前の洗車機のあたりで、出社してきた彼女とばったり顔を合わせた(たしか二千円ほど預かった)。その時、彼女はうつむいて沈んだ面持ちで、まるで逃げるように会社内に入っていった。そのあと一時間ほど経った頃、二階から呼び出しコールがかかり、私が出たところ、彼女はまるで泣いたような声でなにか訴えかけるように「梅野さんか、朝野さんいらっしゃいますか」と言ったのです。
そしてその当日の午後だったと思います。午後三時半か四時頃、私は、他の運転手の馬鈴薯の積み込み作業を手伝って石川丸果 倉庫より会社に戻り、日野自動車に修理に出した3068号のことで先方より連絡があったはずなのでその伝言を聞こうと二階に上がったところ、池田がまずその伝言を私に申し向けたのでありますが、その時、彼女がそれを遮るようにしてその伝言を声を大にして、これも泣きそうな顔で訴えるように私に申し向けたのです。
福井刑務所における再審請求時の追加記載
☆竹沢会長と夫人が応接席に座っておりました。また、彼女は松平の伝言も伝えたように思います。11/8

②これは初めての記述です。その日午後四時頃、私が二階に入ったところで次のような会話が聞かれました。「あの焼きそば、あの子(文さんのこと)お湯入れて作っておいてくれたよ.....やさしいやろ。こんな子お嫁さんにもらわんなん....」。察するところこれは、二階どころにおいて、市内配達の社員であった阪本(または坂本、当時二十一歳で、額あたりに家があるらしい。8月頃「北食」より移転(成瀬と一緒)してきた者)が、カップ焼きそばを食べようとお湯を沸かしていたところ、彼女(文さん)が、それをお湯を入れてソースなどを入れ食べられる状態にしたようでした。そしてそのことを池田が明るい調子で、私がケーキを彼女のために買ってきたと言ったときと同じような感じで阪本に申し向けたのです。その時私は、彼女の彼氏とは阪本ではないかと、いささかの疑いを持ったのです。それと池田の言葉は、社交辞令のようなものでそれは私においても同質のものであったと思ったのです。そしてそれは、安田敏の意見を肯定するものでもありました。いずれにせよ、今思うに、池田が彼女に私の真意を見せてやるとか称して、私に揺さぶりを掛けたものと思われます(時期ははっきりしない)。

③これも初めての記述です。ほとんど本件とかかわりはないのですが、一応記しておきます。その日午前中、松平を訪ねて、毛皮売りが二階にて、狼やミンクなどの毛皮を並べて松平に見せておりました。その時松平が冗談で、彼女にミンクの襟巻きをつけさせたところ、それはすごく似合っておりました。私はそれを見てすっかり自信をなくし、彼女のような美人が自分のことを真剣に思っているわけがない、やはり安田の言うように、互いの立場を考慮の上憐憫の情を掛けているのにすぎないと改めて認識を覚えたことを、私は印象にしております。これは十一月の中頃だったかも(その可能性はかなり低い)しれません。またあるいは、この日、同時頃(毛皮売りの帰ったあと)、日暮一家とかとび職のような変な名称の無線クラブの大きなステッカーを後部ガラスに貼ったソアラのようなかなり高級な乗用車にかなりの改造を加えた乗用車に乗って、その車を会社よこ洗車機の前あたりに停めて、そして松平に、持ち込み運転手として面接に来ていた。若いかなりつっぱったやくざっぽい男の姿を、多田と二人で私は見たように思います。かなり寒い日で、あるいは雪がちらつくような灰色の天候の日であったと覚えております。これも第二点と同様、時期ははっきりせず漠然とした記憶であります。はっきりしていることは、その当時すでに、私はすっかり多田と仲良くなっていたと言うことと、12月二十日頃以前だったと言うことであります。(また、その男は入社しませんでした。)

④その日私は、午前十一時頃(もしくは十時頃)出社して初め一階控え室にて、前日かつらぎ農協にてもらったミカンを数人の運転手にあげ、それから残りを段ボール箱ごと二階に行って彼女に渡しました。その時、彼女は明るい笑顔で対応してくれたことを印象にしております。これは12月十日頃だったと思います。

⑤十二月十三日
その日、私は彼女が裏駐車場に車(6601号)を停めるようになったのは直接私と話がしたいからだと考え、それに応えるつもりで意を決して、タイヤ置き場となっている四トン保冷箱の前あたりに停めて会った彼女の車の横に自分の車を停め、その中で彼女が仕事を終わってくるのを待ったのです。通常彼女は午後五時頃に退社し、遅くても五時半には必ず退社するのです。ところが、六時十分ほど前になっても彼女は退社のため自分の車の所には来ませんでした。そこで私は、あまり度が過ぎるとかえって嫌がらせになると思って帰ったのです。
 また、この当時もしくは当日、すっかり私が彼女に好意を抱き接触を求めていることは社内に知られた様子で、特に朝野が、私の顔を見てニタニタとなにか言いたそうにしておりました。
すなわち、私がすっかり社内に彼女との関係を悟られたと感じたのは(完全の意味でもある)十二月の十日頃だったと思います。
 また、この時梅野が私の車の横を歩いて会社の方に入っていきました。私の車は、エンジンを掛けっぱなしにしていたこともあり、多分絶対に梅野は私が彼女を待っていることに気づき、そしてそのことを池田や彼女に報告したものと思われます。 また、梅野が、私に、二階で、彼女が二階で仕事をしているときに、「あの元気のいいが、最近連れてこんな、どうしとる。今度また連れてこいや..」などと言ったのは、これも時期がはっきりしないのですが、十月の終わり頃か十一月の初め頃でなかったかと思います。当時私は、梅野が私と彼女の仲を知り、それに関与しているとは全く夢想にしておりませんでした。
 また、梅野が、二階にて彼女に家族のことなどを訊ね、それに彼女が私は嫁に出るつもりだとか、兄貴も家を継ぐつもりはないとか、爺さん婆さんが家にいてキンさんギンさんみたいだとか、明るく応えていたのはこの頃だったように思います。(初記述)
ちなみに私は当時、金山ギンさんが何者とは全く知らず、鶴は千年亀は万年のようなことわざに似た言葉であるとばかり解釈していたことを覚えております。
また、これは、九月の終わり頃だったかに梅野が彼女に、「アズさん、今晩片町に待ち合わせいいやろ」などと冗談ぽく声を掛けたところ、彼女もそれに合わせて承知した旨返答していたことがあったのです。(初記述かも)
右の事柄はいずれも似たような感じでした。今思うに、これらはすべて前もって彼女との間に打ち合わせがあったもので、私の耳に入れ、又、反応を見ることをあらかじめ意図していたものと思われ、それは当時においても、私の薄々感じるところであったのですが、私はそれを梅野の善意と、彼女のことを心配する気持ちとばかり解釈することにより、よけいに認識の錯誤を重ねたものであります。また、その梅野の真意は、いまだにもって私には了解不能であります。すなわち、この梅野の心理及び人間性にも、本件にかかわる謎を解く、真実を解明する鍵の一つであります。また、梅野と東度のかかわりと密通も重要なる課題であります。

⑥この日も天候はかなりどんよりとしておりました。私は午後から石川丸果 倉庫において馬鈴薯を積み込み、いったん会社に戻ってから和田のプレリュードを借りて、送り状を取りに行きました。その時、彼女があてもなくさまようように駐車場を歩いていたことを覚えおります。また、この時安田敏の同乗しておりました。また、この時の馬鈴薯の行き先は、東京太田市場ではなかったかと思います。時期ははっきりしないのでありますが、12月5日から15日までの間のように思います。

⑦その日私は出社後間もなく正午前に、七尾に荷積みに向かうのに二階から降りたところもしくは二階にて声を掛けられて、一階控え室にて会長夫妻にジヤンバーとズボン(茶色)をもらったのです。そして間もなく、洗車機横に停めてあった3068号に乗り込むところで、この時もあてもなくさまようような彼女の姿を裏駐車場タイヤおき保冷箱前あたりにて見たものであります。

⑧その日午前二時か三時頃、私は裏駐車場の多田四トンウィング車の中で初めて彼女との関係を多田に告白し、彼女のことについて訊ねました。多田は初め「事務員喰ってしもたん」などと訊き、そして彼女については、見ての通りや、あんまりしゃべらん子やなどと言って多くを語りませんでしたが、これはその時、彼がひどく眠そうであったことも大いに関係していたように思われます。その当日の朝多田はマルエーの青果物の配達で小松方面に行くともうしており、私は、付き合うから出発するときはトラックの中(3068号)に寝ているから起こしてくれるように言ったのですが、多田は起こさず一人で配達に行ったようでした。これは12月10日頃かもしくは17日未明のことと思われます。
 また、もしかすると福井に行ったあと仕事を終えてしげちゃんに行き、そこで浜上さんと河野さんと偶然に合った直後だったかもしれません。(古河便を終えて)

⑨これは初めての記述です。その日私はあがりであったところ、夕方六時頃になって浜口さんと浜上さんが、浜口さんのトラック(いすゞの1414か1413のどちらか)でかつらぎの近く(かつらぎ農協ではなくその近くの農協で、私は行ったことはない。他の人達は時々行っていたようである。)よりミカンを18トンほど積んで、七尾に卸しに行く途中に会社に立ち寄り、私は浜口さんに誘われて七尾に同行したのです。金沢に戻ってから、たしか松村町のエバラの近くの北海ラーメンで、ラーメンをおごってもらったことを覚えております。七尾には浜口さんと浜上さんと三人で行ったのですが、その時彼は、私と文さんとの関係を話題にすることも触れることも一切全くなかったと覚えております。時期ははっきり覚えていないのですが、これも十二月の中頃だったように思います。もしかすると多田に未明に告白した当日だったかもしれません。(この当時は忙しく、あがりの日は他の月よりも少なかったように思います。)

⑩その日は12月19日です。
 その日私は未明に前日山三青果から積んできた荷物を降ろし、あがりのつもりで午前十一時頃に出社して二階に上がったのです。そのところ私の予期に反して彼女の隣の隣の席に座った東度は私に七尾から関東に走るように指示を出しました。その東度の言葉を聞いた瞬間文さんが、がつくりと首をうなだれるのがはっきりと見て取れました。それは12月21日の私が24日東京に行くことに決まっていると言った時、そしてそのあと藤江陸橋下にて私がプレゼントを車外に投げた時と全く同じような反応であり、それは裏駐車場を彷徨彼女の姿とともに当時の彼女の苦悩をあらわす特徴であります。
 また、この時東度は私の反応をあらかじめ計算に入れていたらしく、なにやらもっともらしい説得のようなことを私に申し向けており、かつ、なにやら憐憫の情を私に言外に込めて印象づけておりました。それがより顕著となって私の心に訴えかけ悪いように印象づけたのが12月24日の、私の高崎インターの近くの関越道のPAからの午後二時半頃の電話の時です。今思うに、この時点で私と彼女はともに、東度の暗示に強く支配されていたのであります。
 また、その直後に彼女はしたに降りて行き、5~6分ほどで元の自分の席に戻り、そのあと、私は下に降りたところで彼女が5~6分外に出た間に裏駐車場に停めてあった自分の車(6601号)を以前停めていた会社面前に戻してきたことに気付いたのです。これで私は大きく心を救われたのでありますが、今思うに、私と彼女の心のダメージを与えることこそが東度の狙いであったように思います。しかし、当時の私は、彼女と同じ年頃の娘を持つ東度がそのような企てをしているなど、全く想像さえしたことはありませんでした。またそれは、彼女においてはより以上、東度をやさしいおもしろいおじさんだと信じ込んでいたものと思われます。

⑪十二月二十一日
 当日私は未明から朝方に前日古河青果市場で積んだ青果物を卸し、朝方自宅に戻り、仮眠を取り、午前九時半か十時頃に起きてそのまま金沢駅前の三越デパートに行き、「ティファニー」という宝石貴金属店で消費税込みで六万四千円ほどのネックレスを彼女に対するプレゼントとして購入しました。
それからそのまま会社に向かい、会社に着いたのは午前十一時一五分か二十分頃だったと思います。ちょうど裏駐車場に安田がいたので、私はプレゼントを買ってきた事情を話し、安田に彼女を呼んできてくれるように頼み、そして会社内には全く入らずに裏駐車場の真ん中の奥の方に駐車したトラックの中で(3068号)、安田の呼びかけにより彼女が来るのを待ったのです。間もなく彼女はうれしそうな笑顔で恥ずかしそうに「なんやぁ」と、私の運転席の下より声を掛けてくれました。私が助手席に乗るように頼むと、彼女は「これどうやって乗るがぁ」と恥ずかしそうに言いながら素直に応じてくれました。
〈このあとの会話については上申書などで何度も記述しているので省略しますが、ポイントとなる言葉を一応記しておきます。〉
★「もうじきクリスマスやね。オレ、クリスマスの日」東京行くの決まっとるやけど、これ先にもらって欲しいもんあるんや。一応クリスマスプレゼントと言うことで」=(私)★「なんやぁ」「私、こんな高価なもんもらえん......だって私広野さんになんもしてあげれんもん」「それに、私、好きな人おるし....」=(彼女)
★「なんで家電話掛けても出てくれんが?」=(私)
「寝とったんじゃないか、私最近早く寝るし」=(彼女)
「おまえの家の人、出掛けとるって言いとったぞ」=(私)
「ほんならその時出とったんじゃないか」=(彼女)
★「好きな人ってどうなったんや。その男と付き合っとるんか?」=(私)
「わからん」=(彼女)
「わからんってどうや。これだけ言っておくけどオレ付き合っとる男おりながら他の男と付き合うような女なら初めからいらんぞいね」=(私)  「....(無言)」=(彼女)★「私の気持ち変らんし」=(彼女)
「ほんなはっきりもの言えるんやったらもっと早よ言えや」=(私)
★「そんなんやったらこんなもん(プレゼント)もろても迷惑なだけやろな」=(私)車外に投げた
「初めに言ってきたん、あんたの方やしね」=(彼女)
 そのあと私は、七尾に行って能登木材よりたしか東京都練馬区行きの製材を積んで夕方五時十分ほど前に会社に戻りました。そして二階に上がったところ、浜口さん、浜上さん、河野さんなどがいて(東度はいなかったかもしれない)、彼女は私の姿を見ると(目は合っていない)、先ほどトラックで別れたときと同じように張りつめた緊迫した沈痛な面持ちで無言のまま足早に帰って行きました。その時二階にいた人々は知らぬ風をしておりましたが内心ニタニタしているのが特に河野さんにおいて感じられました。
 これは一月二十二日の夕方七時頃私と彼女が東インターから西インターをまわって戻ってきたあと一階控え室に入った時、と実に似た雰囲気でした。
 また、その七尾に向かう直前、彼女がトラックを降りてから3~5分ほど遅れて私が二階に入ったところ、彼女の姿は見えず(台所にいたように思われるがはっきりしない)、池田と松平が満面の笑顔で私になにか優しく声を掛けそして松平はその時緑色の帽子を私にくれました。この時の松平と池田の態度は一月二十二日の午前十時半頃私がハサミを借りたあと二階の出入り口のドアを蹴って穴を開けたとき及びその直後の態度と実によく似ていたと印象にあります。当時私は、それを松平らが私と彼女に会社を辞められたくない一心によるなだめであるとばかり思っていたのです。それは彼女においても同様であり、その影響力はより大きなものであったと思います。
 そのあと私は自宅に戻り、まもなく投棄現場に行きそこでプレゼントを拾ってそのまま南新保の浜口さん宅アパートを訪ね、そして浜口さんが入浴中に財布を取りに(忘れてきた)自宅に戻り、午後八時半頃浜口宅を浜口夫人の運転によるダイハツシャレードに乗せてもらって出発。会社に浜口さんと寄ったところその時一階に梅野と中山さんなど数人がめずらしく残っておりました。私と浜口さんは中央通りと片町の境あたりに降ろしてもらい。夫人はそのまま自宅に戻られたようです。
 そのあと私と浜口さんは、四軒ほど飲み屋をまわりました。途中浜口さんが前もって連絡していた大網周一さんと合流したり、麻田正美(旧姓佐田、通称チャーミ)と小島ひろ美さんの働く店などに入り、最後に入った店でその閉店とともに二人の二十代の女性と店を出たのですが、私が男女二組に分かれ別行動することを拒んだため二人の女は腹を立てていなくなり、それで浜口さんも腹を立てて、私は午前三時頃一人でタクシーに乗って片町スクランブルあたりより会社に戻り、トラックの中で一時間ほど経ってから(会社に着いて)眠りました。

⑫12月22日の私の行動
 未明に片町で浜口さんと別れ会社に戻ってトラックの中で寝た私は当日の朝九時半頃に目を覚まし、それから一階控え室で電話を掛けてから十時半頃に大場町913の4の大網健二君宅に訪れました。そして暫くしてから、無理を言って一緒に花を彼女に贈るため花屋さんを探しに武蔵が辻の名鉄丸越に行きましたが、目的の店は見つからず、それから市場輸送の近くのパチンコオークラの横の花屋に行き、そこで赤いバラの花一本800円を10本、24日の夜七時に彼女の泉ヶ丘の自宅に届けてくれるよう手続きして代金を支払いお願いして、それから、中央病院の近くの8号線バイパス沿いの「アンデルセン」というレストランで大網君と二人食事をして、それから、大網君の申し出によりゴルフの練習場に行くことになり、初め宇ノ気の山間部のゴルフ場に行ったのですが都合が悪く、それから、津幡町と森本町の境あたりの8号線に近いゴルフ練習場に入って打ちっぱなしを二時間ぐらいして、それから、大網君の自宅に戻ってその近くに停めてあった自分の車に乗って私は午後五時近くに自宅(東力二丁目28の2)に戻って、それから自宅の斜め前前方50メートルほど先にある中森という床屋に行ってそこで、久しぶりに短く散髪してもらったのです。(髪を短く切ってもらった)
自宅に床屋から戻ったのは午後七時頃だったと思います。私は食欲もなく、それからすぐに安田敏の自宅に電話を掛け今から訪ねる旨申し向け、彼の承諾を受けすぐに花里町の彼の自宅に向かい訪れたのであります。
 「やっぱりダメやったか。ダメやと思っとったわい。お前が呼んどるってあの子に言った時、すごい嫌な顔しとったわい。あの子前縫い物してくれって頼んだ時、ちょうどあの子忙しかったらしくって顔曲げて(のような意味の方言)嫌な顔で合図しておったわい。その時と同じような感じやったし、あぁ、こりゃダメやなってすぐ思ったわい。そしてあの子なかなかお前や呼んどるってゆうたら返事せんかったわい。まあせっかくやし、行くだけ入ってやればってゆうてやってんけどな」などと感情たっぷりにうれしそうに安田は申しておりました。私は安田に前日の夕方に拾ってきたプレゼントを差し出し、24日に出社したときに彼女に渡してくれるように頼みました。最初、安田は渋ると思ったので私はもはや他には方法がないと諦め、「事務所で誰がおってもかまわんし池田さんに渡して彼女に渡してくれるよう頼んでくれ」などと私は池田の顔を立て且つもっとも簡単な手段を安田に頼んだのですが、あとになるとそれはやはり軽率であってまたしても彼女を傷つけることになりかねないと思い直し、安田のご機嫌をとってそのあとで前言撤回の上、彼女を人目の付かぬように呼んだ上で、「文ちゃんのこといい加減な女やと思っとらんし、頼むしもらうだけもらってくれ」と頼み、それでもダメなら無理強いしないでくれと安田に頼んだのですが、安田はあまり真剣には聞かず、それでも返事だけはしっかりと何回もしていたので私は承知してくれたものとばかり思い、肩の荷がようやく下りた気持ちになっていたのです。
 また、その会話の途中突如安田に松平から電話が掛かり、山下つよしが喧嘩をして怪我をしたので代わりに豊橋に行ってくれと頼まれたらしく、安田は仮眠をして夜中二時頃に出発すると云ったので私はそれからすぐにおいとまして自宅に帰ったのです。
 また、私が初めて安田の妻の顔を見たのもこの時でした。出産直前でもありました。
福井刑務所における再審請求時の追加記載
☆私が安田に前言を撤回し頼んだのは、たしか松平から電話があった後で辞去する直前です。H6年11/10
現在の意見
私は安田から 誰からの電話であったか尋ねていないはずです。その電話の時は松平か東度のどらかかで半々くらいに考えていましたが、初めのうちは会社からの電話とは考えにくかったのです。結構長い会話で通常ならば要件を先に話すはずなのに具体性が感じられなかったのです。安田の態度も会社での態度とは違っていて親しい者と話しているような雰囲気だったのです。終始淡々としていて突然の電話のはずなのにそのようなそぶりは全くありませんでした。私は何となく不可解な気がして深く会話の内容に立ち入る気がしませんでした。それで安田に誰からなのか聞かなかったように思うのですが、あるいは安田の口から松平という言葉を聞いていたのかもしれません。しかし、私の印象は東度という方が可能性として強かったのです。ここでなぜ私が松平とはっきり記述しているのか分かりませんがこれを書いたときは深く考えずにいたのかもしれません。

⑬十二月二十四日
 当日私は池袋インターから首都高速に乗り東北道を通って午前九時か九時半頃に古河青果市場に入り、青果物を積み正午頃に出発しました。
 そして二時半頃、渋川インターの手前のPAより、彼女が市場輸送に行っていないことを計算の上会社に電話を掛けました。(駒寄PA、関越道渋川伊香保~前橋間)
 初めに彼女が出て次に東度にかわったのです。この時私は風邪をこじらせて特にのどの調子が悪く不機嫌な声になっていたのは致し方ないのですが、この事も池田や東度に存分に利用されたように思います。
 この時の東度は妙にやさしく、同情に堪えないと云った深刻ぶった感じでした。これは当時何度も見られた東度の態度の特徴の一つであります。とにかく深刻ぶることにより相手方に不安を与えるのが東度の常套手段で、松平はよりソフトにその傾向を有するものであります。この時の彼女は私の言葉を待つようにして、そして本当にすまなそうでした。
 そのあと私、関越トンネルの手前にある谷川岳PAより電話を掛けました。その時は池田が出て、それとなく私の声のことを訊ねたので私は風邪のためだとはっきりと答えたのです。
 そのあと私は、午後七時頃、富山県北陸道有磯海SAにて食事にレストランに入った事を覚えております。
 そのあと私、中央市場内高瀬商店の隣の公衆トイレの前あたりで、福井分を多田の四トンウィング車に中継しました。その時の多田はすこぶる友好的且つ上機嫌でした。
 そのあと私は、午後11時30分頃か12時30分頃仕事を終えて自宅に向かう途中、長田本町と大豆田本町の境あたりの路上で、なにか白い塊のようなものを走行中にてまたいだのです。(自分の軽四アルトワークス

⑭12月25日の行動
その日私は、午前十一時頃に出社しました。そして事務所横の洗車機の横で軽四を停めて、自宅を出発したときから気になっていたオイルの油圧メーターの変調により、車外に出てオイルパンのオイル漏れがないかどうか車の下を覗いていたのです。右の状況と前後して私が進入してきた会社正面とは逆に裏駐車場の奥の方から彼女が自分の軽四に乗って進入してきたのですが、ちょうど駐車場が一杯だったこともあり彼女はUターンして中央市場横の道路に出て会社正面の方に走っていきました。 
 そのあと5~10分ほどして私が二階に上がって事務所内に入ったところ、彼女は何事もなかったように机に向かって仕事をしておりました。
 私は池田の顔を立てる意味(安田に頼んだことも含まれる)と、高価な贈り物に対する彼女の心の負担を減殺することを目的として、池田に給料を預かってもらっていたことなどを名目に現金を二千円ほど池田に手渡し、彼女と一緒にケーキでも買って食べてくれ旨申し向けたのであります。その時彼女は、下から見上げるように私の顔をにらんでおりました。(私は目を合わせなかった)(しばらくの短い間のこと)その時池田はかなり遠慮して困ったような態度でありました。
 そして私は、その時来客か電話があって話し中であった松平に、オイルパンが割れたことを話し、修理を頼んで(スサキ自動車にしてもらったらしい)、それから七尾に荷積みに向かったのです。
 また、福井分を中継する時、ただに当日の彼女の様子を訊ねたように思います。多田は見ていないようなことを申しておりました。
福井刑務所における再審請求時の追加記載
☆これは十二月二十四日の夜に間違いありません。H6.11.10

⑮十二月二十五日夜、足利給油所からの電話
当日の夜十一時半頃、私は七尾から積んだ荷物を関東地方の某所に運ぶ走行中、栃木県足利市の国道50号線沿いの太陽鉱油の給油所に給油に立ち寄ったところ、その機会を利用して給油所内の公衆電話より金沢の安田の自宅に電話を掛けたのです。夜中にならないと帰らないと思っていたのですが、予期に反してまもなく安田本人が出ました。そこで私は初めて彼女がプレゼントを受け取ってくれたことを知ったのです。
 安田の話によると、「お前のいいた通り、二階に上がって池田さんに、これ秀樹がどうしても文ちゃんにもらってくれと」などと、彼女の面前において池田にプレゼントを渡したところ、池田は「はい、文ちゃん、広野さんから」と言って彼女に渡したそうです。
そして、私が彼女の反応を安田に訊ねると「どうしたん、文ちゃん、真っ赤っかの顔して」などと池田にからかわれていたとだけ言い。そのあと安田は、自分が当日の昼に土浦市内でトラックを接触させたことなど余裕たっぷりに機嫌よく話題を変えて話し始めたのです。
また、私はその前日である24日の夜にも何度も安田の自宅に電話を掛けたのですが、ちょうど夫人が入院したところだったようでだれも出ませんでした。(私は安田本人が不在であることは承知していたけれど、安田はよく夫人に電話を入れるので伝言による結果を知っていないかと、夫人の存在を期待して電話を掛けたのです。)

⑯12月26日の夜
 当日私は、古河より夜中に金沢の中央市場に入り、そしてこの時は、福井分を中継せずに多田を同乗させて福井に卸しに行きました。その時福井の市場でウィングの荷台を開けたところ、中に小鳩が一羽いたのです。また、当日私は自宅に帰らずトラックの中で寝たように思います。
福井刑務所における再審請求時の追加記載
☆(間違いありません。)H6.11.10

⑰その日の夕方彼女の退社の際、それを一階控え室にて、山下つよしと安田敏がなにか期待を秘めて私の様子を窺っていたのです。その当日の昼頃、私は安田に、今日の夕方に彼女に声を掛けると話していたのですが、その時安田は、聞こえなかったようにして返事をしませんでした。
 そして、彼女はいつもより三十分ほど遅く五時半を過ぎて下に降りてきたのですが、私はそれまで彼女に声を掛けることを決意にしていたけれど、山下と安田の好奇の目にさらされることが気になってならず結局彼女に声を掛けなかったのです。その時彼女は、一度二階に戻りそれでも私の反応がないと見ると外で自分の軽四(6601号)のドアを音を立てて開け閉めしたりして、私が来ることを意思表示により要請していたのですが、それでも私は行動に出なかったので、彼女は車のエンジンを吹かしつけて乱暴な運転で帰って行きました。するとそれと同時に、安田と山下はおもしろい映画でも見物し終わったように無言のままやんわりと立ち上がって外に出て帰っていったのです。これは12月27日のことと思います。
そして多分この数日後、年明け数日後だと思うのですが、この時と全く同じような状況があり、その時は山下が一人、この時ほど露骨ではなく、彼女の方も控えめで、それでいて控え室の出入り口の前まできて、かがんでなにかを置いたのか拾ったような素振りを見せたことがありました。あるいはこの数日前で十二月の中頃だったのかもしれません。いずれにせよ両者とも、彼女は退社時に軽四(6601号)を会社面前に停め、そこに私が直接声を掛けることを望み求めていたものであります。この時点で安田が、彼女が私に強く働き掛けていることをはっきり認識していることを私は見て取り、以来安田の意見はまともにしないよう心掛けるようになったのです。
また、今思うに、この当時の安田と山下の私と彼女に対する見解は、他の社員同様東度の解説が強く影響されていたのかもしれません。すなわち安田の妄執は東度の言葉を媒介して発展していったものかもしれず、なにぶんにも安田の知能の程度と固執性でありますから、それらが相俟って安田は通常の人が考えられないような認識を有し、思い込んでいたことも考えられます。すなわち客観的な常識で判断するより安田の異常心理による主観によって判断した方が真実に近づけるのではあるまいかと、私は思うのです。また、この判断を誤ったことこそがそもそも事件の原因の一つであったように思うのです。(これは27日ではなく、両者とも一月上旬のことであったかもしれません。)

⑱12月27日と思われる事柄
当日、私は午後四時過ぎ二回のミール移動を終えて会社に戻ったのです。それから暫くして山下つよしと和田が、ミール移動を山下が三回私はトラックの修理のため二回を終えて戻って来たのです。
一階控え室にて雑談をしながら、もう退社しようかと話していたところ午後五時をまわって二階から呼び出しコールが掛かり、私が出たところ彼女が、「山下さんか和田君いますか」と言ったので、私は山下に電話を替わったのです。そこで彼女は、山下に、和田君とどちらかもう一度ミール積みにハイミールに来るよう、東度さんから連絡があったと言ったようです。山下は、自分は三回運んでいるので問題外と言った風に話しました。そこで私は、和田と一緒に和田のトラックに同乗して行くことに決めたのです。そしてすぐに、二階に上がってその旨を彼女に申し向けたところ、彼女はひどく疲れ果てたような顔で、 恨みを込めたような表情で私を見ておりました。
それから私は和田と一緒にハイミールに行ったのですが、その走行中、金沢港に出たあたりで和田は私に「再婚する気ないが、不便やろ嫁さんおらんと。うちの事務員のあやちゃんなんてどうや」などとさりげなく軽い冗談ぽく言ったことを覚えております。
それから私と和田はハイミールに行ってミールを積み、それから六時半頃に会社に戻り、そして北安江と諸江町の境あたりにあるクルクル寿司に行ったのです。それから一度会社に戻って(だったと思います)、私はこの時も和田の乗用車に同乗して、初めて和田の自宅アパートに遊びに行ったのです。そして夜十一時か十一時半頃に東力の自分のアパートに帰ったように(着いた)思います。

⑲12月28日土曜日の夜

また、この時多田は、私が文さんとうまくいったら彼女を紹介してくれるように頼んでやると言うとすごく喜んでおりました。(28日午後)

その日私は、午後から多田と一緒に(手伝ってもらって)石川丸果 倉庫で、新年四日卸しの岐阜卸しの馬鈴薯を積んだように思います。
そして夕方になって、一階控え室で、多田、西口、そして元急配の社員(一人は峰田だったかも)二人と一緒に雑談の末、浜口さん宅に行くことになり、一度市場輸送に行ってから、浜口さん宅に訪れ、そして諸江町内の焼き肉屋六歌苑に行き、それから浜口さんと別れ残りのメンバー5人で急配に戻り、そのまま連中と控え室で雑魚寝をしたのです。
 また、夜中に多田と西口が申し合わせてサウナに行って来たようでした。この夜になると多田は不機嫌になってあまりしゃべらなかったことを覚えております。おそらく私のおごりで片町に行き女をナンパすることを相当期待していたと思われそれが逆恨みのようになっていたものと考えられます。そして次第にそれが彼女に投与されるようになっていったものと思われます。

⑳12月29日日曜日

当日、私と和田と多田は、多田の四トンウィングに乗って昼頃増泉の日本通運に行き、高知からトラックを待ちながら近くのレストランココスで食事をし、それから日通で青果物を積んで会社に戻り、午後二時頃に会社を出発して右の三人で長野の市場に行きました。帰って来たのはその夜の夜中の三時頃だったと思います。それから三人で、和田の乗用車で、中央市場内のゴミ置き場の横にある食堂に入って食事をしました。

1)12月30日の私の行動
 
第1項 当日午前十時頃、私が一階控え室にいたところ、彼女は何度もずっと玄関のガラスドアを拭いておりました。沈痛な面持ちで.....。

第2項 それから暫くして私は二階に松平に呼ばれていったところ、松平は私に頼みがあると言って、ベンツに乗って藤江陸橋の側にあるガソリンスタンドに行って、給油をして洗車をしてもらってきてくれと言いました。私は下に降りて、和田を誘って一緒にベンツに乗って出発したのですが、その時も彼女はまだ一人で玄関の掃除をしておりました。

第3項 午後三時頃、私は二階で松平から給料の一部と20万円の入ったボーナスをもらったのです。そして、28日の土曜日だったと思うのですが安田と一緒に行き服を買いズボンの寸法合わせを頼んだ紳士服モリワンにそのズボンを取りに行ったように思います(安田と一緒に行った時、強風で車のドアが曲がってしまった。また、その何時間か前には裏駐車場でトラック(3068号)より降りた瞬間に21日松平にもらった帽子を強風で飛ばしなくしてしまった。)

第4項 それから私は一度会社に戻り、それから安田に出産祝いの祝儀袋を渡すことを思い出し、それから安田を捜しまわったのです。そしてちょうど日が暮れかかった頃になってパチンコオークラで安田を見つけ、外に呼んで祝儀袋を渡し、それから私も暫くそこでパチンコをして午後七時頃に東力の自宅に戻ったのです。そしてまもなく私はかねて思いを決めていた通り彼女の自宅に電話を掛けたのです。しかしこの時も彼女のお母さんが出て彼女は不在であると言われたのです。
訂正 私が自宅に戻ったのは八時十分ぐらい前だった。それまで安田と二人で近くの焼き肉屋に行っていたのであるがこの記述をした時点ではまだ思い出せていなかったようである。

2)十二月三十一日

当日、私は能登の実家に帰省するのに先立って夕方に彼女の自宅に電話を掛けたのですが、この時もお母さんが出られて「先ほど友達が迎えに来て一緒に出掛けたんです...。」と言われました。この時も夜七時半頃だったように思います。

3)12月中頃の安田の話

 それは12月の上旬だったかもしれません。ある日安田は私に自慢気に「この前、事務所であの子セーターの編み物しとったわい。好きな人にあげるやと。市場輸送の若い女の事務員来て教えてもらうとか言いとったな...。」およそ右のようなことを、さも彼女にはちゃんとした彼氏おるんや。すっかりあきらめやなどといわんばんりのうれしそうな口振りで言っておりました。
訂正 私の記憶では彼女の方が出向くように聞いている。ここでなぜ相手の方が来るように書いているのか釈然としない。