読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川県警提出書面)非公開設定から公開設定に戻った、法教育に携わる神奈川県小田原市の村松謙弁護士のツイートの記録からご紹介する弁護士業界の問題性.md

TITLE:石川県警提出書面)非公開設定から公開設定に戻った、法教育に携わる神奈川県小田原市の村松謙弁護士のツイートの記録からご紹介する弁護士業界の問題性.md
CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,村松謙弁護士

>> 2017/04/19(水) 12:34:01 >>

むらまつけん
村松謙
2005年10月
弁護士登録。小田原三の丸法律事務所に入所
【略 歴】
京都大学卒業

日弁連市民のための法教育委員会委員

『教室から学ぶ法教育』〔現代人文社〕を執筆(共著)

法と教育学会監事

箱根町情報公開・個人情報保護審査委員

小田原短期大学非常勤講師(日本国憲法)

藤沢市立看護専門学校非常勤講師

引用▶ 弁護士16名が在籍する小田原市で創業45年の弁護士事務所 http://www.odawarasannomaru-lawoffice.com/sp/lawyers.html

 まず、上記の村松謙弁護士が所属しているらしい法律事務所のホームページのプロフィール情報を引用でご紹介しました。これは先ほど、小田原市であることを確認するためGoogleで検索したところ、村松謙弁護士をキーワードに上位に表示されたページです。

 小田原市の規模がどれぐらいなのか確認しておりませんが、16名所在の法律事務所というのは地方ではかなり大きな部類になるのではと思われます。2005年というのは平成17年かと思いますが、その10月から弁護士としての活動を始めたというのも意外な情報でした。

 Googleで調べたところ小田原市は2010年で人口20万人弱。もっと山手の方かと思っていたのですが、海に広く面していて西湘バイパス沿いというのも意外な発見でした。西湘バイパスは長距離トラックの仕事で何度か通行した憶えがあるのですが、小田原市内の記憶はありませんでした。

 細かいことを言えば、一度、小田原市にお菓子の荷物を積みに行ったことがあり、東京の築地から乱箱にしたスルメイカを飛び込みで売りながら向かったのですが、荷物を積んだ場所は山間のずいぶん町外れに場所だったという記憶です。

 周辺にも規模の大きな市町村が多く、都市部への交通の便もよいのだと思いますが、金沢市が人口45万人ぐらいと聞いているので、その半分以下の人口でありながら、金沢市や石川県内には、弁護士が10人を超えるような法律事務所は、聞いたことがないように思います。

 法律事務所に創業45年などと「創業」をつけたもの初めて見ましたが、いわゆる老舗の店舗ということになりそうです。小田原市というのは戦国時代からの古い歴史のある町並み、観光地というイメージも強くあります。

 午前中、村松謙弁護士について自分のブログから調べたのですが、まず次のように検索を行いました。

@kmuramatsu | 検索結果: | 金沢地方検察庁御中_2016 https://hirono2016s.wordpress.com//?s=%40kmuramatsu&search=%E5%AE%9F%E8%A1%8C

 トップに表示されたのが、次のエントリーで、これで村松謙弁護士が、ノース先生とも呼ばれるノースライムと関係していたこと、それと村松謙弁護士が弁護士アカウントとしては珍しく、よくTogetterでツイートのまとめを作成していたことを思い出しました。

efuwaraさんのツイート: “.@kmuramatsu さんの「【さらって】ノース先生ご結婚おめでとう!!【いきたい】 #ノース春の椿事」をお気に入りにしました。 https://t.co/NSnPZFiX5I” | 金沢地方検察庁御中_2016 https://hirono2016s.wordpress.com/2017/03/04/efuwara%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88-kmuramatsu-%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%80%90%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%91%e3%83%8e%e3%83%bc/

 検索結果のページには、見覚えのあるモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と村松謙弁護士のやりとりのようなツイートもいくつかありました。私がモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインで見たときは、村松弁護士は非公開設定の状態だったはずです。

 時刻は4月21日14時45分になっています。所用が出来て中断をしたのですが、そのあとも中断が長引きました。他に優先度をあげて取り上げておきたいことが出てきたので、この項目での村松謙弁護士については、道筋を示してからそうそうに切り上げたいと思います。

@kmuramatsu | 金沢地方検察庁御中_2016 https://hirono2016s.wordpress.com/tag/kmuramatsu/

 村松謙弁護士については、ブログの上記のタグでもまとめを見ることが出来ます。どれぐらいの数のエントリーがタグに該当するのか確認していませんが、ページの下まで辿ると「←過去の投稿」というリンクのボタンが表示されます。

 数日前に、過去のページへのリンクを4つほど遡りました。そこで、村松謙弁護士が福井で司法修習をうけたというツイートが出てきて思い出したのですが、自分の中で村松謙弁護士と福井を結びつけて考えることが多く、その理由の一つを思い出すことが出来ました。

 村松謙弁護士が法教育について語り、どこかの学校に出張講座に出かけているようなツイートもしていて、それと同じ頃に知ったのが、福井県大野市の大学で起きた男女間の殺人事件の判決のニュースでした。何がきっかけだったか思いませんが、たまたまネットの情報で見かけたのです。

 私のツイログで「赤とんぼ」と検索をすれば、とっかかりを得られるかと思っています。このキーワードがないと、探し出すのにかなり手間がかかりそうです。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「赤とんぼ」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E8%B5%A4%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%BC&ao=a

 過程は省きますが、どうも私は次の岡口基一裁判官のツイートで、その事件の判決のことを知ったようです。

 元のニュース記事はリンク切れとなっていました。岡口基一裁判官のツイートは昨年の10月6日となっていて、Twilogで私が初めにその判決に言及したツイートが11月14日となっているので、ずいぶん間があいていると思いました。テレビなどで判決の報道を見たことは全くなかったと思います。

 日々たくさんの情報を頭に詰め込んできたこともあり、すっかりと忘れていたのですが、13年の求刑が3年6月になったというのは、あらためて驚いたところです。無罪判決は別にして、これだけ求刑と判決の量刑に違いがあるというのは、他に見た記憶もありません。

 「元赤とんぼ准教授不倫の結末」とも呼ばれる事件になっていますが、逮捕後、テレビでかなりの数の報道をみたと思います。中でも印象的だったのは、被疑者の准教授と被害者の部下のような立場の女性が連れ立って、どこかの学校を訪問したときのビデオ映像でした。

 この事件は、二つの大きな事件との共通性を感じており、私自身の平成4年の事件とも類似点があります。一つは、金沢でのNHK嘱託カメラマンの殺人事件、もう一つが3月10日夜の能登高校の女子高生殺害事件で、共通点というのは、事件発生以降の被疑者の理解を超えた異常な言動です。

無期懲役のNHK元委託カメラマンに7470万支払い命じる 主婦殺害で金沢地裁 - 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/141117/wst1411170034-n1.html

 時期を確認するため調べたところ、上記のニュース記事が見つかりました。これは知らなかったように思いますが、無期懲役の判決が確定しているとも書いてあるので、支払いは事実上無理があるように思われます。請求額が9千万を超えるので、弁護士費用も相当の額になりそうです。

 平成23年の事件と書いてありましたが、季節というのも思い出せません。地元石川県で起きた事件であり、報道は長い間、繰り返し目にしていたのにかかわらず、記憶のみでは思い出されることも少ないものです。6年ほど前ということになりそうですが、そんなに前の事件だったのかという感想です。

 この事件の被疑者も逮捕前に自殺を図り、たしか後頭部に怪我をしたとかで、車椅子に乗る異様な姿で逮捕の様子が報道されていたと思います。正気とは思えないぐらいに、徹底否認を繰り返していたようですが、元NHKの関係者ということが大きかったのか、それを伝える報道がなされていました。

 時刻は4月23日11時04分になっています。とりあげたいツイートや問題が目白押しだったのですが、今日の日曜日の朝は、憲法問題に関するツイートの発見があり、それも数日来注目をしていた野田隼人弁護士のタイムラインにおけるリツイートのものでした。

 そのあたりをひっくるめて、私が憲法問題と考える非常上告の刑事手続について、具体的な事実や経過をまじえて、エントリーにしておきたいと考えました。

<< 2017/04/23(日) 11:10:49 <<