読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法研修所の卒業試験を通称「二回試験」、の合否に反応した深澤諭史弁護士のツイートで考える、現状の法曹養成制度の問題点.md

2016-12-13 火曜日 22:20 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 深澤諭史弁護士のタイムラインを遡って行くと、見過ごしていたツイートも散見され、全体の流れとして司法制度の歴史の一ページとして、正確な記録を残しておく必要性を感じました。

% hb-line-api-twitter.rb -u --count=70 > f

 上記のコマンドの実行で収集したデータです。内容を確認するためfという一時ファイルに出力結果を保存しています。その内容をクリップボードに格納し、コピペをすることで、次に全文を掲載します。70件分の深澤諭史弁護士の一連のツイートとリツイートです。

 最初の10件ほどの一部分を告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(@kk_hirono)にツイートしましたが、以下は省略することにしました。

 時間的には「/fukazawas(深澤諭史)のリツイート/このリツイートの日時/2016/12/13 20:28/」から「/fukazawas(深澤諭史)のリツイート/このリツイートの日時/2016/12/12 19:19/」の一連の流れです。

 昨夜の19時19分から今夜の20時28分になりますが、これで70件のツイートになりました。一日に120件を超えることもあってリツイートがほとんどない小倉秀夫弁護士のツイートに比較すれば、さほどの数でもないですが、それでも結構な数です。

 特に考えさせられたのは、個別のエントリーとして取り上げることを考えていた次のツイートになります。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 17:59: https://twitter.com/fukazawas/status/808597278730530816 : 引用→  @rockimpo_jiro @jikapan 胆力あるんですか。 じゃ、弁護士として必要なものは、もうほとんどそろっていると(笑)

 もうずいぶんと前のことになりますが、ネットだったように思いますが、検事に必要なのは闘争心、という言葉を目にしたことがありました。深澤諭史弁護士は、ここで弁護士に必要なものとして胆力を挙げています。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2016-12-13 22:41 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/808668275236159488 2016-12-13-224150_ystk@lawkusミスジのステーキ焼いた。.jpg https://t.co/OqVdDVp5f9

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-12-13 22:41 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/808668149361049602 2016-12-13-224120告発-金沢地方検察庁御中ツイッター @kk_hirono 14分14分前告発-金沢地方検察庁御中ツイッターさんがをリツイートしました*.jpg https://t.co/CoEzozQltZ

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター) 日時:2016-12-13 22:39 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/808667729309728768 2016-12-13-223940告発-金沢地方検察庁御中ツイッター @kk_hirono 4分4分前告発-金沢地方検察庁御中ツイッターさんが深澤諭史をリツイートしまし.jpg https://t.co/Tuty1nXsyQ

 上記に3つのスクリーンショットをご用意しました。2016-12-13 22:39のものは、告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(@kk_hirono)が深澤諭史弁護士にブロックされていないことを確認したものです。

 次に作成した2016-12-13 22:41のものは、深澤諭史弁護士のリツイートを紹介したものでありながら、「このツイートはありません」と表示されています。2016-12-13 22:41のものは、元のツイートの存在を確認したものです。

 深澤諭史弁護士がリツイートしていた元のツイートはローカスこと実質実名弁護士のツイートで、これでローカスこと実質実名弁護士は告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(@kk_hirono)をブロックしているらしいことが確認できました。たまたま例示で一つ選んだものです。

 非常上告-最高検察庁御中ツイッター(@s_hirono)も深澤諭史弁護士は、ブロックをしていたはずですが、なぜに告発-金沢地方検察庁御中ツイッター(@kk_hirono)をブロックしていないのかは、前から気になっています。

 ミュートしている可能性はあるかと思いますが、私はミュートというTwitterの機能を使ったことがないので、ブロックとの違いはよくわかっていません。フォローしていないアカウントの通知は受け取らないという設定もあったように思いますが、同じ理由でやったことがないのでわかっていません。

 Twitterにおけるブロックというのは、目に入る情報の遮断、壁という意味があるかと考えています。そう言えば、私の3つのアカウントをブロックしているモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)が、比較的最近に、ブロックについて語ったものがあったはずなので、探してみます。

  • ツイート:motoken_tw(モトケン):2016/12/06 00:34: https://twitter.com/motoken_tw/status/805797388824682496

    今、 @nishida33336 をブロックしました。ブロックは自分の目と耳を塞ぐことなので情報収集という意味では好ましくないのですが、目につくとクソリプでも反応してしまうので時間の節約のためにブロックやむなしw

ツイート:motoken_tw(モトケン):2016/12/06 00:34: https://twitter.com/motoken_tw/status/805797388824682496 : 引用→  今、 @nishida33336 をブロックしました。ブロックは自分の目と耳を塞ぐことなので情報収集という意味では好ましくないのですが、目につくとクソリプでも反応してしまうので時間の節約のためにブロックやむなしw

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)には、検事に必要とされる闘争心を強く感じてきました。闘争心が必要という言葉を目にしたのは、まだ羽咋市のアパートに住んでいた頃のことで、2009年3月より前のことであったと思います。

 私自身、闘争心という言葉はほとんど使った憶えはないのですが、なにか見つかるかも知れず、自分のTwilogで知らべて、確認をしておきたいと思います。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「闘争心」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E9%97%98%E4%BA%89%E5%BF%83&ao=a

 結果は2件で、いずれも私のツイートではなくリツイートでしたが、思わぬ発見がありました。ブロックされていない時にリツイートしたものと考えられますが、私の記憶にはなかった内容です。

  • リツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>2011/09/20 19:04/2011/09/20 18:55> https://twitter.com/hirono_hideki/status/116090306973270016
    motoken_tw (モトケン)> https://twitter.com/motoken_tw/status/116088096818331648

    理屈で勝てないと根拠のない印象操作に走るというよくあるパターン。RT @kdxn: @ozyszm いや闘争心とかそういう問題ではなく、@motoken_twさんの考え方そのものが民主主義に照らして危険で暴力性を帯びている、ということ。

リツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>2011/09/20 19:04/2011/09/20 18:55> https://twitter.com/hirono_hideki/status/116090306973270016 > motoken_tw (モトケン)> https://twitter.com/motoken_tw/status/116088096818331648 > 引用>  理屈で勝てないと根拠のない印象操作に走るというよくあるパターン。RT @kdxn: @ozyszm いや闘争心とかそういう問題ではなく、@motoken_twさんの考え方そのものが民主主義に照らして危険で暴力性を帯びている、ということ。

"闘争心" from:motoken_tw - Twitter検索 https://twitter.com/search?f=tweets&q=%22%E9%97%98%E4%BA%89%E5%BF%83%22%20from%3Amotoken_tw&src=typd

 上記の検索では、該当がありませんでした。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは、小倉秀夫弁護士が今でも頻繁に使っている非公式RTになっていたので、ツイートのやりとりも辿ることが出来ませんでした。

 胆力と闘争心というのは、意味に共通性があると考えますが、内向きと外向きという違いもあるように思います。安心立命という言葉があることを思い出しました。意味をはっきりと思い出せないので、確認もかねて調べてみます。

心を安らかにして身を天命にまかせ、どんなときにも動揺しないこと。人力のすべてを尽くして身を天命にまかせ、いかなるときも他のものに心を動かさないこと。▽初め儒学の語であった。仏教語では「あんじんりゅうめい」「あんじんりゅうみょう」と読む。「心」は「身」とも書く。また「立命安心りつめいあんしん」ともいう。 安心立命の出典 『景徳伝灯録けいとくでんとうろく』一〇

引用ページ: http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/%E5%AE%89%E5%BF%83%E7%AB%8B%E5%91%BD/m0u/安心立命の意味 - 四字熟語一覧 - goo辞書

 あらためて調べてみると、これまでとは、ずいぶんと違った印象を受けました。「人事を尽くして天命を待つ」に近い意味合いとなっているようです。

 深澤諭史弁護士のツイートをみていると、天真爛漫の楽天家で桃源郷のような理想郷を感じさせられることがあります。モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートを見ると、桃源に鹿を狩る、というような趣味嗜好を感じることがありますし、そのものずばりのツイートも見てきました。

 さきほども、ブロックについて調べていて、いくらかそれに近いものを見つけましたが、後段には自戒のような言葉も添えられていました。深追いしすぎた、という感じのもので、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のTwitter利用におけるスタンスを物語る一例です。

ツイート:motoken_tw(モトケン):2016/11/27 14:36: https://twitter.com/motoken_tw/status/802747853751754754 : 引用→  予想されたことではあるが、百田尚樹氏 @hyakutanaoki からブロックされたw これでまたツイッターの楽しみが一つ減った。残念なことだが自業自得と思って諦めよう。

 このエントリーは、深澤諭史弁護士がメインとなっています。しかし、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士と深澤諭史弁護士の3者は、人間界における業火を象徴するものを感じておりますし、それが最も先鋭化されたのが、弁護士という職業の宿命なのかとも考えます。

 この3人の弁護士のツイートを見ていると、人間離れしていると思うことが常態化しています。なにかの文様のように思えることがあり、宇宙からのメッセージが込められているように思えることもあり、新しい世界が開けるような、常に新鮮な気持ちにさせてくれることもあります。

 挙げれば枚挙に暇がなくなりますが、次の小倉秀夫弁護士のツイートなども、地球や人間社会を前提した理解ができないものです。弁護士脳の世界観は、宗教的な幾何学模様も感じさせます。3者の一部三つ巴の世界観も、帰着点は弁護士としての、見果てぬ私利私欲の追求にあるものと私は見ています。

  • ツイート:Hideo_Ogura(小倉秀夫):2016/12/12 23:23: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/808316236262035456

    接触する痴漢が減ったので、今度は接触しない痴漢という概念が導入されましたね。同じ車両に男がいるだけで痴漢とされる日もそう遠くないような。RT @kame28: 性犯罪特有の「泣き寝入り」や軽度な不快感にとどまった軽微な事例などがあるので

ツイート:Hideo_Ogura(小倉秀夫):2016/12/12 23:23: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/808316236262035456 : 引用→  接触する痴漢が減ったので、今度は接触しない痴漢という概念が導入されましたね。同じ車両に男がいるだけで痴漢とされる日もそう遠くないような。RT @kame28: 性犯罪特有の「泣き寝入り」や軽度な不快感にとどまった軽微な事例などがあるので

 刑事弁護に蜜があるから3者のようなものが寄ってきて、好き勝手についばむのでしょう。これも抑えておきたいポイントの一つです。

 これからは、小倉秀夫弁護士のツイートも個別のエントリーとして取り上げ、分析や言及などやっていく予定でいます。

 旧来の告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(@kk_hirono)への投稿用の書式になりますが、特に目についた深澤諭史弁護士のツイートを次にご紹介しておきたいと思います。ここに法曹の未来があるのか、検察庁においても危機感を強く持って、考えていただきたいところです。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 16:45: https://twitter.com/fukazawas/status/808578635707785216 : 引用→  (*・∀・)明日勤務弁護士になる人に,いろいろ吹き込んでいるなう。 (;^ω^)貴様は内定先の事務所から賠償請求くらえばいいんだお。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 16:43: https://twitter.com/fukazawas/status/808578019761631237 : 引用→  @rockimpo_jiro (;・∀・)なんという・・・ (*^ω^)これは将来大物になるお・・・。是非,当会に登録してほしいお。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 16:36: https://twitter.com/fukazawas/status/808576408238714880 : 引用→  明日登録予定の某弁護士に,よからぬアドバイスなう(・∀・)

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 16:29: https://twitter.com/fukazawas/status/808574555014852609 : 引用→  よしゃやがれ!!なにがめでたいってんだよ!!どこがめでたい!? あ!? ここまで来るのに,何百万円借金を重ねたと思っている!!ふざけるなっ・・・! 出せよっ!おためごかしなんていらねぇ! 給料だ!早く働かせて,給料をだせ!(弁護士の場合)登録費も払ってくれよ! #司法黙示録

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 16:10: https://twitter.com/fukazawas/status/808569838637457408 : 引用→  *司法修習生考試(二回試験)が不合格だった方へ 1.難しいとは思いますが,まずは落ち着いて下さい。 2.教官の他,友人,そして,内定先にも連絡をして下さい。 3.内定先に話すのは難しいかもしれませんが,「連絡をしない・遅れる」のは非常に迷惑になります。今後もあるのですぐに。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 16:08: https://twitter.com/fukazawas/status/808569327301496834 : 引用→  第69期司法修習生考試の結果が発表。不合格者は54人。不合格者受験番号は,裁判所ウェブサイトにも掲載 https://t.co/OCn6H47ka1

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 15:11: https://twitter.com/fukazawas/status/808554899151556608 : 引用→  結構勘違いされていますが,非弁行為の成立には,報酬が依頼者から支払われる必要はありませんし,実際に報酬が支払われる・受け取る必要もありません。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/12/13 14:18: https://twitter.com/fukazawas/status/808541645922705408 : 引用→  >RT 「相手方代理人弁護士を中傷する」時点でほぼまともでないことが確定なのだから,そんな者の言うことを信じた時点でゲームオーバー。

 上記の深澤諭史弁護士のツイートは、その手前の次の2つのツイートをリツイートしたものを、前提とした言及のようです。あらためて読みなおすと、まったく考えさせられる内容ですが、深澤諭史弁護士は、まともでない、信じた時点でゲームオーバーと結論づけています。

ツイート:harrier0516osk(向原総合法律事務所 弁護士向原):2016/12/13 10:33: https://twitter.com/harrier0516osk/status/808484878765289474 : 引用→  こういうのって多いですよね。相手方が「弁護士を雇う金があるのなら俺に払え、どうせ弁護士なんか金儲け目当てなんだから」とか言ってくるケース。 https://t.co/weHqe0sXak

ツイート:pilori1616(阿野寛之):2016/12/12 22:36: https://twitter.com/pilori1616/status/808304414544961536 : 引用→  https://t.co/S10yXom4E9 「取調べが違法不当だ」と弁護人が抗議したら、依頼者(被疑者)を罵倒してひどい目に遭わせた上「こんな目に遭うのは弁護士が抗議したからだ」と思わせて信頼関係を崩そうとする取調官に通じるものを感じる。

 深澤諭史弁護士のリツイートとしてはみあたりませんが、上記の阿野寛之という弁護士のツイートは、次のツイートのURLを引用しています。これもちょくちょく見かけることのある弁護士アカウントです。詐欺会社が甘言を弄して弁護士を解任させ、悲惨な結果に終わると等と書いてあります。

ツイート:danjishihou(都 行志 Miyako Koji):2016/12/12 21:58: https://twitter.com/danjishihou/status/808294977474179072 : 引用→  詐欺会社に訴訟を提起しようとすると、弁護士がついているのに、詐欺会社は依頼者に直接電話して、「弁護士を儲けさせるだけ」などと甘言を弄して弁護士を解任するよう働きかけたりする。弁護士を解任して、和解できたと思うと結局お金を支払わず、目も当てられない悲惨な結果で終わったり。騙されるな

 個人間の金銭貸借関係であれば、債務者が弁護士に費用を支払うお金があるのなら、その分をまるまる免除してやるので、素直に支払え、というのも、時間と労力の節約であり、人間関係も壊しにくいので、なるほど合理的な解決法かと思ったところでしたが、詐欺会社となれば。

 私は以前、ヤクザと弁護士の債権の回収率に関するデータを読んだこともありましたが、ヤクザに頼る方に分が会ったのも、時間と労力の節約だと書いてありました。確定判決で債務名義を得ても、出来るのは強制執行の申し立てだけ、という話も本で読みました。

 訴訟で勝訴の確定判決を得るのも和解で公正証書を作成するのも、債務名義を得るというゴールは同じだという話でした。訴訟における請求の趣旨の部分が債務名義の目的物となっているはずですが、債務名義の既判力に触れた情報は、ネットで目にしたことが一度もありません。

 平成9年、本人訴訟で民事訴訟を起こそうかと本気で考えた時、壁に思ったのは、その既判力の問題でした。十分な事実関係が確認できない状況で、無理があると判断しました。これは木梨松嗣弁護士にも直接会った時に、話をしています。

 そういえば、数カ月前、TOKIOという人気グループのメンバーの一人が、発覚前に離婚の記者会見をテレビでやったことがありました。神対応のような評価を受け、そのあと報道がくすぶるようなことはなかったと思います。少なくとも私は続報を目にしていません。

 円満解決の協議離婚ということでしたが、財産の分割を含めた取り決めを時間を掛けた話し合いで決め、最終的なものを弁護士にチェックしてもらい、それを公正証書にしたというような説明が、会見でなされていたと記憶しています。

 ちょっとネットで調べましたが、8月5日に会見があったようです。ずいぶん長い会見でしたがテレビで放送されていました。離婚に至るには、それなりの表には出しにくい事情もあるのかもしれませんが、マスコミを納得させたという点では、最善の対処であったと思われます。

 対照的だったのが、元プロ野球選手の清原氏覚醒剤事件での保釈でした。弁護士に任せきっていたという印象でしたが、人生をトータルに考えて最悪の対処であったよう思います。群がるマスコミから弁護士が保護したようにも見えたかと思いますが世間の納得や理解とは真逆の方向で、機会を逸したとも。

 同じ覚醒剤の事件で注目を集めたASKA氏も、弁護士を全面的に頼るような発言をした辺りから、ぴたりとテレビの報道も潮が引いたようになくなったという印象があります。

弁護士に会うまで話さない…ASKA容疑者送検 日本テレビ【スッキリ!!】|JCCテレビすべて http://p.jcc.jp/news/11641939/

 今年はとくに感じたことでしたが、弁護士がからんだことで、かえってこじれたりより悪い方向に進んだと思える事件が多かったです。情報の質と量が検証の材料ともなって、弁護士の不実が際立つようなご時世になってきたとも考えています。

 深澤諭史弁護士やモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士のツイートでも、具体的な事件への言及というものが、格段に少なくなったと感じています。つい最近も似たような少年事件がありましたが、川崎の少年事件の小倉秀夫弁護士の反応は、活発なものがありました。

 最近の小倉秀夫弁護士も、痴漢や強姦という女性の性犯罪被害に関するツイートがやたらと目に付きますが、ずいぶんと抽象的で、非現実的なものとなっている、という傾向性を感じています。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートも、たまにテレビニュースに出る事件に触れたものがありますが、夕方に目にしたものも、これはどうかと思われる反応でした。

ツイート:motoken_tw(モトケン):2016/12/13 20:21: https://twitter.com/motoken_tw/status/808633003035557889 : 引用→  刑法の問題みたいな事件だな。 https://t.co/NttQkkOskX

 上記のモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは、次のツイートのURLを引用しており、言及ということになるかと思います。

ツイート:nhk_news(NHKニュース):2016/12/13 16:58: https://twitter.com/nhk_news/status/808581732303708160 : 引用→  アレルギーの娘に牛乳 殺人未遂の疑いで母親逮捕 #nhk_news https://t.co/CuY8RCqWZa

 この「アレルギーの娘に牛乳 殺人未遂の疑いで母親逮捕」という事件は、繰り返しテレビで報道を見ていましたが、夕方の民放の放送には、インスタグラムだったかの、全身に近い顔写真も公開されていました。警察の判断が前提にあったのだと思いますが、弁護士的にはどうなのかと考えました。

 刑法の問題として何を考えたのかモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)は、書いていませんが、故意の程度を問題にしているのか、それとも実際に死亡する危険性の程度から不能犯を想定しているのかとも考えいました。

 テレビの報道では、以前、給食のチヂミにチーズが入っていてアレルギーを持つ女子児童が死亡したというケースを紹介していましたが、それが問題になったことは、たまたまテレビを見ていて知っていました。

 アレルギーと言っても程度の差があるものと考えられますし、殺人未遂で逮捕された母親のケースは、医師との相談で抵抗力を高めるため、少量の牛乳を飲ませていたとも、テレビでは報道していました。他に育児に悩み警察に相談していたとも報道にあったように思います。

 別居している父親に娘をみてもらえというアドバイスを受けたような話もありましたが、それが育児放棄や、邪魔な存在としての殺人未遂の実行行為と判断されたのであれば、どうなのかという思いがあります。

 そういえば、そのニュースを知る数時間前のことだったと思いますが、どこかのタイムラインのリツイートだったように思いますが、気になるネットのニュース記事を目にしていました。他では見たことのない初めて知る事件でした。

 有料記事として気になる発見もあったので、スクリーンショットを作成しています。

ツイート:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中ツイッター):2016/12/13 09:29: https://twitter.com/s_hirono/status/808468967907987456 : 引用→  2016-12-13-092952こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。.jpg https://t.co/SavLPNAmyD

午後8時前、自宅アパートに戻った。食器を片付けようと台所に行くと、娘が泣き始めた。眉間(みけん)にしわを寄せ、大きなため息をつく男性を見て、娘とアパートを出た。子どもを預けられそうな施設をネットで探したが、見つからない。「この子がいなくなるしかない」。そう思い詰めた。

 午後10時過ぎ。近くの川に架かる橋のそばに車をとめ、娘を両腕に抱いて橋の欄干に立たせた。

 車が通るたび、娘を欄干から降ろす。3度目、娘を抱く手を伸ばし、宙に浮く状態にしてみた。川面からの高さは4メートル以上。娘はにこっと笑い、突然こう言ったという。

 「バイバイ

 手を離した。ドボンという音が…

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り:1814文字/全文:2376文字

引用ページ: http://www.asahi.com/articles/ASJBJ7D61JBJUUPI00G.html?ref=yahooバイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした:朝日新聞デジタル

 無料登録の会員でも限定数の閲覧が出来るという運用だったように思うのですが、完全と思われる「有料会員限定記事」というのは、初めて見たように思いました。

 よく見ると13時09分のスクリーンショットになっているので、牛乳アレルギーで殺人未遂で逮捕された母親という報道は、その前に見ていたかもしれません。正午ごろに台所にいたタイミングで、北陸朝日放送からチャンネルを変えないまま、普段とは違った番組を見ていました。

ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2016/12/13 14:56: https://twitter.com/hirono_hideki/status/808551126639394818 : 引用→  牛乳アレルギーで殺人未遂。5歳の娘に母親逮捕。ミヤネ屋の全国ニュース。千葉県流山市という。

 上記のツイートで確認しましたが、ミヤネ屋の全国ニュースで知ったのが初めてだったと思います。これはいつも15時前後に10分ほどあるコーナーです。

 千葉県流山市の事件ということでも注目をしたのですが、そのことはすっかり忘れていました。千葉県流山市はローカスこと実質実名弁護士が、そこで弁護士をやっているとずっと前から紹介してきた土地ということと、能登町姉妹都市になっているはずです。

 数年前は能登町役場の垂れ幕に、千葉県流山市姉妹都市であることが掲げられていました。その後だったようにも思いますが、宮崎県の小林市とも姉妹都市になったようです。姉妹都市はこの2つだけだったように思います。

 今年の1月の寒ぶり祭りは、ブリの不漁で中止になったのですが、その前の年は、昔、靴屋があったパチンコ店の駐車場の跡地である空き地で開催され、そこで姉妹都市である小林市のチョウザメが、小さなガラス張りの水槽に泳いでいたのが印象的でした。

 思い出して、ローカスこと実質実名弁護士のタイムラインを開いて遡りましたが、12日のツイートまで辿っても、牛乳アレルギーの娘への殺人未遂で母親逮捕に関連したツイートは、まったく見当たりませんでした。

 ローカスこと実質実名弁護士は、子煩悩をうかがわせる一面もあって、自分の娘のこともよくツイートしています。自分の娘について4歳児という表現を使っているのも特徴的だと思っていましたが、ノースライムも妻氏という他に見ない表現をよく使っていました。

 ローカスこと実質実名弁護士は恋愛や家族関係について、本心なのかと疑うようなツイートをたびたびやっていますが、家庭や男女間のトラブルを誘発、冗長して弁護士としての仕事や収入を増やすことを、真の狙いとしているのではと、勘ぐりたくなることがたびたびあります。

 このエントリーでは、メインの本筋である深澤諭史弁護士以外のことも、雑然と書き綴ってしまいましたが、告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(@kk_hirono)がローカスこと実質実名弁護士にブロックされていることを知ったのは、収穫でした。

ツイート:lawkus(ystk):2016/12/13 21:06: https://twitter.com/lawkus/status/808644324724379648 : 引用→  正義と公正は本来かなり近い概念なのではないかと思います。日本語かつ日常語における「正義」の用法とはだいぶ違いますけど。 https://t.co/k0SZvLBhZg

ツイート:uwaaaa(サイ太):2016/12/13 21:02: https://twitter.com/uwaaaa/status/808643250110152704 : 引用→  日弁連のHPには「ひまわりは自由と正義を、はかりは公正と平等を追い求めることを表しています。」とか書いてあるんだけど,まずこの時点で,「正義の女神の秤は正義の象徴」という話と齟齬する。正義と公正・平等は別の概念じゃろ。

 先ほど、ローカスこと実質実名弁護士のタイムラインで目に止まった、ローカスこと実質実名弁護士が刑裁サイ太のツイートのURLを引用して、言及をしたツイートです。二人の組み合わせというのも、互いに違和感はなさそうだと感じました。

 ローカスこと実質実名弁護士の方は、(@hirono_hideki)をブロックしていないらしいことを確認しました。一時ブロックされていて、それが解除されたという認識でいるのですが、だいぶん前からブロックはされていないことを見てきました。

 時刻は日付も変わって3時08分となっています。日付が変わっているので昨日ということになりますが、テレビでの次の事件報道も気になるニュースでした。微妙にストーカー犯罪ということになるのかとも考えましたが、8年間の交際があり、1年前までは同居していたというような情報もありました。

28歳女性看護師を殺害か 知人の男の身柄確保:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJDF00NSJDDUUHB00P.html

 この事件については、これまでのところ、弁護士が反応したツイートを見かけていないことも気になっています。このような殺人事件は確実に増えているという印象を受けますし、殺された女性はもちろんのこと、いきなり大きな事件を起こしてしまった加害者も気の毒に思えます。

 安易なストーカー認定や病人扱い、というのは深澤諭史弁護士のツイートにおいて、深刻に考えさせられてきた問題でもあります。その深澤諭史弁護士が、新規の若手法曹に向けたエールで、弁護士に必要なものとして、胆力をあげたことは、厚かましさとふてぶてしさの意味とも勘ぐりたくなるのです。

質問:二回試験とはどのような試験なのですか? 回答: 「恐怖の二回試験」と呼ばれることの多い,いわゆる二回試験とは、正式名称を「司法修習生考試」といいます。

司法修習の最後の関門であり、卒業試験のようなものです。

例年、11月の中旬から下旬に、民事裁判、刑事裁判、検察、民事弁護、刑事弁護の各科目について一日一科目で計5日間にわたって行われる試験です。 5日間にわたって,膨大な量の書面を書きまくることになります。 修習中に勉強した成果をすべて結集しておこなう最終決戦です。

引用ページ: http://www.bengo.jp/navi/nikaishiken.html恐怖の二回試験 | 司法修習ナビゲーション 弁護士より

 確認のため調べたのですが、面談や面接が主体の適格性の検査のようなものをイメージしていたのですが、どうやら事務処理の技量、能力に重点をおいた試験であったようです。例年一定数の不合格者が出るらしく、それも私のなんとなくのイメージとは異なっていました。

 司法試験は確かに難関なのだと思いますが、人間としての基本の部分に余りに大きな欠陥があるように思える弁護士が多く、制度の見直しで、適格性の審査が強化されたことも、いくらか期待はしていたのですが、そういうものではなかったようです。

 一度弁護士になってしまえば、弁護士会の会費を滞りなく支払い続け、よほど大きな懲戒処分でも受けない限り、なんの問題もなく、言いたい放題で弁護士を続けていけるというのも、疑問があります。裁判官や検察官には適格性の審査の制度があって、心身の故障というのも欠格事由になっているはずです。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)や小倉秀夫弁護士、深澤諭史弁護士には、度重なる不快感とともに、司法に対する信頼を前提に、それを根幹から揺さぶりつけられるようなわずらいを増幅させられ、取り返しのつかない時間の無駄もさせられてきたと考えています。

 深澤諭史弁護士は非弁を排除することに熱心で弁護士会の活動にも取り組んでいるようですが、その大義を消費者の保護だと語っています。弁護士による消費者被害こそ大人数の10億に近い被害の事件が、岡山と福岡で2件起っており、その責任も深澤諭史弁護士は司法制度改革にあると決め付けています。

 とりわけ甚だしいと思ったのが、脳機能障害の少女の家族が弁護士による横領被害にあったという事件ですが、深澤諭史弁護士は、それを司法制度改革を推進した大学教授にこそ責任があると言って憚りませんでした。

 司法制度改革というのは社会のあり方の変化にも対応させるための暗中模索や試行錯誤の過程があったものと想像しますが、怪物にしか思えない弁護士が多すぎます、まるで、研究室で突然変異した弁護士脳による危険生物のレベルの思考と論理解そして歪んた世界観だと思いました。

 仮に深澤諭史弁護士や小倉秀夫弁護士、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の論理や都合がまかり通るような世界が出来たと仮定すれば、そこは報酬を受けた弁護士が神のごとく君臨し、傷つけある地獄絵図のような人間世界、未来に向かって共存できない破滅の惑星としか思えません。

 事件放置や依頼者に対する虚偽報告、公文書の偽造までさほど珍しくはなくなっているのが、数年前からの弁護士業界の実態であり、そのような極端なケースでないと、責任を問われないという現実も、他の業界とはかけ離れた弁護士の感覚を醸成していると考えております。

 利益になりそうもないことや、業界に都合の悪そうなことは無視するだけで済ませることが出来るという土壌も、伝統としてすっかり出来上がっています。

 私の告訴事件も、検察が相手にしなければ、いずれは消えてなくなる無問題と考えていたふしがありますし、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)などは、その対応を期待してこそ、あれほどの対応をしたのだと考えています。私は、その経過を記録することに重点をおいて来ました。

 私の告訴事件は、司法制度改革のはるか前、平成4年から始まったもので、被告訴人らの実行行為の大半も司法制度改革が始まる前に終了しており、その勢いと惰性に乗っかり、ここまで流れ着いてきたものと、私は見ています。それを後押ししたのも弁護士業界の無関心と放置が原動力です。

 時刻は4時56分になっています。ファイル名の方も、法曹養成制度が、法曹要請制度となっていた間違いを修正し、Emacsで開き直しました。法曹要請というのも、理屈のある言葉のように思えてきました。深澤諭史弁護士や小倉秀夫弁護士には、あるべき法曹の待遇として強い要請を感じるからです。

2016-12-14 水曜日 05:03 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

*1: °ω°