読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「被害者への支援体制が伴うのか。そして、そもそも「世間の目」が変わるのか」という毎日新聞のツイート.md

2016-12-09 金曜日 15:04 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 今日の朝だったと思いますが、シリウスAさんのタイムラインの次ぎのリツイートとして、タイトルに掲げた毎日新聞の記事の存在を知りました。まだ、リンクの記事は開いてもおらず、まもなくこれからページを開いて目を通したいと考えています。

/eeyy888777(シリウスA)のリツイート/このリツイートの日時/2016/12/08 17:28/ URL/ https://twitter.com/eeyy888777/status/806777450357133312 / /eeyy888777(シリウスA)がリツイートした@mainichi(毎日新聞)のツイートの内容/

/引用/ 来年、強姦罪の被害者の性差をなくす刑法改正が実現する見通しです。しかし、被害者への支援体制が伴うのか。そして、そもそも「世間の目」が変わるのか。 https://t.co/2Hey2WfU0v

/元のツイートの投稿日時/2016/12/08 17:24/元のツイートのURL/ https://twitter.com/mainichi/status/806776479946153984

 なお、このエントリーは、12月6日の夕方に能都郵便局から郵送により提出した11月30日付け告訴状、以降における新体制での本件告訴事件における資料の作成、公開になります。新体制ではMarkdown記法を使い、はてなブログへの投稿を軸にします。

カオルさんの戸籍上の性は男だ。だが、物心ついた時から違和感があった。中学時代は、学校に先輩のお古の…

 記事のページを開くと、見覚えのある、続くを読むには会員登録、というスタイルでした。無料会員だと月間10件まで閲覧ともありました。別のブラウザで続きを開くことができました。「毎日新聞2016年12月1日 地方版」ともなっています。

許さない:性暴力の現場で/2 性的少数者 「私は女性」に職場鈍く /群馬 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20161201/ddl/k10/040/082000c

 続きを読みで開いた上記のページには、「被害者への支援体制が伴うのか。そして、そもそも「世間の目」が変わるのか。」という文言は見当たりませんでした。

 私は「世間の目」に反応して、エントリーにすることを決めたのですが、それは、理解から遠ざけ世間の目を曇らせているのも、弁護士商売ではないかと考えてきたからです。今年は特に、それ絡みで考えさせられる事件が色々ありました。

 つい最近では、2,3日前に実名公開にされた千葉大の集団強姦事件のことがあります。これも別のエントリーとして取り上げる予定ですが、下調べでは、深澤諭史弁護士やモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士に直近の反応はなしです。

 深澤諭史弁護士とモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは、タイムラインで全てに目を通すようにしていますが、小倉秀夫弁護士のは数が多いこともあり、目を通すことは少ないです。取りこぼしの可能性はあります。

2016-12-09 金曜日 15:42 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<