千葉大医学部の集団強姦事件に対するTwitterでの弁護士アカウントの反応、から考えること.md

2016-12-09 金曜日 16:21 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 まず、ツイートを収集してデータベースに登録するため、次のコマンドを実行しました。キーワードは「千葉大」にしていますが、TwitterAPIのtimelineメソッドから収集できたものは、最近のものがほとんどなので、強姦事件以外のものは見当たりませんでした。

% for i in `cat ~/law_list.txt`; do m_search_tweet.rb 千葉大 $i; done

 データベースへの登録は実行結果からの目視での手作業となるので、取りこぼしが出ている可能性はあります。重複したものはスキップするようにしてあります。

 「千葉大」だけをキーワードにすると、目的のツイートを収集するという結果が不十分なのはわかったいますが、余り時間も掛けられないので、簡易なものとしました。その割には、数が多かったと思いますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のような含まれない、ことの確認も出来ました。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートが含まれないと言っても、それは実名報道以降のことです。それ以前の段階で、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の気になるツイートを目にしていたので、それだけ注目もしていました。

参考資料:「千葉大」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート(25アカウント、66件、 2012-06-25 01:26〜2016-12-08 22:24)「1/66」件,https://hirono2016s.wordpress.com/?p=46785

参考資料:「千葉大」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート(15アカウント、38件、 2016-11-22 06:59〜2016-12-08 22:24)「1/38」件,https://hirono2016s.wordpress.com/?p=46787

 ツイートのまとめは過去のものから順番に並んでいます。初めのまとめの記事をブラウザでながめながら、集団強姦事件の報道の初めのものを見つけ、そのツイートの投稿日時を、データ取得の開始時点に指定して、再度、コマンド処理を行いました。具体的に次のコマンドになりますが、ルールは自作です。

% tw_user_tweet-sql-search-make-text-html-wordpress-style.rb n 千葉大  --word_stime="2016-11-22 06:59"|xsel -b

 さきほど記事をブラウザで開いて、「モトケン」をキーワードにページ内検索を行ってみました。やはり実名報道以降の関連ツイートは見当たりませんでしたが、次はモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートに限定したまとめを作成しておきたいと思います。

% tw_user_tweet-sql-search-make-text-html-wordpress-style.rb motoken_tw 千葉大  --word_stime=a|xsel -b

参考資料:「千葉大」をキーワードに含む「モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)(@motoken_tw)」のツイート(2016-03-28 21:13〜2016-11-27 10:41)「1/3」件,https://hirono2016s.wordpress.com/?p=46789

 時刻は21時32分になっています。夕食の支度をして食べていたこともありますが、しばらく中断をしていました。上記のまとめ記事で確認したところ、2つのリツイートの他、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)本人のツイートで千葉大をキーワードにするものは次の一つだけでした。

ツイート:motoken_tw(モトケン):2016/11/27 10:41: https://twitter.com/motoken_tw/status/802688820718120960 : 引用→  おや、産経の記者の目に止まったようだ。>【千葉大生集団乱暴】百田尚樹氏がツイッターで「犯人は在日外国人ではないか」とツイート 津田大介氏が「この人のアカウントを削除すべき」 - 産経ニュース https://t.co/676mqZW99R @Sankei_newsさんから

 ちょうど、今日の夕方だったと思いますが、テレビで百田尚樹氏のことが取り上げられていました。北陸中日新聞のテレビ欄で確認すると15時53分からの放送となっている「花のテレ金ちゃん」という番組です。これは金曜だけで、他の平日は「となりのテレ金ちゃん」となっているはずです。

 「海賊と呼ばれた男」という新作映画の紹介でした。これは最近、他の番組でも紹介をちょくちょくと目にしています。「永遠の0」の作者と同じということは知っていました。その「永遠の0」が2014年の邦画で何かの記録を達成し、主演を含め3人の制作サイドが同じなので、と紹介されていました。

 作家の百田尚樹氏と言えば、「そこまで言って委員会」という情報番組の司会として、馴染があり、特に羽咋市に住んでいた頃は、宇出津に戻ってきていた日曜日の午後に番組を見ていたという印象も強い、やしきたかじん氏の遺産相続問題から、一転、マイナスの情報しか見ていない人物でした。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の百田尚樹氏を批判するようなツイートを目にした時、ちょうど、その前日ぐらいの情報番組で、一つだけでしたが、千葉大の集団強姦事件の容疑者の実名報道は、自身が特定されてしまうという被害者の強い要望で、実名が非公開になっていると見ていました。

 その後の経緯に関する情報は見ていなかったですが、いきなりテレビで、被疑者の実名公開とともに顔写真が大々的に公開されているのを見た時は、予想外の展開だったので驚きも大きかったです。

 実のところ、被害者が自身の特定を徹底して避けているという報道をテレビで見た時は、8月の高畑裕太氏の強姦致傷事件に触発された示談金目的の被害申告ではないかという思いがよぎりました。

 その少し前だったと思いますが、「そこまで言って委員会」が午後1時半からあるのと同じ、日曜日の午前10時からの「サンデージャポンサンジャポとも)」の番組を見ていたところ、芸能人を狙った美人局が横行し、戦々恐々としている、という内容のコメントを見ていたのも影響していました。

 常連コメンテータの一人で芸人ということになるのかと思いますが、その美人局の話では、その流れで「まんしゅうきつこ」という名前も出していました。テレビに集中しきれていなかったこともあり、その流れがきちんと理解できなかったのですが、あとでネットの検索で確認できたこともありました。

 けっこう下ネタ系も多い番組だったので、さほどの驚きはなかったですが、読み上げでの「まんしゅうきつこ」でも、何を意味するのか大体の察しはつき、実際にネットで調べると、漢字を交えたよりストレートな内容もあったので、驚きとともに視野も広がりました。

 よりストレートに言うと、「まんしゅうきつこ」は、女性器の匂いがきつい女の子、という意味合いがあり、それをもじったようになっているようです。漫画家のようですが、画風に趣があり、そんな人目をひくことをしないでも才能があるように思えたのですが、アンケートも募集して継続とのことでした。

 Twilogで確認をしておきましょう。時期の特定です。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「まんしゅうきつこ」の検索結果 - Twilog http://bit.ly/2hmSMHA

 検索結果は2件だけで、自分のTwitterでありながら、思ったより少ないという印象です。11月13日が日曜日であることはcalコマンドで確認をしました。Twilogの当日のツイートを次に見てみます。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/2016年11月13日 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/date-161113

 確認したところ、当日のツイートは思いの外少なく、サンジャポという番組に関するものもありませんでした。ともあれ、「まんしゅうきつこ」という衝撃的なペンネームを見たのは、サンジャポの放送が初めてでした。ただ、他に見かけたことがあったような微かな、不確定な記憶は考えました。

 夏以降、だったと思いますが、同じく大学関係の集団による強姦か強制わいせつの時間がありましたが、事件の続報が途絶えています。テレビの情報番組で、弁護士がずいぶんと力を入れ、被害者の後押しをしていると感じたのも印象的な事件でした。海の家をキーワードに含め調べてみます。

慶大集団レイプ、被害女性側が全告白! 「悪いことをしたという意識はゼロ」 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161024/dms1610241140004-n1.htm

 調べると上記の記事が見つかりました。やはり慶応大学だったと自分の余り自信のなかった記憶に間違いのなかったことも確認できました。上記の記事の日付は10月24日となっています。内容はテレビに見たのと同じですが、その後の続報というのを見ていません。

 Googleで「慶大 レイプ」と検索をしたところ、10月以降の情報が見つからなかったので、1ヶ月いないというオプションを指定したところ、次の情報が見つかりました。興味深い内容です。

テレビ朝日の角南源五社長は29日の定例会見で、慶応大「広告学研究会」の男子学生数人が女子学生に性的暴行をした疑いが持たれている問題を報じた情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」について、「客観性に欠ける部分や不適切な部分があった。いずれも女性に対する配慮に欠けるもので、おわび申し上げる」と述べ、謝罪した。

 問題となったのは10月20日の放送。女性側の弁護士などによると、番組では、女性が乱暴される様子が映っているとされる動画を見たという学生が「AV(アダルトビデオ)のようだった」と回答した様子や、女性が無料通信アプリ「LINE」を通じて知人に送ったメッセージなどが報じられた。

 女性側の弁護士は「被害者の同意があったと誤認させる表現などがあり、看過できない」とテレ朝に抗議。同局は同月27日の番組で「女性に対する配慮に欠けた」などと謝罪していた。 引用:【慶応大集団乱暴疑惑】テレ朝社長が謝罪「女性に対する配慮に欠けた」 - 産経ニュース http://www.sankei.com/affairs/news/161129/afr1611290019-n1.html

 弁護士が批判したという報道のあり方を含め、公益性が高い問題と判断したので、上記に記事の全文を引用してご紹介しました。

 この弁護士の名前は、テレビでも見た覚えがなく、弁護士商売のマスコミ利用を含め、強い問題性を感じていました。神奈川県内が集団による性的暴行事件の場所ともなっており、神奈川県弁護士会所属の弁護士である可能性は、比較的高いとも考えています。神奈川県弁護士会は、格別の注目をしています。

 それ以外の続報は見当たらず、12月に入ってからのニュースの検索結果はないので、示談成立等、内々で解決が図られ終結した事件という可能性もありそうです。同じ「慶大 レイプ」を検索にしたトップは、なぜか次の千葉大の事件に関するものでした。

2016年11月25日 10時26分

日刊ゲンダイDIGITAL 「千葉県警は何かまずいことでもあるのか」

 ネット住民たちがヒートアップしている。千葉大医学部の20代の男子学生3人が21日、集団強姦致傷容疑で県警に逮捕された事件。9月下旬、千葉市中央区にある居酒屋で起きたという。容疑者の3人は医学部の5年生とみられている。

「みられている」というのは、県警が発生日時や逮捕者の氏名どころか、事件があったという事実すら一切発表していないからだ。マスコミ各社の取材をシャットアウト、今後も発表の予定はないという。

 これにネット住民が「政治家とか警察幹部の子どもが絡んでいるのか」などと一斉に噛みついている。 千葉大生「集団強姦」事件の不可解さ 警察は「不都合な事実」を隠蔽か - ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/12329854/

 想定外の検索結果に反映されたのは、記事の次の部分が関係していそうです。検索エンジンによる機械的な処理が原因とも考えられますが、1位になっているのは、それだけ記事に対する注目度の反映とも考えれます。

兵庫県警元刑事の飛松五男氏は「被害者に配慮するのは当然ですが」と前置きしながら、こう言う。

「それでなくても東大に慶大に近畿大と、学生による暴行事件が立て続けに起きています。警鐘を鳴らす意味でも、概要ぐらいは発表すべきでしょう。警察が厳しい態度を示さなければ、不都合な事実を隠蔽しようとしていると勘繰られても仕方がないし、模倣犯を助長しかねません」

 その通りだ。

 この千葉大医学部の集団強姦事件に関しては、同じ千葉県のローカスこと実質実名弁護士が、実名報道について、非常に考えさせられるツイートもやっていました。ひとまず、とりあえずのご紹介で、このエントリーを締めくくります。

 意外なことに、さきほどの次のまとめ記事には、あるはずと思っていたローカスこと実質実名弁護士のツイートが含まれていませんでした。

参考資料:「千葉大」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート(25アカウント、66件、 2012-06-25 01:26〜2016-12-08 22:24)「1/66」件 | 金沢地方検察庁御中_2016 http://bit.ly/2hmS1OH

 データベースに登録しているはずなので、ツイートが削除されたとしても無関係ははずです。別の方法で調べてみます。

ystk(@lawkus)/「実名」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/lawkus/search?word=%E5%AE%9F%E5%90%8D&ao=a

 上記の検索でも見つかりませんでした。最近のことで12月に入ってからだと思います。他のアカウントのツイートと、私が完全に勘違いしていた可能性もありそうです。確認の作業を続けます。

 次のコマンドの処理結果で確認することが出来ました。これまでのツイートの傾向から先入観もあったのだと思いますが、私が完全に取り違えをしていました。ローカスこと実質実名弁護士ではなく、野田隼人弁護士のツイートだったということです。

% k-blog-opt-wp2016s.rb |grep 千葉大|grep 実名

 確認できたのは次の野田隼人弁護士のツイートです。

〜nodahayato(弁護士 野田隼人)のツイート〜投稿日時〜2016/12/06 20:49〜ツイートのURL〜 https://twitter.com/nodahayato/status/806103344414650368

〜引用〜 千葉大医学部の被疑者の一人の家柄は法律家の名門中の名門といわれていますが,やはり名前を言われてすぐ分かるくらいなのですか? — 被疑事件の実名報道は基本的に見ないことにしています。 https://t.co/A3BS6PSOnt

 ローカスこと実質実名弁護士も実名報道には批判的なツイートが傾向として強かったと思います。これも私の思い違いという可能性もあるので、データベースからまとめ記事を作成しておきたいと思います。

 Twitterの高度な検索の結果からデータベースに登録する作業をしていましたが、ほとんどは新規の登録でした。作業の過程で、次のツイートが目に止まりました。

ツイート:lawkus(ystk):2013/01/13 08:42: https://twitter.com/lawkus/status/290242376159621120 : 引用→  俺は弁護士だから当然だが、報道だけで個別の事件につき色々言うことは避けている(推定有罪にならない範囲で一般論のネタにする等、便乗する場合はあるが)。だが一般の人にまでそうした自制を要求できるかというと多分無理なので、実名報道やめたらいいんじゃね?という話になるわけだよね。

 2013年1月13日のツイートとなっているのでずいぶん前のことですが、ローカスこと実質実名弁護士らしさが、よく現れているツイートで、弁護士としてのプロ意識も、その独自の世界観から感じさせるツイートです。私が見るにはとても漫画的でもあります。

参考資料:「実名」をキーワードに含む「ローカスこと実質実名弁護士(@lawkus)」のツイート(2010-12-18 09:26〜2016-12-05 18:59)「1/128」件,https://hirono2016s.wordpress.com/?p=46815

参考資料:「実名」をキーワードに含む「ローカスこと実質実名弁護士(@lawkus)」のツイート(2010-12-18 09:26〜2016-12-05 18:59)「101/128」件,https://hirono2016s.wordpress.com/?p=46817

 とんだ私の勘違いも露呈してしまいましたが、そういう事態も想定して上で、記録の公開にはくどすぎるほどのご説明も加えているつもりです。それは説明者である私自身の記憶の劣化も慮ってのことで、確認のための作業負担の軽減も見込んだ上での予防線です。

 ともあれ、ブロックされる以前は注目度も高くなく、弁護士にしては比較的常識人だと思っていた野田隼人弁護士が、ローカスこと実質実名弁護士を超えるような、非現実的傾向の強い弁護士かもしれないという認識も新たにしました。深澤諭史弁護士の共著者というのは、最大のインパクトでもありました。

 時刻は23時55分です。まだ日付が変わっていません。本日は、その深澤諭史弁護士のツイートで、全く変わりのない、期待を裏切らない深澤諭史弁護士の弁護士としての社会的異常性、社会的危険性、社会的有害性を再確認できるツイートもありました。

2016-12-09 金曜日 23:58 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<