読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川県警提出書面)我孫子市女児殺害事件と能登小木港の釣り人行方不明者の発見から考える報道のありかたと、野田隼人弁護士のツイート.md

TITLE:石川県警提出書面)我孫子市女児殺害事件と能登小木港の釣り人行方不明者の発見から考える報道のありかたと、野田隼人弁護士のツイート.md
CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,野田隼人弁護士,報道

>> 2017/04/26(水) 11:02:38 >>

石川県警提出書面)野田隼人弁護士のTwitterタイムラインから考える非常上告の刑事手続と憲法問題及び金沢地方検察庁からの連絡、石川県警察の対応.md - 奉納:危険生物・弁護士脳汚染除去装置\金沢地方検察庁御中 http://hirono-hideki.hatenablog.com/entry/2017/04/23/113255

 上記ブログエントリーの続きになります。はてなブログへの投稿はAtomエディタのプラグインを使うようにしているのですが、最初のカテゴリ設定に面倒があったので、先に従来の独自スクリプトで投稿をやってから既存のエントリーをAtomで読み込んで編集するようにしました。

 Atomエディタのプラグインのよいところは、編集を行った上でのアップデートが容易であるという点です。設定で最初の投稿やアップデートをしたときエントリーをブラウザで自動で開くようにしています。そこで目に入ったのが次の前回のエントリーの冒頭に表示された野田隼人弁護士のツイートです。

  • ツイート:nodahayato(弁護士 野田隼人):2017/04/19 16:47: https://twitter.com/nodahayato/status/854602455052693504

    修習生です。松戸の児童遺棄の事件で被疑者が逮捕されました。そのことについてニュースでは、顔も名前も住む地域も、人柄も何もかも洗いざらい報道して… — 自分が弁護人になったときに情報を出さないこと。 ニュースについて言及しないこと。 https://t.co/fSr6w8QPL6

 同じツイートを、数日前に読んだときとは異なる印象を受けました。それもあって次のTwitterの検索で、以前の野田隼人弁護士とのTwitterのやりとりを調べたのですが、検索を実行してみると思っていたよりずいぶんと多いツイートの数でした。

from:nodahayato @hirono_hideki - Twitter検索 https://twitter.com/search?l=&q=from%3Anodahayato%20%40hirono_hideki&src=typd&lang=ja

 検索結果のタイムラインをざっと見たところ、記憶どおりの釣り関係のものがいくつかありましたが、2010年から2013年までという広い対象範囲も意外なものでした。最近は、野田隼人弁護士本人のタイムラインでも釣り関係のツイートは見かけることがなく、ずいぶん経つような気がしています。

 前回のツイートで書いたと思いますが、野田隼人弁護士に対する注目度を飛躍的に上げたのは、深澤諭史弁護士、北周士弁護士、向原栄大朗弁護士らと共著の出版をしてからのことだと思います。その後、ふとしたことからアカウントの一つをブロックされていることに気が付きました。

 野田隼人弁護士に限らず、私は手違いがない限りブックマークの保存から「ツイートと返信」のタイムラインを開いています。普通にアカウントのタイムラインを開くと「ツイート」で、こちらだと「固定されたツイート」がトップに表示されます。

 今朝になって初めて気がついたように思ったのですが、野田隼人弁護士のタイムラインで、次の固定されたツイートを見ました。深澤諭史弁護士らと共著で出版した書籍の紹介が書いてあります。

  • ツイート:nodahayato(弁護士 野田隼人):2016/11/11 12:07: https://twitter.com/nodahayato/status/796912097095356416

    「弁護士 独立・経営の不安解消Q&A」の予約分配送が届いているようです。また,通常購入も可能です。嫌いなあいつの事務所に(ry https://t.co/lc7FzEdN5y

 ついでに深澤諭史弁護士の固定されたツイートも確認してみました。同じ自分の書籍の紹介ですが、野田隼人弁護士らとの共著のものではなく、そのずっと前から紹介している書籍でした。たぶんずっと同じツイートなのだと思いますが、投稿日時を確認すると2014年11月21日となっていました。

 野田隼人弁護士ですが、以前から、たぶんアカウントを知った当初から、滋賀県の弁護士だということは分かっていたのですが、なぜかずっと米原や関が原に近い滋賀県長浜市の近辺をイメージしていました。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「高島市」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%B8%82&ao=a

  • ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2010/07/05 15:19: https://twitter.com/hirono_hideki/status/17771671024

    Twitterを利用する弁護士まとめ 10/6/20版 » 高島市で法律事務所(滋賀 http://goo.gl/IQGy Googleで「弁護士 ツイッター」と検索を掛けると、トップですぐに見つかりました。6月20日付で145人になっているみたいです。

 意外なことに検索結果は上記の一つだけでした。しかし、これがきっかけでさらに調べを進めたところ、次の野田隼人弁護士のツイートが見つかりました。リツイートとなっているのでこの時点ではブロックを受けていなかったようです。

  • リツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>2015/03/06 22:11/2015/03/06 22:10> https://twitter.com/hirono_hideki/status/573833253028634625
    nodahayato (弁護士 野田隼人)> https://twitter.com/nodahayato/status/573832932252651520

    滋賀県は県内総生産あたり弁護士数,人口あたり弁護士数,いずれも少なく見えますが,大津本庁(駅徒歩2分)のある大津駅が京都駅から約10分,大阪駅から約40分であるため,事件の半数を京都・大阪に持って行かれています。県内自治体や事業者の顧問弁護士の半数以上は県外の弁護士です。

 ちょっと勘違いをしていました。発見したのは、次の私のツイートにURLが含まれる野田隼人弁護士のツイートです。

 これもちょっと忘れていたツイートですが、このような弁護士の問題性を感じるツイートは、いくらでもあり、いくらでも出てくるので、いちいち憶えていることも難しい現実です。

 被疑者や依頼者のプライバシーを何より優先しているようにも見えますが、個別の取扱事件を優先する余り、社会の全体的な動向や変化を理解されているのか、理解しなくてよいのか大きな疑問に思えますし、弁護士という業界の利益を優先することでの、不利益のとばっちりに対しても身構えます。

実名報道” from:nodahayato - Twitter検索 https://twitter.com/search?l=&q=%22%E5%AE%9F%E5%90%8D%E5%A0%B1%E9%81%93%22%20from%3Anodahayato&src=typd&lang=ja

 意外なことにTwitterの検索結果は5件でしたが、その前に確認した私のデータベースの登録は2件だけでした。残りのものをデータベースに追加して、まとめのブログ記事を作成しました。

REGEXP:”実名報道”/弁護士 野田隼人(@nodahayato)のツイートの記録(2017年04月26日12時25分・5件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=63207

 次のツイートは、データベースに登録のなかったものですが、一昨年の8月13日のツイートになっていて、なにか大きな事件があったことはわかるのですが、お盆の頃にそんな大きな事件があったのか、ネットの検索に頼らないと自分の記憶では思い当たるものがありません。

  • ツイート:nodahayato(弁護士 野田隼人):2015/08/13 17:26: https://twitter.com/nodahayato/status/631743569993138176

    センセーショナルな事件ではあるが,やはり実名報道には違いないので,よい子の刑事弁護人のみなさんはスルーしましょうね。

 自分のTwilogから次のツイートがみつかりました。ニュース記事に近い情報のリンクは切れておらず、意外なことに報道の当日だとわかりました。犯行後に自ら警察に連絡した事件だったようにも思うので、当日の事件ということにもなりそうです。お盆休みの事件だったとは記憶になかったです。

 高島市の話に戻します。Googleマップで検索をして、なんらかのかたちでツイートに記録が残るようにしておいたと思っていたのですが、そういうものは見つからず、いつ頃に正確な高島市の所在位置を知ったのか、時期を確認することができません。

高島市 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%B8%82

 上記のページで確認したところ、2005年に市町村合併で誕生したようです。初めの合併は2002年で、「高島地域合併協議会を設置(高島郡マキノ町今津町新旭町安曇川町高島町の5町が参加)」という記載があります。

 ここで思い出したのが、「今津」という地名です。それと「マキノ町」という看板も福井県との県境付近で見ていた記憶が残っていました。いずれも国道161号線沿いで、福井県敦賀市から京都市内に至る国道です。昭和59年の頃、金沢市場輸送の4トン保冷車で、とてもよく通った国道でした。

 時刻は13時38分になっています。昼食を済ませてから少しピグライフをやっていました。ちょうどイベントの終了です。食事が終わる頃に気がついたのですが、4月17日と言えば、「帆柱起こし祝唄」を初めて知った日だったように思います。

 宇出津曳山祭が終わった翌日の夕方頃だったように思うのですが、氣になったところからGoogleで、「ミカンの皮 木遣り」などと検索をして見つかったページに、能登の帆柱起こし祝唄、などと書いてあったので、能登でそんな言葉は聞いたことがないと思って調べ初めたのです。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/2017年04月17日 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/date-170417/asc

 上記のTwilogで確認すると、最初に出てくるのは次のツイートになっています。

 次の動画を先に見たように思っていたのです。

 これも自分の記憶とは順番に違いがあるのですが、初めに見たものが「西之表市」で、どこなのかと自分で調べたところ種子島とわかって、いささか驚いたという記憶でいました。種子島と言えば、宇宙開発の前線基地、ロケットの打ち上げ場所として有名です。

 年末か正月にテレビの特集再放送で昼に見た「下町ロケット」というドラマのことも思い出しました。なぜに、鹿児島県種子島の神社で富山県の民謡の踊りが奉納され、それがYouTubeの動画のタイトルになっているのか、不思議に思い、何かの縁のようなものも感じていました。

 さきほど調べで見たページにも、伏木港は昔、全国の13の港の一つに数えられていた、という情報をみましたが、私の感覚では富山県高岡市の海に近い一部となっていました。

 伏木より石川県に近い氷見市が、能登半島の一部として書かれている情報は目にしたことがありましたが、伏木もそうだとは考えもしなかったです。

 伏木には、トラックの仕事で何度か行ったことがあったと思います。中越パルプの大きな工場の敷地も住所は伏木となっていたかと思っていました。確認はしていませんが、その伏木港にも平成4年の1月から3月頃、2,3度、荷物を積みに行った記憶があります。

 もっと伏木の古い町並みの場所に行った記憶もあるのですが、それはトラックの仕事ではなく、平成11年の永久開発の仕事のときだったかもしれません。ちょうど高岡市氷見市の境の辺りに、廃棄物の処理場があり、そこにも何回か同じ仕事に行っていた記憶があります。

 考えてみると、どちらも金沢西警察署と金沢中警察署に逮捕される事件を起こす少し前になります。

 伏木港の辺りも丸太の木材が多く置いてあったと思います。これは七尾市の港でも見かけた光景ですが、宇出津の棚木の海岸も以前は、製材所が多く、あちこちに丸太の木材が置いてありました。現在は機械で乾燥させるので、外の広場に干すことはほとんどないと、これも最近話を聞きました。

 神社に女性が踊りを奉納する、というのは他にも聞いたことがある話だと思いましたが、そういえばパチスロ機とパチンコ機の「伝説の巫女」も「もののけ音頭」という踊りを踊る場面があったことを思い出しました。

 宇出津の曳山祭も棚木の祭りというイメージが強くあります。現在は2台の曳山ですが、私が小中学生の頃は4台出ていたように思います。小棚木の更科という食堂の前辺りに、曳山が集まるのも、この春祭りの特徴の一つでした。

 もともとは宇出津の一部の町内のお祭りだったと聞き、それが何年か前に経費負担が無理になったという理由で中止となり、その一年だけやめたものの、その翌年からは宇出津を二分する白山神社と酒垂神社の氏子のお祭りとして復活したと聞きます。

 4月7日に祭礼委員の事務所開きがあり、年配の人と雑談する機会も多かったのですが、昔は漁師が海での船の漁で遭難して亡くなることが多く、それで曳山の春祭りが中止になることも何度かあったという話を聞いていました。

 昔から曳山祭では、マイクの大音量で4人ぐらいの人が古い唄を歌っていました。聞き取りにくい言葉でしたが、なんとなくわかるのは、「よいやま よいともへ」という繰り返しのある部分です。昔は、「良い友」かとも考えていたのですが、ともは船の「艫」かとも考えるようになりました。

 それが「木遣り唄」だと知ったのも10年ほど前のことで、ネットの情報で初めて知ったように思います。しかし、ネットでYouTubeの動画などを検索すると、東京や長野県など全国各地に木遣り唄があるものの、まるで違った唄としか思えませんでした。

 宇出津の木遣り唄は、七尾市の青柏祭の木遣り唄と基本は同じだと思います。青柏祭では、「よいやま よいともへ」のあと、一拍をおいて「エンヤー」という掛け声を繰り返すようです。宇出津では、あばれ祭りの神輿の掛け声に似た「チョウサー」「ヤッショウ」などを繰り返します。

 他に唄のような部分があるのですが、歌詞はいろいろとあるようです。何を言っているのかさっぱりわからないこともあるのですが、いろいろとパターンがあり、今年は「みかんのきりくちゃ」という部分が、多かったという印象で、頭に残っていました。

 木遣り唄というのは、山で木を伐採し運び出す作業の際の唄だと聞いておりますし、まさにそうしたイメージでした。長野県諏訪市御柱祭のことを知ったのも昨年の2016年が初めてだったと思うのですが、まさにぴったりとイメージの重なるところがありました。

 山のもの、というイメージが強かっただけに、海の漁師の遭難事故で曳山祭が中止になったという話に違和感を感じていたのですが、その今年の曳山祭が終わった翌日に、たぶん生まれて初めて知ったのが「帆柱起こし音頭」であったのです。

帆柱起し音頭(中村 晴悦) 歌詞 富山県民謡 ※ Mojim.com Mojim 歌詞 https://mojim.com/jpy114541x50x13.htm

 有名な曲らしく、宇出津の曳山祭の木遣り唄とは違って歌詞を見つけるのも容易ですが、「アリャアリャ ドッコイショ ヨーイトコ ヨイトコナー」と書いてあります。日本語としてわかりやすい意味にもなっていますが、「良いとこ」というのは、曳山祭の唄の解釈で考えたこともなかったです。

 宇出津の曳山祭は、「宵山」「朝山」「本山」の3つの運行に分かれるという特徴もあり、「よい」は「宵」をイメージするお祭りという感じでした。

 「アリャアリャ ドッコイショ ヨーイトコ ヨイトコナー」と唄う部分は、曲調がほぼ同じですが、それが宇出津と七尾市以外にあったというのが、個人的に驚きの発見でした。珍しいというより、生まれて50年以上も知らずに来たことにむしろ驚いたのです。

 七尾市の青柏祭については、昨年か一昨年、いろいろ調べて勉強をしました。昨年の告訴状にも書いたようにも思いますが、きっかけは朝ドラまれ、の間垣に「ぺ」の一文字、それが気になって調べ大地主神社の「ちゃんぺ饅頭」に至りました。さらにその人身御供の伝説が青柏祭の始まりになったとも。

 あらためて、平成3年の秋から事件当日の平成4年4月1日にかけては、市場急配センターの仕事で何度も七尾市に行くことがありました。例外は休日明け降ろしの荷物で金沢に戻るぐらいでしたので、そのほとんどの運行は、富山県内から関東方面に向かう、能登木材か林ベニアの荷物を積んだものでした。

 他に例外として、和歌山県かつらぎ町から積んだ、ミカンかイヨカンの荷物を七尾市の市場に持っていく仕事もありましたが、あれは夜中に七尾市に市場で荷物を降ろすとすぐに金沢に戻る仕事でした。

 七尾市の仕事が集中したのは、七尾市を地元にする被告訴人東渡好信が市場急配センターの配車係になったからで、そのすべてが七尾市内に本社をおく丸一運輸の仕事でした。栃木県の葛生町岐阜県大垣市から石灰を運ぶ仕事も同じ丸一運輸の仕事と聞いていました。

|会社案内 丸一運輸(株) ホームページ http://truck.maruichi-gp.co.jp/c3.html

 大きな会社だったので、他に営業所などあるのかと思っていましたが、七尾市内以外に会社はないようです。車両台数が95台となっているので、石川県全体でもかなり大きな規模の運送会社なのだと思います。

 私は2回ぐらい、会社の指示で丸一運輸の会社に行き、一度はその会社の古参の幹部のような人物と被告訴人東渡好信の話をしたこともありました。かなり年上にも思えましたが、同じ町内の昔からの強い絆のようなものを感じさせる関係性で、被告訴人東渡好信のことを真剣に心配している様子でした。

 被告訴人東渡好信が不可解な言動を見せるようになり、放心状態や精神病をうかがわせるような態度ふるまいを見せたり、無断欠勤を繰り返していた時期のことです。目的通り市場急配センターの配車係におさまったと見えて、しばらくしてからの変化でした。平成4年に入ってからだったと思います。

 こまかい事実関係は記憶の減退で思い出せなくなっているのだと思いますが、事件の鍵を握る人物であり、計画の筋書きを描いた脚本家、被告訴人多田敏明や被告訴人安田繁克、被告訴人安田敏という役者を操った指揮者のような男です。

 東渡好信という名前は、市場急配センターの1階休憩室に、火元責任者という札があって、そこに書かれた名前でした。普通に東渡とも呼ばれていましたが、一部で輪島市の浜上さんなどは彼を「さんちゃん」とも読んでいました。一度ふしぎに思い浜上さんになぜかと質問したのですが答えはなかったです。

 被告訴人東渡好信と輪島の浜上さんは二人一緒に金沢市場輸送に入社したのだと思います。平成3年の10月ころだと思いますが、当時は私も長距離の仕事で、毎日会社に顔を出していたわけでもないので、姿を初めに見たのも、入社からいくらか遅れた時期であったとも考えられます。

 その被告訴人東渡好信の金沢市場輸送への入社については、以前、金沢市場輸送の社長兼配車係となっていた本恒夫が運転手をしていた当時、石巻から鹿児島などに養殖魚のエサを運ぶ仕事をしていた頃、ちょくちょくフェリーで一緒になっていた運転手仲間だったという話でした。

 被告訴人東渡好信は、以前七尾市の共栄運輸の保冷車に乗務していたとも話していました。共栄運輸がエサの仕事をしていたという話は、他に聞いたことがなかったのですが、事実だとすればその可能性が高そうです。

 今から4,5年前の頃は、小木港の漁協の駐車場で、6トン車をよく見かけていましたが、それ以来、共栄運輸のトラックを見かけたことはありません。小木港での保冷車の仕事というのは、ほとんどが船凍イカの仕事になるのだと思います。地元では組合とも呼ばれていますが、市場のような別の建物です。

 「七尾市 共栄運輸」とGoogleで検索してもタウン情報のようなものしか見つかりませんでした。画像検索でも、昔見ていたようなドラックの写真は見当たりませんでした。保冷車の後部の扉にはお祭りの太鼓の紋様が描かれていたという記憶もあります。左か右の三つ巴の紋様です。

 以前、七尾市の保冷車としてよく見かけていたのは、この共栄運輸と小林運輸でした。共栄運輸は鮮魚や冷凍魚を専門にする感じでしたが、小林運輸はカニカマを開発したことで有名な魚肉加工練り製品のスギヨの専属運送会社だと聞いていました。

 この練り製品は、おでん種として宮城県塩釜市に沢山の会社がありましたが、それを鮮魚と一緒に混載で運ぶのも金沢市場輸送の東北便の仕事でした。金沢市場輸送の東北便は、塩釜市の本社と石巻市の営業所の東北陸運と塩釜市の宮城陸上の仕事でした。

 当初、金沢市場輸送での宮城陸上の荷物というのは福井中継分だけだったかと思います。とにかく金沢分の荷物は他に宮城陸上の大型車が毎日一台出ており、金沢の市場で荷物を降ろしてからは、七尾市に行ってスギヨの荷物を積んで塩釜に帰ると聞いていました。

 そのうち宮城陸上の北陸便はすべて金沢市場輸送の仕事となり、宮城陸上の自社のトラックが金沢に来ることはほとんどなくなったのですが、その宮城陸上の仕事として七尾市のスギヨから荷物を積んで、塩釜に運んだり、東京にも運んだことがありました。一時的な仕事で長くは続かなかったと思います。

 現在はどうかしりませんが、以前の七尾港のイメージというのは、鮮魚というのはほとんどなく、木材の港というイメージが強くて、テレビなどでもロシアから木材を輸入しているという話を見たことがありました。七尾港にも魚市場はあるのかと思いますが、仕事で行ったことは一度もありませんでした。

 七尾市と言えば和倉温泉が全国的に有名で、七尾市より和倉温泉の方が知名度も高いかもしれません。私は長距離の仕事で全国の温泉地も巡ることがありましたが、和倉温泉は全国的にもかなり規模の大きな温泉地だと思います。漁港としては隣りにある石崎が有名ですが、大きな魚市場ではなかったです。

 石崎は横綱輪島の出身地としても有名ですが、石川県出身の横綱ということで輪島の出身と勘違いされる向きは、同じ石川県内でも多かったように思います。

 輪島関が横綱として活躍したのは、私が中学生の頃で昭和50年代前半でした。

企業情報|輪島屋鮮冷(株) http://wajimaya.co.jp/company-outline.html

 久しぶりに思い出して輪島屋鮮冷を調べてみたのですが、保留車両279台となっています。本社と思われる所在地がいつの間にか金沢市神田1丁目となっているのに驚きました。隣接して新神田もあるのでややこしいのですが、労働基準局の入った法務局のあるあたりではないかと思われます。

 私が金沢市で住んでいた東力にも近いですが、神田は金沢市内の中心部にも近く、国道8号線からは外れるので、大きな運送会社の立地としてはどうなのかという疑問もありますし、土地の値段も高そうです。

 ホームページの沿革に、昭和60年4月金沢市神野にて設立とあります。これは西インターの近くの国道8号線沿いで普通のアパートの一室を事務所にしていました。私は宇出津の一つ後輩の面接に付き合って、その事務所に入ったこともあったのですが、アパートの会社は当時他に見たことはなかったです。

 時刻は19時49分になっています。小雨の降る中、バイクで銭湯に行き、Aコープ能都店で少し買い物をして戻ってきましたが、そのあと倉木麻衣の古い曲のメロディがなぜか頭に浮かんで離れず、曲名はわからず英語の歌詞が多かったとも思ったのですが、YouTubeで調べていました。

倉木麻衣 「Reach for the sky」 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=St_6IUU9sko

 上記の曲がそうかとも思いましたが、一度この曲のメロディを聴くと、前に頭に浮かんでいたメロディが消えてしまい、はっきり同定できなくなってしまいました。懐かしさともの悲しさを感じる曲です。

 時刻は20時33分になります。もう一つ。さきほどAコープ能都店で半額で買ってきたたらのめの天ぷらを食べながら、昨日の25日に録画していたNHKの「かがのとイブニング」という番組を見ていたのですが、藁葺やねの本堂というのを多分、これも生まれて初めて目にしました。

能登・阿岸本誓寺「アギシコギクザクラ」七変化の桜 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=hzjtvcoAOqQ

 上記はネットで調べた動画です。「アギシコギクザクラ」というのは山桜の一種ということですが、名前も初めて知りました。そういえば、桜も終わって、宇出津の近辺では「ノトキリシマツツジ」の赤い花が咲く時期かとも思いましたが、正確な時期は知りません。

石川県は「菊桜」の宝庫。石川県ならではの、ちょっと遅めのお花見はいかが?【お店ばたけ風だより】 - ISICOお店ばたけブログ http://www3.omisebatake-isico.com/blog/2009/04/0904kikuzakura.html

 菊桜という名前自体初めて知りましたが、上記のページによるとなぜか石川県に多いとのことです。4月下旬から5月上旬が見頃と書いてありますが、そういえば宇出津の万寿山の近くでも、5月の初め頃に満開となる桜を見たことがありました。その後見ていますが、初めて気づいたのは平成21年です。

 2009年は、3月15日に羽咋市のアパートを引き上げて宇出津に戻ってきて、その日は松波の職業訓練校で職業訓練の入所式を終え、バスで宇出津駅に戻ってきた帰り道に、ふとその桜のような満開の花の木を見たように記憶しています。気になって近くに行き、デジカメで撮影もしたように思います。

 菊の花と言えば、年末にハウス食品のCMで知った「庭の千草」という曲を調べて、その歌詞の中に「白菊」があると知って、考えることもあったのですが、菊と桜が一緒になった「菊桜」という言葉があること自体、生まれてこのかた今日まで知りませんでした。50年を過ぎても色々発見があるものです。

東京新聞:「横浜事件」の発端、富山の旅館 「共謀罪」戒めの地に:社会(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017041202000221.html

 もう一つ本題から外れますが、ブラウザのクリック操作の手違いで3つのページがグループ化され、その一つが深澤諭史弁護士のTwitterタイムラインだったのですが、またクリックの操作でミスをしてページを消してしましました。

 グループ化された他のページも消そうとクリックしたところ出てきたのが、上記の「共謀罪戒めの地に」という記事です。富山県朝日町の老舗旅館と書いてあります。昭和59年当時、北陸自動車道はその朝日インターが新潟方面に向かう最終出口となっていました。

 記事には「金沢市の市民団体「石川県平和委員会」が募った「平和の旅」の一行二十八人。」とも記述があります。あらためて記事を見ると、東京新聞の記事になっていました。逆転現象にも思えるのですが、東京新聞中日新聞の子会社だという情報を数年前にネットで見ています。

 そういえば、先ほどのYouTubeの動画で、石碑に谷本石川県知事の名前がありました。石川県の出身者ではないと聞いたことがありますが、郷土愛の強い精力的な知事という印象です。テレビで、熱中症でぶっ倒れる場面の映像を見たことが何より印象的です。限界を超えて我慢されていたようです。

 朝日インターの周辺というのは建物も店も殆ど無いような田舎道でしたが、その先に越中宮崎というところがあって、そこは国道8号線沿いにドライブインがたくさん並んでいて、名物にタラ汁という看板が多くあったと記憶しています。

 まだ2,3ヶ月前だと思いますが、テレビの旅番組で、その越中宮崎のタラ汁のドライブイン、調理場の様子など見る機会がありました。最大限の強火で煮るのがこつだと紹介されていましたが、味噌は煮立てるなというのが鉄則だと思い込んでいました。そのタラ汁も味噌をつかっていたよう思います。

 越中宮崎の先は上り坂になっていて、どのあたりか正確な記憶にないですが、その先には家などなく、新潟県の県境の看板が出てきたと記憶にあります。その上り坂の先が、親不知でした。親子でもかまっていられないほど、波が危険な難所という歴史になっていました。

 時刻は21時53分になっています。台所で、久しぶりに鍋焼きうどんを作って食べていました。小さい土鍋で、Aコープ能都店で買ってきた稲荷をたれごと入れたので、かなり甘くなっていました。

親不知 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E4%B8%8D%E7%9F%A5

 上記は中断前に開いて読んでいたページです。

 子どもの頃、忘れた頃に母親が鍋焼きうどんを作ってくれることがありました。年に数回程度だったと思います。丼も同じでしたが、ずいぶん甘口だったことが印象に残っています。母親の味覚だったのかと今は想像をしますが、とにかく甘すぎると感じていました。

 湯豆腐というのはもっと頻度のある食事のメニューだったと思います。バクチダイ(バクダイとも。カワハギのこと)かフグが入っていましたが、鍋の真ん中に大きな湯呑みに醤油のたれのようなものがあって、それがものすごくしょっぱく辛かったこともよく憶えており、他の料理の甘さとは両極端でした。

 上記のWikipediaのページに、「壇ノ浦の戦い後に助命された平頼盛」のことが書いてありますが、これは過去に見たという記憶がありません。親不知子不知は時間的な余裕もあってか、観光地の駐車場にトラックをとめて、石碑の文章を読んだという記憶があります。

 その親不知子不知で思い出したのは、小さい子どもの頃、辺田の浜と宇出津の上田町の間にあるトンネルが古く狭いもので、とても怖い思いをしながら母親とそこを歩いて通っていたことです。トンネルの長さは今とほぼ同じで50メートルもないぐらいだと思いますが、とても危ないと感じていました。

 夜の暗い時間にそのトンネルを母親と通るのは、今日も行ってきた宇出津の新町の銭湯の行き帰りだったと思います。その後、まだ辺田の浜に住んでいる頃に、横に歩行者用の立派なトンネルが出来て現在もそのままになっていますが、不思議とそのトンネルの工事の様子は全く記憶にありません。

 時刻は22時10分ですが、テレビの報道ステーションで、「#東北でよかった」というTwitterハッシュタグのことが紹介されています。銭湯から戻ってきてからだと思いますが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインで、その話は見ていました。

 今日のテレビは、今村復興大臣の辞任のニュース、話題が多く、どれもこれでもかと思えるぐらい、否定的で批判的なものばかりでした。人間としての性根が透けて見える、という趣旨のものがいくつかあり、とにかくおしなべて一致した批判ばかりでした。

 ネットでとりわけ印象的だったのが、次の落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートです。

 ここに二階氏という自民党幹事長という名前がありますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)の人生に大きな影響を与えたばかりの人物とも思えるので感慨もひとしおでした。森友学園の園長と同じく梯子を外されたという評価もネットで散見されましたが、自民党出馬の意向という話題でした。

 それ以前の段階で終わったのか、テレビでその落合洋司弁護士(東京弁護士会)の自民党公認で出馬という報道を見ることはなかったですが、過去のツイートとの変節が大きすぎるとか、何かと参考になることが大きな現象でした。同業者に対してもブロックを乱発したらしく益々理解を超えた存在感でした。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)と言えば、歴史にも造詣が深い読書家で、札幌の書店で事故があったニュースであったように記憶していますが、本に埋もれて死ぬのなら本望とまでブログに書いていた読書家のようです。NHK大河ドラマの評価もブログなどでやっていて、今年のものも酷評していました。

 昨年の真田丸は高く評価をしていたようです。私は史実からかけ離れた想像性の盛り込みが強すぎる気がして、まもなくほとんど見なくなりました。その前から中学生の頃に全話を見た平将門大河ドラマ以来は、大河ドラマ自体に関心がなく、ほとんど見たこともありませんでした。

 その大河ドラマに対する印象がいくらか変わったのは、2009年の直江兼続を主人公にした大河ドラマで、そのときに直江兼続という歴史上の人物の名前も初めて知ったのですが、殺伐として戦国時代になぜ兜に愛という一文字を掲げたのかという点には関心を持ち、それでも未だ調べたことはありません。

 その2009年は先にも書いたように羽咋市での生活から宇出津に戻ったところで、曳山祭を見たのもずいぶんと久しぶりで小中学生の頃以来かと思ったのですが、その曳山のテーマの一つが、その年の大河ドラマ直江兼続となっていました。

直江兼続の功績と愛の兜の意味!! | 大河ドラマ セレクト日本史 http://pleasure-bit.com/1513.html

 検索から上記のページに目を通しましたが、愛宕権現愛染明王の話は、以前ネットで読んだことがあると思い出しました。越後の上杉家が会津に国替えと書いてあることで、歴史の経過をすっきり納得することが出来ました。前田慶次と関係があったことも以前テレビで見たことを少し思い出しました。

直江兼続の兜の愛の由来や意味とは | ひすとりびあ http://historivia.com/cat5/naoe-kanetsugu/223/

 上記のページもざっと目を通しましたが、これも新たに思い出したことがありました。現代の裁判にも通じそうなもので、「遺族の首をはね、それを晒し首にし首の横の立て札には「この者達を使いに出すので使用人を返せ」と閻魔様への嘆願書を書いた」という部分です。

 こちらのページでは、会津ではなく米沢に国替えになったように書いてあり、その方が自分の歴史の知識として納得のいくところがあります。会津福島県で、米沢は山形県だったと思います。なんどかトラックで国道13号線米沢市を通過したこともありました。南陽市から福島市寄りだったと思います。

 金沢から仙台に向かうには、新潟の村上市の手前、確か荒川という交差点から国道113号線に入り、小国町から南陽市国道13号線に出て、山形市に向かい、そこから宮城県内に入って行きました。時にその先の天童市から国道49号線を使うこともありましたが、256号線だったかと記憶しています。

 今日まで調べていなかったと思っていた愛という兜の意味でしたが、いざ調べてみると、以前読んだ情報ばかりで、たぶん検索を実行していたのだと思いました。官本で読んだ上杉鷹山という人物も米沢藩を救った功績となっていたように思います。

 直江兼続について調べていると春日山という地名も出てきましたが、これはテレビの番組で、林修先生が歴史上の人物の一押しとして紹介していた幕末の河井継之助のことを思い出しました。長岡市にあるとその番組で見たように思いますが、確認はしていません。

 本日、ネットで親不知子不知について調べたところ、そちらも糸魚川市内であるように知りました。トラックの仕事をしていた頃、新潟県の郡部の住所として記憶にあるのは、頸城郡と蒲原郡の二つです。どちらかが上越市に近い柿崎の辺りで、他方が村上市の先の山形県との県境だったと思います。

 先に、能生町糸魚川市だと知って意外に思っていたのですが、市町村合併であとにそうなったという可能性もあるかと思います。

 先の親不知のWikipediaのページには、「1988年(昭和63年)7月20日には北陸自動車道が開通した。」とも書いてありました。これを見ると昭和63年の1月の段階では開通しておらず、国道8号線の親不知を通るしか選択はなかったことになりそうです。

 昭和59年、事故か自然災害で、その国道8号線の親不知が通行止めになり、鮮魚の定期便で新潟に向かうのに、名古屋から中央道経由で長野市まで出て、そこから国道18号線上越市に出て新潟市内に向かったという経験がありました。予想を超えた時間がかかり大変な思いをしたという記憶があります。

 昭和63年1月というのは次男が生まれた頃で、朝方に地図でみた会津磐梯山から福島市内に出る国道を使おうと走ったところ、山の頂上付近まで行って、通行止めの看板が出て道の選択に後悔したという思い出があります。金沢市神田のお好み焼き屋に遅い時間まで二人でいたことも憶えています。

 新潟市から福島県郡山市に出るのは国道49号線だったように記憶しています。金沢からだと五泉市という辺りから安田町に出ていたような記憶もありますが、一度だけ新潟市内からそちらに向かったこともあり、国道沿いから亀田製菓の工場を見たようなことも、薄っすらと記憶に残っています。

 その国道49号線ですが、冬場に新潟、福島の県境を超えるには難儀した思い出もあります。坂が急な上長く、積み荷が前方に偏った重量だとチエーンを巻いても登りきれないことがありました。他に同じ経験をする坂はなかったと思います。難所として有名なことはなかったですが、個人的な経験談です。

 その国道49号線で会津若松市の先には、猪苗代湖がありました。観光地のようになっていましたが、その先に、野口英世の生家があり、屋上屋を架すの文字通り、古い家の上にコンクリートの建物があったように思います。私が子どもの頃は偉人として特に有名で、親孝行でも知られていた人物でした。

野口英世 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E8%8B%B1%E4%B8%96

 上記のページにところどころ目を通したところ、51歳で亡くなっていたと知りました。以前にも見たことのある情報かと思いましたが記憶にはなかったものです。

 「彼自身も借金を繰り返して遊郭などに出入りする悪癖があったことから強い衝撃を受け、」、英世という改名に至ったという部分は意外なエピソードとして初めて知ったように思いましたが、ドイツの哲学者ニーチェにも似たような逸話があったことを思い出しました。

 同じ福島県ということで、昨年の年末に火災で亡くなった広野町の高野病院の院長のことも思い出しましたが、自堕落とは思えないもののタバコを吸っていたテレビの場面のことも思い出しました。喫煙に対して強い攻撃性を加えていたのも、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のブログの一面でした。

 国道49号線で郡山市に向かうのは、郡山市に荷降ろしがある場合と、太平洋に近いいわき市内に向かう場合がありました。いわき市に向かったことは数回しかなかったと思います。郡山市での荷降ろしは、中越運送の定期便がほとんどでしたが、毎日の定期便ではなかったように思います。

 中越運送の積荷は、珍しく松任市内でした。現在は白山市となっています。その中越運送の支店で、50歳で引退した金沢市場輸送の運転手と再会することもありました。ブッチャーのような体型で、珠洲市の見附島の近くの周辺の出身と聞いたこともありましたが、寡黙で孤独そうなな人でした。

 昭和59年当時、50歳になって長距離トラックの運転手をしているのは、とても珍しいとも聞いていましたが、金沢市場輸送に入社して間もない頃、京都方面から大型の平ボディ車で、滋賀県今津町に向かっているとき、助手席に乗っていて、運転のその人が完全に居眠りをする様子を横で見ていました。

 急遽、今津町に向かっていたのですが、それは当時金沢市場輸送の配車係をしていた蛸島の北浜太一さんの弟が追突事故を起こし、積んでいたバナナの荷物の積替えに、今津町の自動車工場に向かったと記憶しています。

 その今津町だと思いますが、ものすごく古い冷蔵庫の会社があって、そこに昼間にちょくちょくと荷物を運んでいたという記憶もあります。とにかく他に見たことのないような古い建物の冷蔵庫で、歴史のある酒造工場というイメージがより強く、それが新潟の酒造りのイメージも繋がっていました。

 私が金沢市場輸送に入社して長距離トラックの仕事を初めて始めたのは昭和59年の1月の中頃だったと思います。4トン保冷車でしたが、当時の仕事のメインは、丸中水産という仲買の仕事で、新潟への市場の休み以外毎日ある鮮魚の定期便でした。

 その鮮魚の新潟への定期便は、直江津、長岡、小千谷、そして新潟市内の魚市場の4箇所が必ず卸先となっていました。当時はまだバブル景気前の不景気な時代でもあったので、高速道路の使用は大きく制限され、定期便で許可されたのは、上越市の先の柿崎インターから新潟市内方面のみでした。

 当然に、富山県内は全部、国道8号線のいわゆる下道で、帰路は空荷も多かったように思いますが、高速の使用は一切認められていませんでした。その定期便の運賃は5万5千円と聞いていたような記憶もあります。

 他に多かったのは大阪、神戸方面への運行でしたが、これはブロイラーや油揚げなど小口の荷物の混載でした。荷物の積み始めは鮮魚の新潟便の帰路で、糸魚川市の青海の国道8号線沿いの団地のような建物の会社から油揚げを積み込むということもありました。

 青海は「おおうみ」あるいは「おおみ」と読んだように記憶していますが、Mozcでは変換候補が出てきませんでした。姫川の河口は青海よりさらに、親不知や富山県との県境に近かったとも思います。

 富山県内の数カ所で関西行の荷物を積み込み、森本の大鶏のブロイヤーや金沢市内の高畠でも油揚げの荷物を積んで、さらに夜の遅い時間には加賀市内の山代温泉の近くでも油揚げの荷物を積みました。荷降ろしも真夜中に京都府内の向日市から始めることが多くありました。

 大阪、神戸への運行では、帰りの荷物も小口の数カ所積みが多く、他に例外の記憶がないぐらい帰路も国道161号線を走っていました。それでも今津市の付近まで来るのは明るい昼の時間帯が多かったとも記憶しています。当時の給料は総額で20万円とも決まっていました。

 月の売上が80万円を超えると20万円の固定給から歩合がつくという話にもなっていましたが、私がいた昭和59年10月の段階では売上が80万円を超えて歩合がついたという話を聞くことはありませんでした。

 翌年の昭和60年には、同じ4トン車ですが、中西運輸商で売上が178万円になったと聞くこともありました。それでも給料が30万円になることがなく、金沢市場輸送の大型車の給料が30万円と聞いていて、それがすごい大金だと思える時代でした。

 平成3年の9月から始めた市場急配センターの長距離の仕事では、歩合に関わりなく会社の指示通りの運行をして50万円の固定給となっていましたが、一箇所の積み下ろしも多く、昭和59年当時の4トン車の仕事内容とは比較にならないほど楽と感じていました。

 同時に4トンウィング車の仕事をしていた被告訴人多田敏明の給料が30万円を超えるという話を聞いたことがあり、それを被告訴人東渡好信が若いものを甘やかし過ぎだと批判していたこともありましたが、4トン車で苦労したのも財産で、楽な仕事をさせてもらっているという思いも噛み締めていました。

 その比較にならないほど楽だと思っていた市場急配センターの長距離の仕事も、被害者安藤文さんのことで、ものすごい負担を感じるようになり、大事故を起こす危険性も痛切に考えるようになり、それも平成4年4月1日の事件を起こす大きな要因の一つとなりました。

 そういう負担を意図して最大限に掛けてきたのも、トラック運転手として経験が豊富だった被告訴人東渡好信の悪知恵だったと、信じて疑いの余地はありません。

 テレビに目をやると、いつの間にか日付も変わっていて0時56分となっていました。4月27日です。本日は2つ大きな予定があります。

 そろそろ小木港での釣り人の転落事故のことに移りますが、月曜日の24日に小木港の東一文字堤防にアジ釣りに行ったとき、行方不明になっていた釣り人の遺体が新潟県で見つかったという話を、顔見知りの輪島の人に聞きました。

 新潟県としか聞いておらず、まったくの初耳だったので、佐渡ヶ島の定置網のようなものを想像していたのですが、当夜家に戻ってからネットで調べたところ、能生町の底引き網から発見されたと知りました。

 地元で話を聞くことは全くなかったので不思議に思っていたのですが、ネットで調べた情報も新潟県内の一部地域の2件のニュースのみでした。

 つまり石川県でのニュースは全くなかったことになり、知らなかったことにすごく納得がいきましたが、17日の午後1時の発見ということで、報道のあり方に疑問を持つようになりました。

 その時、ネットで調べた状況は、スクリーンキャストの動画として保存し、YouTubeにアップロードしています。

2017年04月24日23時15分42秒/記録資料/能生沖で発見された遺体 身元確認 | 上越妙高タウン情報 https://www.youtube.com/watch?v=8bAoGTxCdlY

 人の白骨遺体が底引き網に掛かったという話は、過去に二度ほど石川県内のニュースで見た記憶があったので、当初はさほど驚きもしなかったのですが、以前見たものは金沢港沖かその近くだったと思います。

 能登富山湾に面した内浦で、水死体が見つかったという話はいくつか聞いていましたが、行方不明のままと聞いていたのは今回の件が初めてで、失踪を偽装した可能性まで想像し、人に話したこともあったぐらいです。過去に水死体が発見されたのもいずれも近辺だと聞いていたからです。

 時刻は1時33分です。パソコンがフリーズで固まりマウスも動かなかったので、強制的に電源を切り、起動のし直しをしました。

 小木港から新潟県能生町までは、直線距離で100キロも離れてはいないと考えていますが、広い海で、と書いた部分まで#のついた自動バックアップと思われるファイルで復元することができました。

2017-04-27_01.27.28.jpg

 上記のスマホで撮影した写真は、フリーズ時の状態です。これを参考に続きを書くことにします。

 小木港から新潟県能生町までは、直線距離で100キロも離れてはいないと考えていますが、広い海で2月3日の転落事故から二ヶ月半ほどで発見されたというのも偶然とは思えない に宇出津曳山祭の翌日に発見されたことで、さらに思いを強くしました。

 昨年の宇出津曳山祭では、強風で曳山が横転するという前代未聞の事故もありましたが、曳山祭が終わってから初めてアジ釣りに遠島山公園に行ったとき、いくもバイクをとめている場所のすぐ側で、動かない蛇が待ち構えるようにいたということもあり、神のお使いとも思えました。

 その蛇のことは、たぶんスマホで撮影したと思う動画としてYouTubeにアップロードしていると思います。たぶんスマホと書いたのは、当時はまだデジカメも携行し使うことがあったかもしれないと思うからです。そのデジカメを使わなくなった理由は、撮影時刻の不正確性です。

2016-05-13_16.51.56_遠島山公園の蛇、恵比寿の堤防でのアジングを予定変更で小木港へ.mp4 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=y2ExJmrGwrY

 ずいぶん久しぶりに動画の再生をみましたが、やはり近寄って撮影を開始しても蛇はまったく動かず、やはり死んでいるものと思った頃に、ゆっくりと動き出しました。その後も動きもゆっくりに見えましたが、その割に移動の時間が早いとも思いました。

 ファイル名をみると5月13日の撮影となっています。同じ日には同じくTwilogで見たツイートとして、遠島山公園の入り口付近でのノトキリシマツツジの写真もありました。

 こういうことを書くと、気味悪く思われ、人を遠ざける可能性が高いことも承知をしていますが、じょじょに考え方を変え、それが仮に神の意思だとすると、それを放置することは、さらなる犠牲を呼ぶことにもつながりかねず、犠牲を粗末にすることにもなると考えるようになったのです。

 昨年の曳山の横転事故では、同じ町内の30代の若者が片足を失いました。その白山神社の曳山のテーマが、「仙台高尾身請け話」でしたが、今年の曳山祭の前、その仙台高尾が高尾大明神とも呼ばれ、戦災で大きな打撃を受けた東京の小さな神社でまつられていることも、初めて知りました。

 昨年調べたのと同じネット上の情報でしたが、より時間をかけた昨年の検索で、そのことがまったく見つからなかったのも不思議なことで、果たして偶然なのかと考えました。3月10日の能登高校の女子高生が被害にあった殺人事件のあとだったと思います。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「仙台高尾」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E4%BB%99%E5%8F%B0%E9%AB%98%E5%B0%BE&ao=a

 意外なことに「仙台高尾」の検索結果は上記のTwilogで4件のみで、昨年の2016年と今年の2017年で2件ずつとなっていました。「高尾大明神」というキーワードは予想外になかったようですが、3月21日に初めて知ったものとうかがわれる検索結果でした。

 仙台高尾のお話も、昨年は後世の作り話という説をいくつかネットで目にしていた記憶があります。そういう歴史の否定のしかたは、小倉秀夫弁護士に何度かみられた傾向でもありましたが、先ほどの直江兼続直江状というものの話を、初めて知ったのも小倉秀夫弁護士のツイートでした。

 歴史上の物事を実に軽く断定的に肯定するのも小倉秀夫弁護士の特徴であり、その最たるものの一つがいわゆる朝鮮半島での慰安婦問題です。先の大戦における犠牲も全て無駄死にだと小倉秀夫弁護士は力強く断定をしていました。

 特異な戦争観は、深澤諭史弁護士にもみられてきた特徴であり、小倉秀夫弁護士より特異性があるのではと考えたこともありました。独自のハッシュタグをつけていたのも深澤諭史弁護士の特徴です。「太平ロー戦争」というようなものであったと思いますが、最近は見かけていません。

参考資料:「太平ロー戦争」をキーワードに含む「深澤諭史弁護士(@fukazawas)」のツイート(2015-03-12 12:49〜2016-05-17 14:03)「1/18」件 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=43801

参考資料:「太平ロー戦争」をキーワードに含む(法クラ・弁護士・ジャーナリスト関連)のツイート(1アカウント、18件、 2015-03-12 12:49〜2016-05-17 14:03)「1/18」件 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=46011

 現在メインにしているWordPressのブログから検索すると、上記二件のエントリーが過去のまとめとして見つかりました。

 弁護士あるいは法律家となった不遇を期待はずれの強い不満として募らせ、それを太平洋戦争における犠牲や理不尽と同列において独自のものを生み出したようですが、戦後から遠くない時代を子ども心に生きた世代としても、遥かに理解を超えたものとして見てきましたし、記録の必要性も強く感じました。

 そのような深澤諭史弁護士と共著の出版まで行ったのが、このエントリーの主役でもある野田隼人弁護士や、北周士弁護士、向原栄大朗弁護士なのです。もう一人いて、自らの情報の消去法からそれ以外にないのですが、匿名ではあるものの「過食弁護士」というアカウントの存在もあります。

 時刻は4月27日9時41分になっています。7時前に目がさめたのですが、起きてテレビをつけたのが7時58分でした。チャンネルはテレビ金沢で、8時から情報番組スッキリが始まりました。失言で辞職した復興相か痴漢で線路を逃走して逮捕された事件が、始まりになるものと予想していました。

 実際に始めになったのは、無痛分娩での妊婦の死亡事故でした。こういう医療事故の報道も以前に比較するとずいぶん少なくなったと思いながら番組を見ていましたが、すぐ思い出したのは福島の大野病院事件で、初めてモトケンこと矢部善朗弁護士のブログを見た頃に中心的に取り上げられていた問題です。

 志布志事件のこともありましたが、そのモトケンこと矢部善朗弁護士のブログでは、医療問題をよく取り上げ、実際の医師の人なども参加してコメント欄で議論をしていたようです。たぶん医療崩壊とも呼ばれた時期で、地元の宇出津病院でも危機的な状況という新聞記事を読んだことがありました。

 他に、昨夜、気になっていた次の深澤諭史弁護士のツイートを、野田隼人弁護士がタイムラインでリツイートしていました。これも取り上げておく必要性を考えるツイートで、関連したものが3つほどありました。

  • ツイート:fukazawas(深澤諭史):2017/04/26 14:04: https://twitter.com/fukazawas/status/857098148350754821

    https://t.co/KMJJD51Ai1 本当にこれ。 特に,専門知識やそれに基づく助言や判断,情報といったものについて,習得はおろか,検討したり回答するのに費やす労力に何らの敬意,いやそれ以前に理解をしていない者が多すぎる。

 上記の深澤諭史弁護士のツイートで、URLを引用されているのは次のツイートです。

  • ツイート:penology_nagata(Kenji NAGATA):2017/04/19 12:07: https://twitter.com/penology_nagata/status/854531965080412160

    他者の専門性に敬意を払わない人とは極力距離をとることが大切だと思います。自分の専門性が買い叩かれたり、無償で提供せよと迫られたりする可能性がありますし、格安or無償で提供しても感謝されません。それどころか、そういう人たちはよい仕事をしようとする気概もなければ能力もまずありません。

 ついさきほどツイートのURLをコピーするときに初めて気がついたのですが、見覚えのある大学の法学部教授のアカウントでした。ブロックもされているはずです。

 死刑制度について三重県四日市市の辺りの学校で講演する予定だったものの、無下にキャンセルをされたような話で、抗議文のようなものをアップロードしていたような記憶があります。

 詳しい内容な憶えていないですが、三重県のその辺りというのは、それより数年前に花火大会の帰りに女子中学生がわいせつ目的の被害にあい殺害された事件があり、その後、確か卒業式の前後の男子高校生が逮捕されたという事件がありました。

“学校” from:penology_nagata - Twitter検索 https://twitter.com/search?f=tweets&q=%22%E5%AD%A6%E6%A0%A1%22%20from%3Apenology_nagata&src=typd

 三重で検索しても該当はありませんでした。このTwitterの検索の画面が一部変更され、メニューが増えていることに気が付きました。

 「学校」でヒットしたのも4件だけで、いずれも組体操に関するもので、そう言えば初めて組体操の問題を知った頃、他の弁護士もその組体操の問題をツイートすることが多かったのですが、その流れか何かで、このアカウントの存在もしったという経緯だったと思います。

 「関西大学 永田憲史 三重」とGoogleで検索すると、次のPDFファイルが見つかりました。ホームページのようなタイトルの取得は出来ず、ファイル名となっているようですが、「三重県四日市高校及び三重県教育委員会とのやり取りについて 平成 28 年 11 月」などとなっています。

201611.pdf http://www.eonet.ne.jp/~penology/0/201611.pdf

 死刑という究極の刑罰の専門家であるだけに、考えさせられるところも大きいのですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のブログのコメント欄から追い出された理由も、「死刑執行と検察官」をテーマにした問題で、宇出津のしらさぎ書店で買った本の内容に関することでした。

三重中3女子 強制わいせつ致死犯 元少年(20) 親子とも反省無し 不定期刑 http://abhp.net/news/NEWS_99999780.html

 確認のため調べた上記のページにざっと目を通しましたが、光市母子殺害事件に似ている点がいくつかあると感じました。不定期刑で5年から9年の懲役となったとのことです。

 テレビで報道をみたときの感想では、近所の評判などとして被疑者の少年は父親ととても仲が良かったなどということが記憶に残っていました。上記のページでは、家族で不誠実な対応をして加害者家族とこじれたようです。被告は弁護士をつけず、被害者の方が代理人弁護士をつけたように書いてあります。

 他に、起きてから氣になったツイートは、ジャーナリストの江川紹子さんのタイムラインでの一連のものでした。刑事弁護や冤罪に対する本質的な問題が含まれていると感じました。時間を掛けて取り上げておくべきか、迷うところです。

  • ツイート:amneris84(Shoko Egawa):2017/04/26 21:32: https://twitter.com/amneris84/status/857210724799594496

    電車内の痴漢容疑で逃げて捕まった男性が逮捕。本人は否認。なのに、逃げたことに「人としてどうかと思う」のコメント紹介したNHK。痴漢冤罪のことに全く触れないのは、報道機関としてどうかと思う。

  • ツイート:amneris84(Shoko Egawa):2017/04/26 22:02: https://twitter.com/amneris84/status/857218313360883713

    今日のNHK9時のニュース内の電車内の痴漢・逃走についての報道は、日弁連が正式抗議してもいいレベル

  • ツイート:amneris84(Shoko Egawa):2017/04/26 23:19: https://twitter.com/amneris84/status/857237705523998720

    TBSも、痴漢を疑われて逃げる行為がいかに迷惑で、損害大であるかのみを伝える。なんで、こういう行為になるのかを考えた時に、捕まったら無実の訴えもなかなか聞き入れてもらえない現実もあることを、なぜ報じない?

 そう言えば、今朝の情報番組で、昨日逮捕されたというこの事件のことは、一つも取り上げたのを見ていません。スッキリ、とくダネ!、モーニングショーとチャンネルを変えていましたが、共通して時間を割いた報道だったのは、復興相の辞任問題でした。

 ジャーナリストの江川紹子さんのTwitterのフォロワー数は、223,492となっています。いくらか増加傾向かとも思いましたが、安定して減ることはないようです。冤罪や可視化の問題においても、弁護士側の批判など全くしないので、ずいぶん一方的な片手落ちとしか思えないのですが。

 あと、久しぶりに高島章弁護士(新潟県弁護士会)のTwitterのタイムラインを開いて、最近のツイートに目を通しました。多くの数は遡っていませんが、もともとキワモノすぎるとしか思えない弁護士なので、ツイートの内容というのもさほど関心もなく、優先度は低めです。

 ただ、今回の復興相の辞任問題に関連して考えたのは、新潟日報報道部長とのトラブルの問題です、結果として高島章弁護士(新潟県弁護士会)の圧勝としか思えないもので、その度合いに比例した報道部長の不利益や生活への影響は、すさまじく大きいものだと見ています。

新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件 - Wikipedia http://bit.ly/2q9r316

 調べると、上記のWikipediaが出てきました。まだ読んでいないですが、こういう経過のまとまったページを見るのは、この問題に関して初めてかと思います。

 ざっと上記のWikipediaのページに目を通して、最初に気がついたのは「新潟水俣病訴訟弁護団長」の弁護団長という肩書です。私が以前見た情報では、報道部長は報道の現場で新潟水俣病の被害者の現状を見ていて、高島章弁護士に義憤を募らせた、という趣旨のことがあったと記憶しています。

 上記のWikipediaのページには、そのようなことは触られていないようですし、「本事件の高島弁護士のような地道に活動を行っている真面目な左翼」という記載もありました。

 高島章弁護士の人なりに対する疑問は、「金玉神社」と「金玉踊り」という二つのキーワードで、十分すぎるぐらいと私はずっと前から考えてきました。「人をくったようなところ」という表現がありますが、まさに典型的なそれだと思いますし、刑事弁護の考え方も危険思想を感じています。

REGEXP:”金玉(神社|踊り)”/高島章(弁護士)(@BarlKarth)のツイートの記録(2017年04月27日11時21分・27件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=63279

REGEXP:”金玉”/高島章(弁護士)(@BarlKarth)のツイートの記録(2017年04月27日11時22分・107件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=63281

 上記2つのまとめ記事を作成しました。

 その金玉の問題より、はるかに深刻と私が考えてきたのは、新発田市の連続強姦致死事件に対する高島章弁護士(新潟県弁護士会)のツイートでした。新潟で死刑判決が出るかもしれないので、心配でたまらない、というような内容のツイートだったと思います。

REGEXP:”死刑”/高島章(弁護士)(@BarlKarth)のツイートの記録(2017年04月27日11時27分・61件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=63283

 もう一つまとめ記事を作成しました。「死刑」をキーワードにしましたが61件というのは数が少なく感じました。これは私が個人で管理するデータベースの情報であり、ツイートは手動で登録することが多く、収集作業を行った程度で、当然結果は変わります。目的のツイートを探し出すためでもあります。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2008/09/25 18:50: https://twitter.com/BarlKarth/status/934155103

    @nomurayamansuke 新潟は20年近く死刑判決がないので助かっている。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2010/10/04 18:51: https://twitter.com/BarlKarth/status/26348150293

    新潟地裁では,30年くらい死刑がないのだから,実質上死刑廃止県なのだ。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2010/12/10 15:07: https://twitter.com/BarlKarth/status/13112578846752768

     死刑求刑事件については,刑事補償を1日15万円くらいにしても良いだろう。現行は1万2500円。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2011/01/11 22:45: https://twitter.com/BarlKarth/status/24824296002035712

    40年前,新潟地裁で死刑判決を受けた人の霊が漂っているという話がないでもない。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2012/02/20 21:59: https://twitter.com/BarlKarth/status/171579846995091456

    光市母子殺害事件,原田國男先生がコメントするかな? 仙台地裁の少年死刑判決事件は,すごく批判していたな。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2012/04/17 17:34: https://twitter.com/BarlKarth/status/192169025772597248

     それに,何より被告人がお気の毒だ。「ド素人のどんぶり勘定で死刑」という思いを抱くに違いない。それは被告人が真犯人か否かに関わりない。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2012/04/24 16:49: https://twitter.com/BarlKarth/status/194694590148780033

    社会を憤激させる事件や死刑執行があるとある種の人たちが沸き立つのだが,一種の鬱憤晴らしなんだろうなぁ。普段たまっている鬱憤を誰かを攻撃することによって解消したいという真理はそれなりに分かるのだがね。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2013/11/01 16:08: https://twitter.com/BarlKarth/status/396171792831614976

    生きのいい連続放火や殺人事件をやってみたいのだが,新潟は平和な街なのでそういう事件は少ない。もう40年近く死刑言い渡しがないので,死刑廃止県と言って良い。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2014/08/07 15:20: https://twitter.com/BarlKarth/status/497265971480915968

    白山神社に「新潟地裁が死刑を言い渡しませんように。」と記載した絵馬を奉納しようかな。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2015/11/10 21:42: https://twitter.com/BarlKarth/status/664060499621863424

    @moohashi @a1675ka 訂正 死刑があるような国を土人国家と呼び、人権を尊重しない検察官を土人と呼んでいます。

  • ツイート:BarlKarth(高島章(弁護士)):2015/12/18 13:38: https://twitter.com/BarlKarth/status/677709441228259328

    「40年以上死刑がない新潟地裁で死刑判決が出るかもしれない」ということに,私は本当に生々しい衝撃を受けた(新発田強姦致死事件 その当時は,強姦+殺人=死刑の起訴を検察は検討していた)。

 このエントリーにおけるTwitterの詰め込みツイートの数が、多くなりすぎているので、デザインが読み込まれるか心配になってきました。一度、ブログへアップロードしてみます。

石川県警提出書面)野田隼人弁護士のTwitterタイムラインから考える非常上告の刑事手続と憲法問題及び金沢地方検察庁からの連絡、石川県警察の対応.md

TITLE:石川県警提出書面)野田隼人弁護士のTwitterタイムラインから考える非常上告の刑事手続と憲法問題及び金沢地方検察庁からの連絡、石川県警察の対応.md CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,野田隼人弁護士,非常上告,憲法

>> 2017/04/23(日) 15:06:11 >>

石川県警提出書面)非公開設定から公開設定に戻った、法教育に携わる神奈川県小田原市の村松謙弁護士のツイートの記録からご紹介する弁護士業界の問題性.md http://hirono-hideki.hatenablog.com/entry/2017/04/19/122940

 上記エントリーの続きになります。前回は、村松謙弁護士にスポットを当てましたが、今回は滋賀弁護士会の野田隼人弁護士にしました。ずっと前から候補に考えてきた弁護士の一人ですが、決定的な必要性を判断したのは、次のツイートを目にしたことです。

  • ツイート:nodahayato(弁護士 野田隼人):2017/04/19 16:47: https://twitter.com/nodahayato/status/854602455052693504

    修習生です。松戸の児童遺棄の事件で被疑者が逮捕されました。そのことについてニュースでは、顔も名前も住む地域も、人柄も何もかも洗いざらい報道して… — 自分が弁護人になったときに情報を出さないこと。 ニュースについて言及しないこと。 https://t.co/fSr6w8QPL6

 昨夜になりますが、私はこのツイートをローカスこと実質実名弁護士のツイートと勘違いをして、ローカスこと実質実名弁護士のツイートとして検索を繰り返していました。

 ローカスこと実質実名弁護士が、実名報道などについて過去に厳しく批判的なツイートをしていたことの印象が強く、それで取り違えてしまったように思うのですが、改めて正確な記録の作成の重要性を痛感した次第です。

 正直なところ、ツイートの内容もあまり思い出せず、適切なキーワードも思い浮かばなかったのですが、とにかく強烈な印象を受けたことだけはしっかり憶えていて、それも夜中の頭のすっきりしない時間に目にした記憶があって変な夢と勘違いしたのかと、心配になったところで見つけることができました。

 初めはツイートやブログの記事で探していたのですが、数も多すぎて見つけることが出来ず、更新の頻度の低いYouTubeの動画で検索をしたところ、すぐに見つけることが出来て、それがローカスこと実質実名弁護士はなく野田隼人弁護士のツイートであることもすぐに確認できたのです。

2017年04月21日05時09分30秒/記録資料/弁護士 野田隼人> 修習生です。松戸の児童遺棄の事件 — 自分が弁護人になったときに情報を出さないこと。ニュースについて言及しない https://www.youtube.com/watch?v=8fqvTOtmhwQ

 「2017年04月21日05時09分30秒」というのは動画の作成を開始した時刻になります。利用するソフトでファイル作成時にファイル名につけられる時刻の書式を変更して使っています。動画のファイル形式はmkvとなっていますが、アップロード時に拡張子は自動で切り捨てられています。

 mkvのファイルを扱うようになったのは、比較的最近のことで調べたところ、次の日付を含んだファイルがもっとも古いものとして見つかりました。今年の3月6日となっていて、1月頃かとも思っていたので少々驚いたところです。

2017年03月06日15時22分10秒_依頼者見舞金に反対する意見 | 弁護士法人岩田法律事務所.mkv

 そういえばこのところ、岩田圭只弁護士のTwitterのタイムラインもほとんど見ていませんが、こちらも注目すべき弁護士アカウントです。「依頼者見舞金」に関するツイートも最近は見かけていませんが、3月3日の日弁連臨時総会の議題となったもので、あの時は他にもごたごたがありました。

 今回、目玉に取り上げた野田隼人弁護士ですが、以前、高島章弁護士(新潟県弁護士会)とのツイートの会話を目にしたこともあって、いずれセットでご紹介をしたいと考えていました。それを踏まえた準備として作成したのが、先ほどのものと同じ日の、次のスクリーンキャプチャの動画です。

2017年04月21日06時33分31秒/記録資料/野田隼人弁護士(滋賀弁護士会)と高島章弁護士(新潟県弁護士会)のツイートのやりとり https://www.youtube.com/watch?v=WZXO2d7Jv44

 そして、今日の朝、野田隼人弁護士のTwitterのタイムラインで、リツイートとして目にしたのが次のツイートです。ネット上では余り話題も見かけてこなかった人物ですが、たしか憲法学者として報道ステーションなどテレビで見かける機会がたびたびありました。

  • リツイート:nodahayato(弁護士 野田隼人)>2017/04/23 07:44/2017/04/22 00:29> https://twitter.com/nodahayato/status/855915291867365377
    SotaKimura (木村草太)> https://twitter.com/SotaKimura/status/855443308436373504

    そうなんだよねぇ。分かり合えないし、仲良くもできない。でも、一緒に生きていかなきゃいけない。だから、お互いに守るべきルールを決めて、対立が生まれたときには、しっかり話し合いをして、それでも解決できなそうなら、公平な第三者に裁定して… https://t.co/Be1sPisnWn

 一人の憲法学者のツイートとしては注目することもなかったと思いますが、このツイートがURLを引用した相手が、なんと山口貴士弁護士だったのは、本当に驚きました。全国民の注目を集めたと言って過言ではない森友学園の籠池氏の証人喚問で、保佐人として見たときより大きな意外性を感じました。

 木村草太氏が憲法についてどのような考えを持っているのかも、私はよく知らず余り関心もなかったのですが、個性の強い印象のある人物で、山口貴士弁護士も似てはいるのですが、山口弁護士からのアプローチであればともかく、木村氏からの同調ともとれる内容の発言は、全く意外なものでした。

 木村草太氏がURLを引用した山口貴士弁護士のツイートは、次になります。ブラウザでテキストを選択して貼り付けると、可視化にはない文字ですが、「木村草太さんが山口貴士リツイートしました」という部分がでるTwitterの仕様ともなっています。

  • ツイート:otakulawyer(山口貴士):2017/04/21 20:16: https://twitter.com/otakulawyer/status/855379801326051328

    「人権」と「みんな仲良く」は相容れない。人権教育のためには、人間は分かり合えないこともあるし、仲良く出来ないこともあることを教えないといけない。

 前後のツイートの脈絡など、じっくりと確認はしていませんが、それも本来はおろそかにできない情報と考えるので、正確な情報として記録するために、これも動画を作成してあります。

2017年04月23日08時27分07秒/記録資料/野田隼人さんがリツイート> 木村草太> 木村草太さんが山口貴士リツイートしました そうなんだよねぇ。分かり合えないし、仲良くもで https://www.youtube.com/watch?v=zfwqQ-vzja4

 山口貴士弁護士については、昨年の11月頃になるのではと考えますが、銀河鉄道999の民事裁判のことで告訴状に書いたかと思います。その後のことになるかと思いますが、小倉秀夫弁護士もツイートで、事務所の整理をしていると宇宙戦艦ヤマトの裁判の記録が出てきたなどと言っていました。

 これもその後のことのように思いますが、野田隼人弁護士がツイートで、山口貴士弁護士や奥村徹弁護士と同じ弁護団として法廷で撮影を受け、一緒に並んでいたが撮影を免れたなどと書いていました。3Dポルノに関する訴訟だったと思います。

 次の野田隼人弁護士のツイートを見つけることが出来ました。3Dというのは私の勘違いで、CGポルノが正しかったようです。3Dと言えば、デコまん、とかのろくでなし子の裁判で出ていた用語だったと思い出しました。

 「(あ,あと,きたんせをさがせができます。」という部分は記憶になかったですが、この「きたんせ」とは、北周士弁護士のことです。

 今、北周士弁護士の漢字を間違いがないか確認するため、ネットで検索をしたのですが、すると次のページを開くに至りました。

地球上に存在する男性が北周士弁護士とローカス弁護士のたった2人だけになった場合、こたんせ女史はどちらの男性を選びますか??。 | ask.fm/kotadon https://ask.fm/kotadon/answers/105809226168

 アカウント名は「こたんせ(可愛いは正義)@kotadon」となっていました。投稿の日付が見当たらないと思ったのですが、それらしいところにマウスを合わせると、ディセンバー2,2013などと表示されました。2013年の12月になるのかと思います。

 明らかに、こたんせ、のことを女性と質問者は思っているようですが、回答にその誤解を解くような発言はありません。それも本人の自由の範囲なのかわかりませんが、相当の割合の人が女性だと思いこんでいる可能性はあるはずで、同じ仲間うちの弁護士らは本当のことも知っているはずですが。

 まえに、2,3度書いたことがあると思いますが、私は確か「らーめん」というアカウントのツイートで、初めて、こたんせが女性ではなく男性らしいことを知り、最近になってもっとはっきりした情報を目にして、顔写真まで確認しました。

 そういえば、ローカスこと実質実名弁護士も最近になってTwitterのプロフィールに実名を記載するようになったようです。そのローカスこと実質実名弁護士が野田隼人弁護士と一緒にバーベキュウをしているとか、料理を振る舞ってもらっているというようなツイートも目にした憶えがあります。

 彼らは、ときに自分らを「法クラ」とも表現していますが、その仲間内の関係性については、「ノースの椿事」などというキーワードが、何より詳細に物語っていました。それも昨年つまり2016年の春のことであったように思います。いくつか記録したものがあるはずです。

 自分のYouTubeの動画を「椿事」で検索すると、次のものが一つだけ見つかりました。昨年の早い段階でスクリーンキャストを作成していたようですが、これもすっかり忘れていた存在です。

#ノース春の椿事というハッシュタグから法クラの@s_hironoのブロック状況を確認_2016年04月04日02時08分55秒.mp4 https://www.youtube.com/watch?v=MSWmAxGt0Yg

 「% wp |grep 椿事|wc -l」というコマンドで、一つのブログのエントリーを調べると、71件ありました。最初に出てきたのが次の刑裁サイ太のツイートの記録になります。

サイ太さんのツイート: “「何が椿事じゃ! ワシのチン事を見てクレオ」今、全裸中年弁護士が東京へ降り立った! #ノース春の椿事” https://hirono2016s.wordpress.com/?p=56981

 確認するとやはり2016年4月2日のツイートとなっていました。ここに「クレオ」とありますが、私は今年の3月3日の日弁連臨時総会のことで、それが日弁連弁護士会館の建物の名称だと初めて知りました。法クラの人々は、こぞって「総本山」という言葉を使っています。

 「全裸中年男性」の部分は、昨年のいつ頃か注目を集めテレビにも取り上げられたらしい岡口基一裁判官の行状を意識したものと考えられますが、そう言えば、今朝、他のツイートの関連ツイートの流れの中で、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の次のツイートを目にしました。

 タイムラインでは見落としていたものと思われますが、今からモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインで探し出して見ます。

 しばらくタイムラインを遡ったのですが見当たらなかったので、「grep 岡口 motoken_tw_201610301857-201704231447.txt 」とやって自分の記録済みのファイルから探し出しました。

 さきほどブラウザを切り替えたところTwitterの検索で「落合 弁護士」としていたページの更新に、次の弁護士のツイートが出てきました。

  • ツイート:kyoshimine(弁護士 吉峯耕平(カンママル撲滅委員会)):2017/04/23 17:06: https://twitter.com/kyoshimine/status/856056637974433792

    落合弁護士、間違ったことは(私の知る限り)言わない人なので、その点は若狭議員などとは違う。過去の発言との齟齬については、好き放題発言する立場を離れることにした、ということだろう。 ここに至っては「笑」などと言うのはやめた方がいいし、手軽にブロックするのも、やめたほうが良いと思う。

 そういえば、先日も「カンママル」というのに宗教的な意味合いを感じで調べるということがあったのですが、本人の固定されたツイートなどを読むと国語の句読点に関する問題らしいと理解されました。それにしてもあらためてサンスクリット語仏教語のような響きを感じました。

 吉峯耕平という実名弁護士ですが、こちらもずいぶん前から見かけるアイコンで、みかんの皮に親父の顔を落書きしたもののようになっていますが、野田隼人弁護士の不思議な鳥の写真と同じく、初めに見たときから一度もアイコンの変更はないはずで、その点が一致していると改めて思いました。

 ミカンのアイコンは、いつ頃から見かけるようになったのかはっきりした記憶はないですが、ツイートの内容などは、PC遠隔操作事件が冤罪問題となっている頃に、頻繁に見かけることがありました。

 余り関心のある弁護士アカウントではなかったのですが、注目していた美濃加茂市長事件の上告審で、元裁判官の著名な弁護士とともに郷原信郎弁護士の弁護団に加わったというニュース記事を見て、一時注目をしていましたが、その後、タイムラインを開くこともなくなっていました。

 また、「落合 弁護士」の検索のタイムラインで、見かけている弁護士らしいアカウントのツイートを見つけました。リツイートのボタンをクリックすると、「問題が発生しました。」というエラーがでたので、削除されたのかと思ったのですが、データベースへの登録が出来たので、削除ではなさそうです。

  • ツイート:hznf(hznf):2017/04/23 17:25: https://twitter.com/hznf/status/856061506588258304 :

    落合洋司弁護士は,3月18日頃の,リッツ東京で追い出されたことへの恨み言ツイートを延々と続けていたのがかなり気持ち悪かった。あれで器の大きさは何となく分かった
    [https://twitter.com/hznf/status/856061506588258304:embed]

 タイムラインを開いたところ、リツイートが有効になった状態で、再度クリックしたことのエラーだったようです。一つ前のツイートとして、タイムラインに次のツイートがありました。匿名とはいえ、落合洋司弁護士(東京弁護士会)は同じ弁護士でもブロックをするようです。

  • ツイート:hznf(hznf):2017/04/23 17:14: https://twitter.com/hznf/status/856058662195929089 :

    予想どおり,速攻の被ブロックw 過去の言動との不一致に鈍感なのは政治家に向いていても,批判に堪えられず打たれ弱いところは政治家に向いていないね https://t.co/XFNkTuBqlJ
    [https://twitter.com/hznf/status/856058662195929089:embed]

 黒い猫をアイコンにしたアカウントは、いくつか見かけており発言内容の印象に混同もあるかと思うのですが、そういえば黒猫というブログをやっていた弁護士が、道路工事の誘導員になったという情報を見かけ、その時は他のことに集中していたので、リンクも開かず先送りにしたということもありました。

 時刻は4月25日10時28分になっています。昨日は久しぶりに小木港の東一文字堤防にアジ釣りに行っていました。そこで思わぬ情報を耳にしたのですが、家に戻ってからネットで調べたところ、いくつかの発見がありました。小木港で行方不明になっていた釣り人のニュースです。

 これも前々から予定していた野田隼人弁護士と高島章弁護士(新潟県弁護士会)の関連性と関わるところがあります。偶然なのだとは思いますが、一方で何かの力がはたらいた大きな意思のようなものも感じています。これは別の独立したエントリーとして取り上げたいと思います。

 なお、私の野田隼人弁護士に対する注目度は高島章弁護士(新潟県弁護士会)より高いです。理由の一つは野田隼人弁護士が、深澤諭史弁護士や北周士弁護士、向原栄大朗弁護士らと昨年の11月あたりに共著の書籍を出したこともありますが、それだけの正当性や影響力が認められるからです。

 そういう意味で、今朝はもう一つの発見がありました。これも独立したエントリーとして取り扱うべきか迷うところがあります。Twitterでタヌキのアイコンをつかう井垣孝之‏弁護士のことです。断片的で不確かなものとなっていますが、2016年の告訴状においても書いたことがあるかと。

 井垣孝之‏弁護士本人というよりは、後藤貞人弁護士、神山啓史弁護士のことでご紹介してきたように思います。とりわけ神山啓史弁護士は、高野隆弁護士と並んで刑事弁護の神様とも称されることのある弁護士です。昨年の告訴状でも何度か取り上げているかと思います。

 後藤貞人弁護士の関わった刑事裁判として、私が大きな関心を持ったのが、大阪の再審無罪事件でした。私の平成4年の刑事事件とも似たところがあると思っていましたが、弁護士の対応として、すっきりしないまま、検察から満額回答のような対応を受けて、あっさり再審無罪となった事件です。

 この再審無罪事件のことは、まだ再審の無罪判決が出るまでの段階であったようにおもいますが、テレビのミヤネ屋などいくつかの情報番組で取り上げられているのを見たという記憶もあります。自分の事件とは違うと思ったのは、被告人という立場だった人物が会社役員となっていたことです。

 この大阪の再審無罪事件は、事件や裁判を特定するワードが乏しかったと思います。「大阪の再審無罪」などと場当たり的な名称が使われていて、「光市母子殺害事件」や「秋葉原無差別殺傷事件」、「PC遠隔操作事件」とは違っていて、扱いもしづらくなっています。

 Googleで「大阪 再審無罪」と検索をしても、出てくるのはほとんどが「東住吉小6女児放火殺人事件」のことです。たんに「東住吉事件」とも呼ばれているようです。東住吉区のことだと思いますが、このような事件の発生場所の地名をつけたものは、最近は少なくなっているような気もします。

 「東住吉小6女児放火殺人事件」は、刑事弁護のなんたるかと、その影響力をふくめ考えさせられた事件、裁判でした。その後、しばらくしてから、関心が薄れた頃にもなるかと思いますが、同様の事件での逆転有罪の判決があって、ほとんどの弁護士は、Twitterで無視している様子でした。

 ほかに似たようなことが、その後にも1回あったように思い、後のほうが何であったか今現在は思い出せなくなっていますが、先に見た方のモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは、探し出すことが出来そうなので、ここでご紹介しておきたいと思います。

 たぶん記憶にあるのは上記のツイートなのだと思います。Twitterの検索で「放火」をキーワードに探しました。私の記憶では、高裁での逆転有罪判決だったのですが、ここにあるのは最高裁での上告棄却決定となっていて、さらに審理の差し戻しとなっています。

 この妻子の放火殺人事件のことは、意識的に調べてある程度のことを理解したのですが、それにしても関心が低いのか、報道の乏しい刑事裁判で、この事件について調べた目的は担当の弁護人を確認することにあったのですが、それも出来ませんでした。高野隆弁護士ではないかという思いがあったからです。

 高野隆弁護士が放火殺人事件を担当したという話は、なにかで見た記憶があったのですが、それもずいぶん古い記憶となっていて、あるいは2009年3月以前の羽咋市で生活していた頃のことではと思えるぐらいなのです。

 高野隆弁護士は、刑事裁判で数々の無罪判決の獲得という実績を持っているとも聞きますが、具体的な事件名となると、これも調べてみつかるものはなかったと記憶しています。具体的に高野隆弁護士が担当したらしいのは、本人のネットの発言にあったように思いますが、本庄の事件ぐらいです。

 本庄というのは埼玉県の地名で、報道の事件名には「保険金目的」というのもついていたように思います。八木被告だったとも思いますが、逮捕前にマスコミを集めて収益をあげ、更に記者の一人をぶん殴って暴行を加える様子も映像として、ネットで見たことがあります。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートは、今年の2月12日となっています。私の記憶では昨年の11月辺りに見たような記憶で、確か12月20日頃に発生した糸魚川大火災より前のことと思っていたので、どこから記憶違いが生じたのか、不思議に思いました。

 あるいはこちらの方が、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)の2つ目のツイートだったのかもしれません。他の弁護士が全く何事もなかったように反応しなかった刑事司法の問題を、普段ほかの弁護士よりその傾向が強く偏っていると思っていた人物がツイートにしたという意味です。

  • ツイート:igaki(弁護士 井垣孝之):2017/04/25 09:15: https://twitter.com/igaki/status/856662878836989952

    落合先生を叩いてる人は、自分は安全なところから先のことを全く考えずに叩く、臆病で無責任な人たちだなーと思って見てる。そういう人たちが、いざ選挙になると「投票する人がいない」って言い出すんだよな。こうやってまともな政治家はどんどん減っていくわけだ。将来どうすんのこれ。

 時刻は18時07分になっています。午後に祭礼委員の用事があって出かけ、そのあと宇出津新港に買い物などに行っているだけで、時間を潰してしまいました。ドブ掃除と洗濯もやりました。時折強い風が吹いていましたが、気温は高く春らしい一日でした。

 用事というのも宇出津曳山祭の決算報告書をほぼ完成させたのですが、出かける前だったようにも思いますが、深澤諭史弁護士のタイムラインで、気になるツイートを見かけていました。

 その前に、今朝気になったというリツイートをまだ掲載していなかったかも知れません。井垣孝之‏弁護士のツイートのことです。

弁護士 井垣孝之さんのツイート: “落合先生を叩いてる人は、自分は安全なところから先のことを全く考えずに叩く、臆病で無責任な人たちだなーと思って見てる。そういう人たちが、いざ選挙になると「投票する人がいない」って言い出すんだよな。こうやってまともな政治家はどんどん減っていくわけだ。将来どうすんのこれ。” https://hirono2016s.wordpress.com/?p=63061

 確認したところ上記のブログ記事として記録したツイートですが、どこのタイムラインで見たものか思い出せなくなっています。野田隼人弁護士のタイムラインで見たように思っていたのですが、そのタイムラインを確認したところ、それらしいリツイートは見つかりませんでした。

 上記のスクリーンショットの記録で確認できたのですが、井垣孝之‏弁護士のツイートを発見したのは、「落合 弁護士」をキーワードにしたTwitter検索のタイムラインでした。野田隼人弁護士のリツイートと勘違い仕掛けていたようです。こんな時のためにスクリーンショットを記録しています。

 井垣孝之‏弁護士のTwitterのタイムラインを開くことはめったになく、ブラウザで確認したもののブックマークの保存も見当たらず、それでもテキスト版の記録リストには、igaki_201604081047-201704251251.txtとして含まれていました。

 時刻は4月26日10時16分となっています。昨夜はテレビを見ながらいつの間にか眠っていました。電気はつけたままだったもののテレビは消えていて、そういえば、一度目がさめてリモコンでテレビのスイッチを切ったような気はしました。起きたのは7時15分ぐらいだったと思います。

 昨夜はテレビでニュース番組など見ながら、取り上げたいことが続々出てきて、とても対応できそうにないという悲観的な気持ちにもなりました。昨夜のニュースとしては、復興相の辞任問題、組体操の裁判開始、福知山線事故などです。

 あらためてこのエントリーのタイトルを見直すと、非常上告の刑事手続、憲法問題、金沢地方検察庁からの連絡、石川県警察の対応、が列挙してあります。そういえば憲法問題だったと思い出しましたが、何を書くつもりだったのかも忘れてしまいました。

 金沢地方検察庁からの郵便物が届いたのは4月4日だったように思います。細工とメッセージ性が込められたようなもので、その後自宅訪問に来た生活保護の担当者にお見せしたところ、あずからせてほしいと言われて断り、デジカメの撮影にしてもらった、という反応もあったぐらいのものです。

 4月15,16日に祭礼委員としてたずさわる宇出津曳山祭があって、運行に支障をあたえるようなことがあってもいけないので、それが終わってから情報公開をする予定でいました。そのあとも祭礼委員としての残務があって、昨日の午後も短い時間でしたが用事に出かけていました。

 金沢地方検察庁からの郵便物や電話でのやりとりについては、もう少しあとで詳細や具体的な経過を書きたいと考えています。本当は、主役とも言えるモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)や小倉秀夫弁護士についても書いておきたいことがあるのですが、優先させておきたいことが幾つかあります。

 ずいぶん前から書いてきたことだと思いますが、私は自分の非常上告を憲法問題として捉えています。そのことは4月4日だったと思う17時半すぎ、電話をもらった新たな担当検事にも直接お話し、十分な理解を頂けるような反応を受けたと感じたのですが、それはその場の雰囲気のことではあります。

 この項目も、タイトルの趣旨から外れるようなことをけっこう書いてしまったと思うので、正直、何をどこに書いたのか私自身把握しづらくなっています。繰り返しにもなるかと思いますが、これも反省点にして改善に努力したいところです。

<< 2017/04/26(水) 10:47:01 <<

石川県警提出書面)非公開設定から公開設定に戻った、法教育に携わる神奈川県小田原市の村松謙弁護士のツイートの記録からご紹介する弁護士業界の問題性.md

TITLE:石川県警提出書面)非公開設定から公開設定に戻った、法教育に携わる神奈川県小田原市の村松謙弁護士のツイートの記録からご紹介する弁護士業界の問題性.md
CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,村松謙弁護士

>> 2017/04/19(水) 12:34:01 >>

むらまつけん
村松謙
2005年10月
弁護士登録。小田原三の丸法律事務所に入所
【略 歴】
京都大学卒業

日弁連市民のための法教育委員会委員

『教室から学ぶ法教育』〔現代人文社〕を執筆(共著)

法と教育学会監事

箱根町情報公開・個人情報保護審査委員

小田原短期大学非常勤講師(日本国憲法)

藤沢市立看護専門学校非常勤講師

引用▶ 弁護士16名が在籍する小田原市で創業45年の弁護士事務所 http://www.odawarasannomaru-lawoffice.com/sp/lawyers.html

 まず、上記の村松謙弁護士が所属しているらしい法律事務所のホームページのプロフィール情報を引用でご紹介しました。これは先ほど、小田原市であることを確認するためGoogleで検索したところ、村松謙弁護士をキーワードに上位に表示されたページです。

 小田原市の規模がどれぐらいなのか確認しておりませんが、16名所在の法律事務所というのは地方ではかなり大きな部類になるのではと思われます。2005年というのは平成17年かと思いますが、その10月から弁護士としての活動を始めたというのも意外な情報でした。

 Googleで調べたところ小田原市は2010年で人口20万人弱。もっと山手の方かと思っていたのですが、海に広く面していて西湘バイパス沿いというのも意外な発見でした。西湘バイパスは長距離トラックの仕事で何度か通行した憶えがあるのですが、小田原市内の記憶はありませんでした。

 細かいことを言えば、一度、小田原市にお菓子の荷物を積みに行ったことがあり、東京の築地から乱箱にしたスルメイカを飛び込みで売りながら向かったのですが、荷物を積んだ場所は山間のずいぶん町外れに場所だったという記憶です。

 周辺にも規模の大きな市町村が多く、都市部への交通の便もよいのだと思いますが、金沢市が人口45万人ぐらいと聞いているので、その半分以下の人口でありながら、金沢市や石川県内には、弁護士が10人を超えるような法律事務所は、聞いたことがないように思います。

 法律事務所に創業45年などと「創業」をつけたもの初めて見ましたが、いわゆる老舗の店舗ということになりそうです。小田原市というのは戦国時代からの古い歴史のある町並み、観光地というイメージも強くあります。

 午前中、村松謙弁護士について自分のブログから調べたのですが、まず次のように検索を行いました。

@kmuramatsu | 検索結果: | 金沢地方検察庁御中_2016 https://hirono2016s.wordpress.com//?s=%40kmuramatsu&search=%E5%AE%9F%E8%A1%8C

 トップに表示されたのが、次のエントリーで、これで村松謙弁護士が、ノース先生とも呼ばれるノースライムと関係していたこと、それと村松謙弁護士が弁護士アカウントとしては珍しく、よくTogetterでツイートのまとめを作成していたことを思い出しました。

efuwaraさんのツイート: “.@kmuramatsu さんの「【さらって】ノース先生ご結婚おめでとう!!【いきたい】 #ノース春の椿事」をお気に入りにしました。 https://t.co/NSnPZFiX5I” | 金沢地方検察庁御中_2016 https://hirono2016s.wordpress.com/2017/03/04/efuwara%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%83%84%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%88-kmuramatsu-%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%80%90%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%80%91%e3%83%8e%e3%83%bc/

 検索結果のページには、見覚えのあるモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と村松謙弁護士のやりとりのようなツイートもいくつかありました。私がモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のタイムラインで見たときは、村松弁護士は非公開設定の状態だったはずです。

 時刻は4月21日14時45分になっています。所用が出来て中断をしたのですが、そのあとも中断が長引きました。他に優先度をあげて取り上げておきたいことが出てきたので、この項目での村松謙弁護士については、道筋を示してからそうそうに切り上げたいと思います。

@kmuramatsu | 金沢地方検察庁御中_2016 https://hirono2016s.wordpress.com/tag/kmuramatsu/

 村松謙弁護士については、ブログの上記のタグでもまとめを見ることが出来ます。どれぐらいの数のエントリーがタグに該当するのか確認していませんが、ページの下まで辿ると「←過去の投稿」というリンクのボタンが表示されます。

 数日前に、過去のページへのリンクを4つほど遡りました。そこで、村松謙弁護士が福井で司法修習をうけたというツイートが出てきて思い出したのですが、自分の中で村松謙弁護士と福井を結びつけて考えることが多く、その理由の一つを思い出すことが出来ました。

 村松謙弁護士が法教育について語り、どこかの学校に出張講座に出かけているようなツイートもしていて、それと同じ頃に知ったのが、福井県大野市の大学で起きた男女間の殺人事件の判決のニュースでした。何がきっかけだったか思いませんが、たまたまネットの情報で見かけたのです。

 私のツイログで「赤とんぼ」と検索をすれば、とっかかりを得られるかと思っています。このキーワードがないと、探し出すのにかなり手間がかかりそうです。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/「赤とんぼ」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/search?word=%E8%B5%A4%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%BC&ao=a

 過程は省きますが、どうも私は次の岡口基一裁判官のツイートで、その事件の判決のことを知ったようです。

 元のニュース記事はリンク切れとなっていました。岡口基一裁判官のツイートは昨年の10月6日となっていて、Twilogで私が初めにその判決に言及したツイートが11月14日となっているので、ずいぶん間があいていると思いました。テレビなどで判決の報道を見たことは全くなかったと思います。

 日々たくさんの情報を頭に詰め込んできたこともあり、すっかりと忘れていたのですが、13年の求刑が3年6月になったというのは、あらためて驚いたところです。無罪判決は別にして、これだけ求刑と判決の量刑に違いがあるというのは、他に見た記憶もありません。

 「元赤とんぼ准教授不倫の結末」とも呼ばれる事件になっていますが、逮捕後、テレビでかなりの数の報道をみたと思います。中でも印象的だったのは、被疑者の准教授と被害者の部下のような立場の女性が連れ立って、どこかの学校を訪問したときのビデオ映像でした。

 この事件は、二つの大きな事件との共通性を感じており、私自身の平成4年の事件とも類似点があります。一つは、金沢でのNHK嘱託カメラマンの殺人事件、もう一つが3月10日夜の能登高校の女子高生殺害事件で、共通点というのは、事件発生以降の被疑者の理解を超えた異常な言動です。

無期懲役のNHK元委託カメラマンに7470万支払い命じる 主婦殺害で金沢地裁 - 産経WEST http://www.sankei.com/west/news/141117/wst1411170034-n1.html

 時期を確認するため調べたところ、上記のニュース記事が見つかりました。これは知らなかったように思いますが、無期懲役の判決が確定しているとも書いてあるので、支払いは事実上無理があるように思われます。請求額が9千万を超えるので、弁護士費用も相当の額になりそうです。

 平成23年の事件と書いてありましたが、季節というのも思い出せません。地元石川県で起きた事件であり、報道は長い間、繰り返し目にしていたのにかかわらず、記憶のみでは思い出されることも少ないものです。6年ほど前ということになりそうですが、そんなに前の事件だったのかという感想です。

 この事件の被疑者も逮捕前に自殺を図り、たしか後頭部に怪我をしたとかで、車椅子に乗る異様な姿で逮捕の様子が報道されていたと思います。正気とは思えないぐらいに、徹底否認を繰り返していたようですが、元NHKの関係者ということが大きかったのか、それを伝える報道がなされていました。

 時刻は4月23日11時04分になっています。とりあげたいツイートや問題が目白押しだったのですが、今日の日曜日の朝は、憲法問題に関するツイートの発見があり、それも数日来注目をしていた野田隼人弁護士のタイムラインにおけるリツイートのものでした。

 そのあたりをひっくるめて、私が憲法問題と考える非常上告の刑事手続について、具体的な事実や経過をまじえて、エントリーにしておきたいと考えました。

<< 2017/04/23(日) 11:10:49 <<

石川県警提出書面)刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。(自家製パンチェッタ)/中村元弥弁護士のリツイートから.md

TITLE:石川県警提出書面)刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。(自家製パンチェッタ)/中村元弥弁護士のリツイートから.md CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,中村元弥弁護士

>> 2017/04/14(金) 13:22:45 >>

egrep ”刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて” *.txt\法務検察宛記録資料\201704140954 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=62099

REGEXP:”刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて”/法律・報道関係者のツイートの記録(2017年04月14日11時05分・4件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=62103

▶(1/4) TW jikapan(自家製パンチェッタ) 日時: 2017-04-13 00:46:00 URL: https://twitter.com/jikapan/status/852186081499856896 TWEET: 刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて警察の調書通りの漢字交じりの告白文が漢字読み書きできない被告人の署名で出されたとき。一方でこういうの全部が悪意でなくこいつが犯人だろうから何とか罪を着せようという一種の正義感からとも感じる。

▶(2/4) RT 1961kumachin(中村元弥)|jikapan(自家製パンチェッタ) 日時:2017-04-13 01:02:00/2017-04-13 00:46:00 URL: https://twitter.com/1961kumachin/status/852190254983401472 https://twitter.com/jikapan/status/852186081499856896 TWEET: 刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて警察の調書通りの漢字交じりの告白文が漢字読み書きできない被告人の署名で出されたとき。一方でこういうの全部が悪意でなくこいつが犯人だろうから何とか罪を着せようという一種の正義感からとも感じる。

▶(3/4) RT popohito(ぽぽひと@死して屍動けばゾンビ)|jikapan(自家製パンチェッタ) 日時:2017-04-13 07:11:00/2017-04-13 00:46:00 URL: https://twitter.com/popohito/status/852283173782212608 https://twitter.com/jikapan/status/852186081499856896 TWEET: 刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて警察の調書通りの漢字交じりの告白文が漢字読み書きできない被告人の署名で出されたとき。一方でこういうの全部が悪意でなくこいつが犯人だろうから何とか罪を着せようという一種の正義感からとも感じる。

▶(4/4) RT Redips00(赤ネコ@弁護士兼マンガ家)|jikapan(自家製パンチェッタ) 日時:2017-04-13 12:07:00/2017-04-13 00:46:00 URL: https://twitter.com/Redips00/status/852357546790735874 https://twitter.com/jikapan/status/852186081499856896 TWEET: 刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて警察の調書通りの漢字交じりの告白文が漢字読み書きできない被告人の署名で出されたとき。一方でこういうの全部が悪意でなくこいつが犯人だろうから何とか罪を着せようという一種の正義感からとも感じる。

 まず、記録したツイートのまとめからご紹介しました。データベースに記録出来たのは、一つのツイートと、そのツイートの3つのリツイートです。最も注目したのは元裁判官でもある中村元弥弁護士のリツイートの存在感でした。

2017-04-13-202653_刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて警察の調書通りの漢字交じりの告白文が漢字読み書きできない被.jpg

2017-04-13-202756_(141) ぽぽひと@死して屍動けばゾンビ(@popohito)さん | Twitter.jpg

2017-04-14-130515_刑事事件やると警察は正直と思えなくなる。私の場合はあとで間違いと判明した事実含めて警察の調書通りの漢字交じりの告白文が漢字読み書きできない被.jpg

 時刻は4月19日10時30分になります。確認したところ上記の4月14日のツイートからの作業の中断となっていて、ようやく再開となりました。15日と16日は宇出津曳山祭で忙しく、17日の午前中には、祭礼委員としての仕事も一段落していました。

 18日には予定通り病院に行って、夕方からUbuntuの最新版のインストールに取り掛かりました。現在はロングサポートでも3年間で、それ以外だと9ヶ月でサポートが終了になると知り、早いほうが良いと、すぐに新規のクリーンインストールに取り掛かりました。

 通常のWindowsパソコンでは、再セットアップをする人も多くないと思いますが、OSのクリーンインストールはパソコンのソフトウェア環境を全て一新することになります。年に2回はやる作業となっているので慣れてはいますが、何かとトラブルもつきものです。

 今回は割とスムースに行ったのですが、MySQLのライブラリーが文字コードのエラーを出していて使い物にならなくなり、プログラムの一部を別のライブラリーの使用で書き換えることで対処をしました。ライブラリーの更新や削除によるトラブルもありがちなことです。

 この間、弁護士のツイートを読む機会も少なかったのですが、更新の頻度は多くなかったようです。今月に入ってからだと思いますが、それまで少なかった小倉秀夫弁護士のツイートの数が増えており、北朝鮮の危機問題も頻度が増した要因となっているようです。

石川県警提出書面)無罪判決を取ろうが、簡裁の和解をまとめようが、その仕事に神が宿っていれば価値ある点において等しい(パーム油・神田の弁護士)

>> 2017/04/13(木) 11:09:16 >>

  • ツイート:Izumibashi78(パーム油):2017/04/12 12:20: https://twitter.com/Izumibashi78/status/851998457162223616

    無罪判決を取ろうが、簡裁の和解をまとめようが、その仕事に神が宿っていれば価値ある点において等しいし、その担当弁護士が神になるわけではないよ。

 次のローカスこと実質実名弁護士のツイートがきっかけで知ったアカウントです。プロフィールの名前や写真が変更になったりすることで、初めて見た気になるアカウントも過去にはいましたが、リストに登録はなかったので、本当に初めて見た可能性が高そうです。

  • ツイート:lawkus(ystk):2017/04/13 10:21: https://twitter.com/lawkus/status/852330870505562112

    @Izumibashi78 じっくり考えればもっとマシな弁解をするか、少なくとも書くのを思いとどまることができたはずですね。

  • ツイート:Izumibashi78(パーム油):2017/04/13 10:18: https://twitter.com/Izumibashi78/status/852330220052807680

    高名な学者さんがあの弁解のためにどれくらい時間をかけたのか気になったけど、時間かけたらあんな弁解にはならないだろうと気づいたので自己解決

 上記のツイートにローカスこと実質実名弁護士が返信のツイートをしたことになっていますが、これまでのTwitterの仕様とは違い、メンションもツイートのURLも引用はみあたりません。ツイートの本体の上の方に、「返信先: @Izumibashi78さん」という記載があります。

 タイムラインから個別のツイートを開くと、そこには返信のやりとりが関連ツイートのように表示されています。ツイートに「返信」という項目が、その数と一緒に表示されるようになったのは、ここ半月から3週間ぐらい前からのことだと思っています。

 先ほど見たところ、ローカスこと実質実名弁護士の返信に対する返信として、次のツイートが表示されていました。

  • ツイート:Izumibashi78(パーム油):2017/04/13 12:51: https://twitter.com/Izumibashi78/status/852368712485158912

    @lawkus 調べる時間をかけずに意見表明するという点で学者としての評価にケチがつきそうだし、無理筋の主張を維持するという点で弁護士としての評価にケチがつきそうなので、どの観点からもご本人のためにならない気がしますからね。。

 このパーム油というアカウントのプロフィールには、「神田で弁護士をやっています。元気がモットー。」と書いてあります。「神田の弁護士」というのは、以前にも見たような気はしました。東京都千代田区神田のことだと思いますし、千代田区は最高裁などの住所になっているはずです。

 平成4年の事件の上告審での国選弁護人になった斐川雅之弁護士からの郵便物に書いてあった住所も、その千代田区神田であったように記憶しています。

2017-04-13-104340_パーム油(@Izumibashi78)さん | Twitter.jpg

 上記がページを見た直後に記録として作成したスクリーンショットです。プロフィールのアイコン写真は、ハンバーガーに鯨のような玩具が乗ったもの、カバー写真は、ギリシア神殿のような柱の建物のなかで、大きな椅子に座る人物の像が写る写真です。

 時刻は4月14日8時53分になっています。どうしたものかとも考えていたのですが、数ある選択肢の中でこのエントリーを作成した目的として、もう一つの弁護士アカウントをご紹介しておきたいと思います。

 共通点は、神殿や彫刻、古代ヨーロッパ、神話というイメージです。私の中ではずっと大きな謎でしたが、最近になって問題のアイコンは変更されていることを確認しています。先ほどスクリーンショットを記録したところですが、現在のものはピザとなっていました。

2017-04-14-083735_makoto。a(@makotoakishige)さん | Twitterからの返信付きツイート.jpg

2017-03-25-172336_makoto。a(@makotoakishige)さん | Twitterからの返信付きツイート.jpg

 3月25日のスクリーンショットに問題のアイコンを発見することが出来ました。アイコンというのは趣味の問題のあるので、基本的に他人のものをとやかくいうものではないという考えですが、「弁護士 10年目」などとなると考えこんでしまいますし、おまけに虚心坦懐です。

 このアカウントについては、たぶんスクリーンショットを作成した3月25日と同じ頃と思いますが、ふと「otoakishige」という部分が人の名前になっているらしいと気が付き、そこからGoogleで検索をしたところ、京都弁護士会に、それと思われる弁護士が実在することを確認しました。

 その少し後だったように思うのですが、数年前から気になっていた「こたんせ」という弁護士アカウントについても、調べると、実名や顔写真があっさり見つかりました。本人が情報公開を進めたようにも思えました。

 こたんせ、については、やはり女性ではなく男性であったことを確認しました。「らーめん」というこれも匿名弁護士アカウントのツイートだったように記憶しているのですが、そのツイートで男性と指摘されていました。

 それを見た時は半信半疑だったのですが、最近になって思い出したことは、初めにこたんせのアカウントをみたとき、プロフィールの写真は本人ではないとことわりはついた美人のプロマイド写真のようなもので、プロフィールか、その名前の一部には「かわいいは正義」などとなっていました。

 こたんせ、のツイートは女性らしい文章や発言内容になっているのですが、検索で見つけた全身の顔写真を見ると、もともと女性らしい人物なのかと思いました。

 makoto.aのアカウントの可能性の高い弁護士も、同じく法律事務所の紹介として顔写真をみたのですが、とても真面目そうな人物で、あの男性がほかの男性の男性器に顔を近づけている、と見える石像のアイコンとは、大きなギャップを感じました。

 ほかにも食べ物を、アイコンやカバー写真に使っている弁護士アカウントは多いです。なにかの共通点があるのかとも考えることがありますが、個人的な趣味の範囲といえば、それまでのこととも思えるものの、ツイートの内容もあいまって、大きなもやもや感があるのも事実です。

 時刻は9時34分です。テレビで「速報 千葉女児殺害 PTA会長の40代男逮捕 最新情報 モーニングショー」と報道されています。通学路で子どもの見守りもしていたということで、島根で見守りの男性がはねられて亡くなった事故のことを思い出しました。

 次のエントリーも昨日予定していたものを取り上げることにします。そちらもアイコンが印象的な2つのアカウントの紹介をともなうものです。一つは生物性を強く感じるものです。私は弁護士を生物学的な研究対象という目ももって見ています。

<< 2017/04/14(金) 09:44:08 <<

「自白の強要」という言葉の意味が理解されているのかな?、というモトケンこと矢部善朗弁護士のツイートと能登高校の事件から一月というニュース.md

TITLE:「自白の強要」という言葉の意味が理解されているのかな?、というモトケンこと矢部善朗弁護士のツイートと能登高校の事件から一月というニュース.md CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会

>> 2017/04/11(火) 21:04:01 >>

  • ツイート:motoken_tw(モトケン):2017/04/09 19:10: https://twitter.com/motoken_tw/status/851014325745500160

    「自白の強要」という言葉の意味が理解されているのかな?自白の強要 ≒ 虚偽自白の強要なんだけどな。>自白強要は仕方ない? 高校生7割が肯定的 1千人調査:朝日新聞デジタル https://t.co/jjBK5thjsi

 昨日、4月10日の午後に目にしたように思っていたのですが、APIで読み込んだツイートの情報を見ると、2017/04/09 19:10という投稿時刻になっていました。目にして間もない時間にスクリーンショットで記録したはずなので、そちらを確認してみます。

2017-04-10_20.52.33.jpg

 確認したところモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートのスクリーンショットは記録がありませんでした。記憶通り記録していたのは上記のスクリーンショットだけです。スマホで撮影したテレビの画面ですが、能登高校の事件から一月というニュースでした。

 同じようなニュースは、昼前の11時45分ぐらいに民放のニュースでも見ていましたが、そちらの方がいくぶん放送時間が長く詳細であったように思います。NHKの20時45分からのニュース番組もかなりの時間を割いて詳細なものとなっていました。

  • ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2017/04/10 20:55: https://twitter.com/hirono_hideki/status/851403315145359360

    制服姿で倒れていて、という。能登高校の殺人事件から今日で1ヶ月。NHK。高校だけではなく防犯マップを作成という。来月末までに42箇所の照明を設置するという。能登町の対策。

 Twilogで確認したところ関連した私のツイートは上記の1件だけでした。昼前だったと思いますが、テレビでニュースを見た時は、そういえば3月11日の前夜だったので、ちょうど一月経ったのかと、すっかり忘れていたことを思い出したのです。

 能登高校でカウンセラーで生徒の不安に対応というものニュースにあったと思います。そんなことをまだ頭の中で考えている時に、目にしたのが、冒頭のモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)のツイートだったように思います。あるいは、時間は逆だったのかもしれません。

 記録が不完全だったため、昨日のことも正確に思い出せず、確実なことが書けなくなってしまいました。これもよい教訓となりました。

 モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)がツイートで、引用というか紹介をしたニュース記事というのは、まだリンクを開いてもおらず、読んでいないように思います。ニュースの見出しのタイトルだけで、大いに考えさせられました。

 記事を読んだところ思っていた以上に重要なことが書いてあり、それも憲法問題だったので、テキストの引用ではなく、より正確な記録として3つのスクリーンショットを作成しました。

2017-04-11-213203_自白強要は仕方ない? 高校生7割が肯定的 1千人調査:朝日新聞デジタル.jpg

2017-04-11-213224_自白強要は仕方ない? 高校生7割が肯定的 1千人調査:朝日新聞デジタル.jpg

2017-04-11-213245_自白強要は仕方ない? 高校生7割が肯定的 1千人調査:朝日新聞デジタル.jpg

 別のエントリーとして取り上げる予定にしているのですが、昨日は同じような問題性の射程で、深澤諭史弁護士の気になるツイートも目にしていました。偶然とは思いがたいタイミングでもあったのですが、ここでツイートの内容をご紹介しておきます。

 どうやら深澤諭史弁護士のタイムラインで、一つ前にリツイートになっていた野田隼人弁護士のツイートに触発されたもののようですが、リンクになっている横浜弁護士会のホームページを確認したところ、ずいぶんと前の日付になっていたので、どんなタイミングなのかと考えてしまいました。

 その横浜弁護士会のホームページもスクリーンショットを作成しているはずです。これも正確な記録の必要性を判断しました。

2017-04-10-205925_犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明|神奈川県弁護士会 http://www。.jpg

 ページ全体の記録としては5つのスクリーンショットになっていましたが、最初の一つだけ上記に掲載をしました。

犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明|神奈川県弁護士会 http://www.kanaben.or.jp/profile/gaiyou/statement/2014/post-207.html

 上記の記事になりますが、「2015年03月27日更新」という記載があります。記事のページには、会長声明・決議・意見書(2014年度)、という記載もあり、ページのURLにも2014という部分があります。

 今が2017年だということを考えると、川崎の少年事件は2015年だったように思われ、3月という時期が弁護士らのこの事件や少年法に関するツイートが最も活発な時期であったという記憶があります。

 少年事件だったということも大きな要因の一つだったと考えますが、この川崎の少年事件に対する弁護士らのツイートは、ものすごく活発でした。特に印象的だったのは、小倉秀夫弁護士と高島章弁護士(新潟県弁護士会)の反応でした。

TWEET:”2015-03-01 00:21〜2015-03-30 18:55”/小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)のツイートの記録(2017年04月11日22時02分・353件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61841

REGEXP:”少年”/小倉秀夫弁護士(@Hideo_Ogura)のツイートの記録(2017年04月11日22時05分・211件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61843

 スクリプトを使ってデータベースから抽出したデータで、上記2つのまとめ記事を作成しました。

 どちらも思ったより、かなり多い数のツイートでしたが、2つ目のスクリプトの実行結果は、タイトルに含めた情報がやや不完全となっています。タイトルの文字数を制限するための措置ですが、記事の本文の冒頭には、次の情報をプログラムの処理で付加してあります。

REGEXP(サーチ): “少年” 該当:211件 取得ツイートの投稿日時の範囲:(2015-03-01 00:21〜2015-03-28 09:28)

 記事の作成のために実行したスクリプトは、オプションを含め次のようになっています。対象はデータベースに登録済みの2015年3月中の小倉秀夫弁護士のすべてのツイートであり、2つ目は「少年」という検索ワードの指定で、絞り込みを掛けています。

mysql-REGEXP.rb Hideo_Ogura ".*" --regexp_stime='2015-03-01/2015-03-31' > a.org && emacs a.org

mysql-REGEXP.rb Hideo_Ogura "少年" --regexp_stime='2015-03-01/2015-03-31' > a.org && emacs a.org

 2015年3月の段階であれば、データベースへのモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、小倉秀夫弁護士、深澤諭史弁護士のツイートの全件登録処理はしていなかったはずで、私の記憶ではちょうど一年前の2016年4月の段階でも、始めていたか微妙な時期ということになります。

 ともあれ、353件というほぼ一月間のツイートのうち、「少年」をキーワードに含むものが211件あったというのは、プログラムでの機械的な処理ながら、ものすごい割合だと驚いたところです。

egrep ”能登” *.txt\法務検察宛記録資料\201704112225 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61845

REGEXP:”能登”/法律・報道関係者のツイートの記録(2017年04月11日22時29分・21件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61847

 一つ目のテキストデータの検索結果を2つ目のデータベースの登録にも反映しましたが、能登高校の事件に関連した弁護士らのツイートは、次の奥村徹弁護士のツイートの1件のみでした。それも10日に発生した事件で、報道が終わりかけた21日という投稿の同日のリツイートというものです。

(21/21) RT okumuraosaka(児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人)|kyodo_official(共同通信公式) 日時:2017-03-21 12:34:00/2017-03-21 12:34:00 URL: https://twitter.com/okumuraosaka/status/844029501742825472 https://twitter.com/kyodo_official/status/844029304954540032 TWEET: 女子高生殺害、角材で襲撃か - 後頭部骨折、石川・能登 \n https://t.co/ZAWARAR6mJ

 この事件に関しては、目視で同じ奥村徹弁護士のツイートを一つ確認しているのみですが、あえて能登というキーワードを避けたような内容のツイートとなっていました。奥村徹弁護士は、深澤諭史弁護士と同じくTwilogの登録がなかったように思います。

児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人(@okumuraosaka)/Archives - Twilog http://twilog.org/okumuraosaka/archives

 登録されていないと思っていた奥村徹弁護士のTwilogでしたが、確認したところ登録済みで、アーカイブのページを開いたところ、2010年2月のツイートまで遡れる様子です。最近登録したものであれば、そこまで遡って取得することは出来ないように思います。登録がないというのは訂正です。

児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人(@okumuraosaka)/「能登」の検索結果 - Twilog http://twilog.org/okumuraosaka/search?word=%E8%83%BD%E7%99%BB&ao=a

 上記のTwilogの検索結果を見ると、2017年のツイートというのが見当たりませんでした。思い出したのですが、Twilogは設定でリツイートを含めるか含めないかという選択が出来たはずで、奥村徹弁護士はリツイートを含めないという設定にしているようです。

 奥村徹弁護士のTwilogを日付で調べたところ、3月11、12、13日には、それらしいツイートは確認できませんでした。私が一つだけ見つけたと記憶にあるものも、あるいはリツイートだったのかも知れません。別の方法で調べてみます。

TWEET:”2017-03-01 14:25〜2017-04-05 08:06”/児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人(@okumuraosaka)のツイートの記録(2017年04月11日22時57分・66件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61849

TWEET:”2017-03-11 06:10〜2017-04-05 08:06”/児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人(@okumuraosaka)のツイートの記録(2017年04月11日22時58分・56件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61851

 上記の1つ目は、ちょっとした範囲設定のミスがあったので、2つ目はそのやり直しで3月11日以降のものとしています。そちらの方で、一つだけの思い当たるものを見つけることが出来たのですが、やはり奥村徹弁護士本人のツイートではなく、リツイートとなっていました。

(09/56) RT okumuraosaka(児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人)|47news(47NEWS) 日時:2017-03-11 11:07:00/2017-03-11 10:44:00 URL: https://twitter.com/okumuraosaka/status/840383728748789761 https://twitter.com/47news/status/840377749873160192 TWEET: 速報:石川県の住宅で女性遺体が見つかった事件に絡み、行方不明となっている10代女性は同県内の高校1年生。 \n https://t.co/S15GvP3kOS

 思い出したのですが、データベースの方では、一つか二つ、能登高校の事件に関連したツイートを登録していたように思います。能登をキーワードにすると私自身のツイートや小倉秀夫弁護士とのやりとりが多く目についてので、見落としていたように思います。

REGEXP:”能登”/法律・報道関係者のツイートの記録(2017年04月11日22時29分・21件) | 金沢地方検察庁御中_2016 http://bit.ly/2p1jpVI

 あらためて上記の記事を確認したのですが、能登というキーワードを含むものはいくつかあったものの、能登高校の事件に関連したものは一つもありませんでした。記事内のツイートはデータベースの処理の過程で、投稿日時が古い順から並んでいるので、事件報道以降の確認もしやすくなっています。

 そういえば、昨日の能登高校の事件からちょうど一月、というニュースは、まだネットでは一度も見ておらず、確認のための検索もしていません。今朝の北陸中日新聞にも記事はなかったのですが、浅田真央選手の引退の記事が大きなスペースになっていたので、差し替えになった可能性はありそうです。

 Google能登高校をキーワードに、ニュースで一週間以内のものを検索条件にしたところ、該当したのは次の2件だけでした。一つ目の日テレのニュースは4月10日の配信時刻となっており、2つ目のものは4月11でしたが、一月目であることや能登町の防犯対策に触れた記事はありませんでした。

女子高生殺害 自殺の大学生を書類送検へ|日テレNEWS24 http://www.news24.jp/articles/2017/04/10/07358654.html

能登の高1女子殺害:書類送検へ裏付け 容疑で県警、事故死の男子学生 /石川 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170411/ddl/k17/040/400000c

 日テレのニュースだったと思いますが、警察は早ければ来月中に書類送検する方針、と書いてありました。素人の考えですが、被疑者死亡の書類送検というのは、そのまま事件捜査や報道のの終了も意味するのかと思えます。

 私の知る範囲のことですが、地元で起った前代未聞の大事件であるにもかかわらず、ずいぶんと冷静な受け止めという印象もあります。疑問を強くし、多くを語ろうとするような人もいません。

 一方で能登町の取り組みとしては、来月中に小中学校も対象にLEDの街灯を42箇所設置する方針と今日のテレビニュースで知り、午後の祭礼委員の集まりでは、能登高校のバス停を高校の校門前に移す、という話が出ていることも聞きました。事件のことは話題にならなかったです。

 川崎の少年事件のような神奈川県であり、東京都近郊の大都市圏内における事件との違いも大きいのかと思いましたが、何事もなかったように日々が過ぎていて、昨日の一月目というテレビニュースには、まだ一月なのかという思いと、忘れかけていたという思いが交錯しました。

 まだ犯人が見つからず、目星もたっていない状況から報道が途切れているのは、能登高校の事件から数日後に起った我孫子市の女児殺害事件の方も気がかりです。これも弁護士アカウントのツイートというのは、ほとんど見ていないように思います。

我孫子ベトナム人女児殺害、犯人特定も間近?「もう報道しないで」との声も… | 危機タイムズ http://kikitimes.com/archives/20308

 最初の報道があった日付を確認するため調べたところ、タイトルが気になってリンクを開き、目を通したのが上記の記事です。視聴者からも報道しないで、という声が多数上がっていると書いてありましたが、誰がどのように確認をして、誰に伝えたのかも不可解なところがあります。

 用水路での遺体の発見で午前中に報道があったのは日曜日だったという記憶がありますが、上記の記事には26日とあったので、さきほどと同じくテキストデータの検索結果の反映はしていますが、3月26日意向を指定して、データベースのまとめも作成しておきます。

egrep ”我孫子” *.txt\法務検察宛記録資料\201704112350 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61853

REGEXP:”我孫子”/法律・報道関係者のツイートの記録(2017年04月12日00時11分・7件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61871

 さきに1つ目の投稿をして、ブラウザで内容に目を通したのが最初なのですが、思わぬ興味深い検索結果があり、まだ確認していませんが、日付から2つ目のデータベースのものに内容が反映されているはずかと思います。弁護士脳を考える上で、思いがけず参考になる資料となりました。

REGEXP(サーチ): “我孫子” 該当:7件 取得ツイートの投稿日時の範囲:(2017-03-26 12:53〜2017-03-30 21:29)

:CATEGORIES: データベース登録法律家・報道関係者Twitterアカウント,API,法務検察宛記録資料 :TAGS: 法務検察当局宛て注目参考資料弁護士の記録ツイート

(1/7) TW okumuraosaka(児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人) 日時: 2017-03-26 12:53:00 URL: https://twitter.com/okumuraosaka/status/845846158723338240 TWEET: 排水路脇に全裸の女児遺体 千葉・我孫子 – 産経ニュース https://t.co/ZdhHNckrmF @Sankei_newsさんから

(2/7) TW igaki(弁護士 井垣孝之) 日時: 2017-03-29 12:57:00 URL: https://twitter.com/igaki/status/846934240822546434 TWEET: 弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 \n 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷… — 特定のパターンにはめ込む形で物事を認識してしまい、自分ではなかなか抜け出せない方のようですね。法律家の仕事は、… https://t.co/tPSnPpT2zE

(3/7) TW o2441(弁護士大西洋一) 日時: 2017-03-29 12:57:00 URL: https://twitter.com/o2441/status/846934273022136321 TWEET: 弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 \n 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかった事件がありました。ニュー… — 苦労する可能性があると思うよ。受験でも苦労するかもしれないね。 https://t.co/aiDfsOBiMS

(4/7) TW oyamalaw(大山定伸) 日時: 2017-03-29 13:39:00 URL: https://twitter.com/oyamalaw/status/846944984959995907 TWEET: 弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 \n 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子… — 向いてます。人と違う見方をするというのも能力です。奥さんの指摘に対し「あ、そっか」と思えたなら完璧です。 https://t.co/FUJfiMN862

(5/7) TW Redips00(赤ネコ@弁護士兼マンガ家) 日時: 2017-03-29 18:14:00 URL: https://twitter.com/Redips00/status/847014086424584193 TWEET: 弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 \n 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷… — ちょっと事実認定が心配そうなカンジではあるなぁ・・・。一時が万事そんなカンジだとしたら、弁護士になってから苦労… https://t.co/UGM95fXILR

(6/7) TW nodahayato(弁護士 野田隼人) 日時: 2017-03-30 11:52:00 URL: https://twitter.com/nodahayato/status/847280287062966273 TWEET: 弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 \n 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかっ… — 多分苦労しますが,みなさん何かしらの苦労はしますから,とりあえずなってから考えましょう。 https://t.co/HKQm0U7oOi

(7/7) TW itotakeru(伊藤建(たける)) 日時: 2017-03-30 21:29:00 URL: https://twitter.com/itotakeru/status/847425508233035777 TWEET: 弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 \n 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかった事件がありました。ニュースで茨城県の河川敷で女の子の荷物が… — コミュ力の問題だから克服しろ https://t.co/rrhETg2dbY

 上記はブログの記事内容のコピペですが、ツイートそのものを埋め込みツイートとしてご紹介しておきたいと思います。埋め込みツイートのデザインが適用されない場合、ページ表示時点で、そのツイートが削除されている可能性があることも、あわせてご指摘しておきます。

  • ツイート:okumuraosaka(児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人):2017/03/26 12:53: https://twitter.com/okumuraosaka/status/845846158723338240

    排水路脇に全裸の女児遺体 千葉・我孫子 - 産経ニュース https://t.co/ZdhHNckrmF @Sankei_newsさんから

  • ツイート:igaki(弁護士 井垣孝之):2017/03/29 12:57: https://twitter.com/igaki/status/846934240822546434

    弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷… — 特定のパターンにはめ込む形で物事を認識してしまい、自分ではなかなか抜け出せない方のようですね。法律家の仕事は、… https://t.co/tPSnPpT2zE

  • ツイート:o2441(弁護士大西洋一):2017/03/29 12:57: https://twitter.com/o2441/status/846934273022136321

    弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかった事件がありました。ニュー… — 苦労する可能性があると思うよ。受験でも苦労するかもしれないね。 https://t.co/aiDfsOBiMS

  • ツイート:oyamalaw(大山定伸):2017/03/29 13:39: https://twitter.com/oyamalaw/status/846944984959995907

    弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子… — 向いてます。人と違う見方をするというのも能力です。奥さんの指摘に対し「あ、そっか」と思えたなら完璧です。 https://t.co/FUJfiMN862

  • ツイート:Redips00(赤ネコ@弁護士兼マンガ家):2017/03/29 18:14: https://twitter.com/Redips00/status/847014086424584193

    弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷… — ちょっと事実認定が心配そうなカンジではあるなぁ・・・。一時が万事そんなカンジだとしたら、弁護士になってから苦労… https://t.co/UGM95fXILR

  • ツイート:nodahayato(弁護士 野田隼人):2017/03/30 11:52: https://twitter.com/nodahayato/status/847280287062966273

    弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかっ… — 多分苦労しますが,みなさん何かしらの苦労はしますから,とりあえずなってから考えましょう。 https://t.co/HKQm0U7oOi

  • ツイート:itotakeru(伊藤建(たける)):2017/03/30 21:29: https://twitter.com/itotakeru/status/847425508233035777

    弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかった事件がありました。ニュースで茨城県の河川敷で女の子の荷物が… — コミュ力の問題だから克服しろ https://t.co/rrhETg2dbY

 はじめツイートをみると同じような内容ばかりだったので、てっきり一つのツイートのリツイートとばかり思ったのですが、よく見るとask.fmというQ&Aサービスで、同じ質問に複数の弁護士が、それぞれ回答をしたものの、リンクがツイートになっていたようです。

 これまでもask.fmというサービスを利用して回答している弁護士は、ちょくちょくと目にしてきたのですが、てっきり特定のアカウントを指定した質問サービスとばかり思っていました。同じ質問を複数に投げたという可能性もありますが、文句もいわず6人の弁護士が回答をしているのも驚きました。

 匿名の弁護士アカウントというのも赤ネコ@弁護士兼マンガ家だけのようですが、これも漫画家のペンネームとして使っている名前であれば、個人が特定される可能性というのも高そうです。

 質問の内容が、いわゆる釣りというのか、ひっかけのようにも思えるのですが、疑いもなく思うままの回答をされているという印象で、それぞれの違いもありますが、取り繕ったような警戒心も感じられず、事件の内容に照らしても、弁護士脳という生物的思考の探求に参考になる資料となりました。

 あくまで検索というのも機械的な処理であり、タイムラインのツイートをひとつひとつ確認したわけではないですが、事件現場が我孫子市以外に渡る事件の特性を考慮しても、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)などのツイートとしての取り上げは、これもなかった可能性が高そうです。

(09/56) RT okumuraosaka(児童ポルノ/わいせつ/青少年淫行弁護人)|47news(47NEWS) 日時:2017-03-11 11:07:00/2017-03-11 10:44:00 URL: https://twitter.com/okumuraosaka/status/840383728748789761 https://twitter.com/47news/status/840377749873160192 TWEET: 速報:石川県の住宅で女性遺体が見つかった事件に絡み、行方不明となっている10代女性は同県内の高校1年生。 \n https://t.co/S15GvP3kOS

 そういえば、先ほどの上記再掲の奥村徹弁護士のリツイートの紹介で、ご説明することを忘れていたのですが、石川県という地名があるものの、あえて能登という固有名詞をさけたものを選んだのかと勘ぐりたくもなりました。この事件の報道のほとんどは能登町能登高校をタイトルに含んでいたからです。

 たぶんすべて同じだと思いますが、上記のASKの質問は次の内容となっています。

弁護士志望です。物事の捉え方が人と違うことがあり悩んでいます。 例えば、最近のニュースで千葉県我孫子市の河川敷で女の子が遺体で見つかった事件がありました。ニュースで茨城県の河川敷で女の子の荷物が見つかったという情報の次に、茨城県の住民が「機動隊のような格好をした人が10人程で何かやっていた」と発言していて、それを聞いて「え?!女の子はそんな怪しい人に、しかも10人もの男たちに乱暴にされ殺されたのか…我孫子まで流されて可哀想…」と普通に思ったんですが、一緒にニュースを見てた妻は「いや荷物を捜索してた人たちでしょ…」と。こういうことがよくあります。 こんな私が弁護士になったら苦労しますか?

<< 2017/04/12(水) 00:57:18 <<

石川県警提出書面)批判されなければそういう発想すらできなかった国を、無条件に信頼できるのはどうしてなんですか?(刑裁サイ太).md

TITLE:石川県警提出書面)批判されなければそういう発想すらできなかった国を、無条件に信頼できるのはどうしてなんですか?(刑裁サイ太).md CATEGORY:2017年5月提出予定の書面,珠洲警察署,石川県警察提出書面,刑裁サイ太,共謀罪

>> 2017/04/11(火) 09:46:41 >>

2017-04-11-092225_批判されなければそういう発想すらできなかった国を、無条件に信頼できるのはどうしてなんですか?.jpg

  • ツイート:uwaaaa(サイ太):2017/04/10 09:48: https://twitter.com/uwaaaa/status/851235513184821248

    批判されなければそういう発想すらできなかった国を、無条件に信頼できるのはどうしてなんですか? https://t.co/Cd2cXocjBH

  • ツイート:NomuraShuya(野村修也):2017/04/10 09:26: https://twitter.com/NomuraShuya/status/851229751360475136

    テロ等準備罪に反対する人の中には、かつて廃案になった共謀罪への反論を繰返している人がいるが、批判を踏まえて修正された新たな法案について議論すべき。テロ等準備罪は、対象団体も対象犯罪も限定し、また単なる共謀ではなく計画を処罰対象とした上で、その実行準備行為への着手を要件としている。

 Atomというエディタを使ってブログに投稿するようにしました。これが新しい方法での最初の投稿になります。

 今朝起きたのは8時10分ころで、テレビをつけるとNHK以外は、スケートの浅田真央選手の引退の話題一色でした。昨夜のニュースZEROの途中で速報が入り、それが浅田真央選手自身のブログの更新だったということで、ブログの影響力というものも改めて感じ、時代の変化を感じました。

 昨日中にも、これはブログのエントリーとして必ず取り上げておきたいというものが2つほどあり、それが実生活のことともリンクしていました。

 8時10分ころに起きる前、夢をみえていたのですが、そこに「中核神社」という言葉が出てきました。寝る前に、たぶんニュースZEROでみた志賀原発のニュースと映像が影響をしていたのだと思います。志賀原発の辺りは能登中核工業団地というような大きな看板が出ていました。

 とにかく起きてしばらくしてから、目についたのが、このエントリーで取り上げた冒頭の刑裁サイ太のツイートです。

 私は、2002年11月25日頃から2009年3月15日まで、派遣社員として同じ石川県の羽咋市のアパートで生活していました。2004年の8月ぐらいまでは、派遣先として能登中核工業団地の光ファイバーの線を作る工場で検査の仕事をしていました。

 同じ2004年の9月頃から12月一杯は、同じ羽咋郡志賀町でも町中に近い大きな電子部品の工場で仕事をし、2005年の年明けから次の派遣先が決まるまで、主に宇出津の実家で自宅待機をし、2005年2月の中頃だったように思いますが、羽咋市の鋳物工場で仕事をするようになりました。

 現在の私の記憶だけの感覚ですが、テレビなどで共謀罪のことが話題になったのも、鋳物工場で仕事をするようになった以降のことのように思います。

 一方で、珠洲市原発誘致の問題も地域を二分する論戦で、最終的には反対派が勝利し原発誘致はなくなったのですが、これは、羽咋市での生活を始めた頃で、能登中核工業団地に通っていた頃、頻繁に見聞きするニュースであったように思います。

もう一つの「原発のできなかった町」珠洲     告白的ジャーナリズム論: 左側のない男 http://lowell.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-e85d.html

 時期の確認のため調べた、検索結果から一つだけ開いた上記のページには、2003年撤退と簡潔に書いてありました。志賀原発増設の反対を封じ込めるためのカモフラージュ作戦という見解も示されていますが、やはり珠洲市でも高屋地区だったのかという確認にもなりました。

 珠洲市は波が穏やかな富山湾の内浦と、波の荒い輪島市と地続きの外浦に面しますが、高屋地区は外浦になり、輪島市との境にもかなり近いです。外浦でも特に波の荒い場所という印象があり、これは輪島市の方の海岸の方が水深が浅いという地形の違いも大きいのかと思います。

 以前はそのあたりにちょくちょく釣りに行っていたので、身をもって体験しているのですが、外浦の場合は波が荒いだけではなく、小山のようなうねりが5分から10分程度と思われる間隔で頻繁に押し寄せます。

 珠洲市の内浦の海岸は、これも水深が浅いはずで、岩場が少なくほとんどが砂浜のようになっているはずです。原発は冷却のため海水を使うと昔、小耳にはさんだおぼえがあるのですが、海水を汲み上げて利用すると、原発の立地には決定的に不向きと思われました。

 今のところ、珠洲市原発問題について詳しく調べたことはなく、今回も深入りしないようにしたのですが、原発の立地そのものを危険とか問題視するような話は聞いたことがなく、福島原発津波の予見性とも比較して考えたことがあります。日本海でも奥尻島で大津波が発生しています。

北海道南西沖地震 - Wikipedia http://bit.ly/2oSLX4h

 奥尻島について確認のため調べたところ、自分がこれまで大きな勘違いをしていたことに気が付きました。実際の奥尻島は北海道でも函館や本州に近い位置だったのですが、私はこれまで、稚内に近い場所にある別の島と勘違いをしていました。

 1993年7月12日という発生日も確認したのですが、福井刑務所で服役中だった時期になります。繰り返し、津波のあとの状況をテレビで映像として見たような記憶があったので、服役中ではなかったように思っていたのですが、同じ服役中、地下鉄サリン阪神大震災も映像を繰り返し見てはいました。

 奥尻島の大津波については、津波の原因など詳しい情報を見たという記憶はないのですが、阪神大震災と同じく事前に危険性を予知されることはなかったと思います。改めて、福島原発の事故が予見可能なものであったという議論で、奥尻島のことが引き合いに出された例を見たことはありません。

共謀罪 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA

 次に共謀罪ですが、ざっと目を通した上記ページに、「与党案・2006年4月21日国会提出」という記載がありました。平成18年4月とのことです。能登半島地震は平成19年3月25日なので、約1年前ということになります。

 私は長い間、能登半島地震を3月18日頃と勘違いしてきたと思うのですが、殺人未遂の告発で15年の公訴時効が3月31日いっぱいと迫るさなかで、起った地震だったので、それとからめて記憶に刻まれています。当日は日曜日で、午前中眠っている時に、大きな揺れで目が覚めました。

 共謀罪については、昨年の12月の初めあたりからであったように記憶しているのですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートなどで、ふたたび頻繁にこの「共謀罪」という言葉を見かけるようになっていました。12月から2月あたりがピークだったようにも思います。

 時刻は13時38分になっています。このエントリーの主役は刑裁サイ太ですが、共謀罪に関するまとめを4つ新規に作成しました。

egrep ”共謀罪” *.txt\法務検察宛記録資料\201704111131 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61777

egrep ”共謀罪” yjochi*.txt\法務検察宛記録資料\201704111136 https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61779

REGEXP:”共謀罪”/落合洋司弁護士(東京弁護士会)(@yjochi)のツイートの記録(2017年04月11日13時36分・117件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61787

REGEXP:”共謀罪”/中村元弥(@1961kumachin)のツイートの記録(2017年04月11日13時37分・52件) https://hirono2016s.wordpress.com/?p=61789

 初めの2件が、テキストデータベースのもの、あとの2件がデータベースをベースにしたものですが、次のようなコマンド操作をすることで、ツイートのURLを抜き出し、テキストデータのものからデータベースに追加登録の処理を行いました。

bin/h140208_tweet-search.rb 'egrep "共謀罪" yjochi*.txt' |sed '/^$/d' |ruby  -pe '$_.sub!(/^.*URL: ([^ ]+).*$/, "\\1")' > l

 あらためて、「批判されなければそういう発想すらできなかった国を、無条件に信頼できるのはどうしてなんですか?」という内容の刑裁サイ太のツイートですが、改めて深く考えさせられるものがありました。弁護士らしい論理性としても参考になるところが大きいです。

 共謀罪については書きたいことが多く、これまで何度も取り掛かりに行きかけたのですが、とても長くなりそうなこともあり自重して来ました。直接、共謀罪の是非を俎上にのせるようなことはないと思いますが、共謀が人生を狂わされたテーマと長年考えてきたので、事実と関連付けて書くことはあります。

 この刑裁サイ太の「批判されなければそういう発想すらできなかった国を、無条件に信頼できるのはどうしてなんですか?」という考えも、優秀な頭脳ならではの逞しい想像力の賜物と捉えることで、福島の原発事故における国や東電に対する責任追及と共通するものを感じます。

 「批判されなければ」とありますが、共謀罪における批判の旗振り役といえば、野党や弁護士の多く。価値ある批判であったのかも私には疑問ですが、第一に私が考えてきたことは、共謀罪があれば、働きかけを断る口実に出来たり、犯罪に巻き込まれるリスクを減らすことに役立ちそうだということです。

<< 2017/04/11(火) 14:05:03 <<